『ロデア・ザ・スカイソルジャー』ロデア再起動!

角川ゲームスは、週刊ファミ通2014年11月27日・12月4日合併号(2014年11月13日発売)にて、ニンテンドー3DS・Wii U用ソフト『ロデア・ザ・スカイソルジャー』の最新情報を公開した。

●2011年に発表された『天空の機士 ロデア』が再起動

 角川ゲームスは、週刊ファミ通2014年11月27日・12月4日合併号(2014年11月13日発売)にて、ニンテンドー3DS・Wii U用ソフト『ロデア・ザ・スカイソルジャー』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。



 『ソニック』シリーズなどを手掛けた中裕司氏が率いるプロペと、 角川ゲームスが協力して制作が進められていた『天空の機士ロデア』。ニンテンドー3DSとWiiで発売予定だった同作が、ニンテンドー3DS&Wii U用タイトル『ロデア・ザ・スカイソルジャー』として、ついにリリースされることが決定。 なお、Wii U版の初回生産分には、Wii版『天空の機士ロデア』が特典として付属する。詳細は続報を待て!!


●永き眠りから目覚めし機械の魔人

 アクションゲームである本作は、ストーリーも見どころのひとつになっている。 ゲームの進行に合わせてイベントシーンが挿入され、 物語を大いに盛り上げてくれるのだ。 本作の舞台となるのは、 空中に浮かんだ“ガルーダ”という大陸。 ガルーダに住む少女イオンが、遺跡の奥深くで眠っていたロデアを発見したところから、 物語は始まる。 記憶を失ったロデアはイオンと力を合わせ、 ガルーダに迫る機械帝国ナーガに立ち向かうことに。 かつて滅びたはずのナーガは、なぜ復活したのか? そして、ロデアの記憶に眠るものとは?


rodea/rodea01_01 rodea/rodea01_02

●ストーリー概要

 大空に浮かぶ、自然に彩られた天空の大地“ガルーダ”。そこに住む好奇心旺盛な少女イオンは、古代の遺跡から、ガルーダの伝説で“魔人”と呼ばれる機械仕掛けの兵を発見する。ロデアと名乗るそのロボットはメモリー(記憶)が曖昧で、右腕が完全に破壊されていた……。
 時を同じくして、地上の機械帝国ナーガが1000年の時を超えて復活。ガルーダに眠る“グラビティエネルギー”を狙い、機械軍団を侵攻させた。戸惑い、怯えるガルーダの人々のため、ロデアとイオンは機械軍団に立ち向かう。
 ロデアの失われし記憶に残る“過去の激戦”や“イオンに面差しの似た少女”とは?強大な機械帝国との正体とは? すべての真実は、激戦の彼方で明らかとなるだろう ── 。


rodea/rodea01_05 rodea/rodea01_06

※詳しくは週刊ファミ通2014年11月27日・12月4日合併号(2014年11月13日発売)をチェック



ロデア・ザ・スカイソルジャー
メーカー 角川ゲームス
対応機種 Wii U / ニンテンドー3DS
発売日 2015年春発売予定
価格 備考欄参照
ジャンル アクション・アドベンチャー
備考 ニンテンドー3DS版は5800円[税抜](6264円[税込])、Wii U版は7200円[税抜](7776円[税込]) Wii U版の初回生産版には、Wii版『天空の機士ロデア』が特典として同梱 開発:角川ゲームス/プロペ、プロデューサー:安田善巳、ディレクター:長谷川 仁

(C)2015 KADOKAWAGAMES/PROPE ※画面はWii U版の開発中のものです。