北米・欧州版『モンスターハンター4G』のコラボ情報発表! SQEX野村哲也氏デザインの装備や、オトモアイルーのロックマン風衣装が登場【海外ニュース】

ニューヨーク・コミコンにて、北米・欧州向けソフト『MONSTER HUNTER 4 ULTIMATE』のパネルセッションが行われ、新たなコラボレーション情報が発表された。

●歓声が止まなかったセッションをリポート

mh/01

 アメリカ・ニューヨークにて、現地時間2014年10月9日から10月12日まで開催されているイベント“ニューヨーク・コミコン”。開催3日目、パネルセッション“Monster Hunter”が行われ、『モンスターハンター』シリーズのディレクターとして知られる藤岡要氏が登壇した。


mh/02 mh/03

▲会場は満席で、立ち見のファンもいるほど! 藤岡氏(中央右)が挨拶すると、割れんばかりの拍手と歓声が贈られた。

 北米・欧州では、2015年初頭に、ニンテンドー3DS用ソフト『MONSTER HUNTER 4 ULTIMATE』(『モンスターハンター4G』)の発売が予定されている。北米・欧州では『モンスターハンター4』が発売されていないため、『モンスターハンター3G』以来の新作。発売を待ちきれないファンたちは、藤岡氏による新しい武器やモンスターの解説に、熱心に聞き入っていた。


mh/04 mh/05

▲チャージアックスの仕組みについて、図やプレイ動画を交えて紹介。動画の再生が終わると、「オオー!」という熱い歓声が。

mh/06 mh/07

▲海外ファンにとっては、ゴア・マガラは未知の存在。“プレイヤーがゲームを進めながら、その謎を解き明かしていけるようにしたい”という意図から、このようなミステリアスなデザインになった、と藤岡氏。

mh/08 mh/09

▲貴重な設定画の数々が公開された。

mh/10 mh/11
mh/12 mh/13

▲狂竜化について、動画で解説。ジンオウガが狂竜化すると、またしても「オオー」と歓声とどよめきが。

mh/14

▲『MONSTER HUNTER 4 ULTIMATE』には、セルレギオスももちろん登場。

 そして、ここでサプライズが! 『MONSTER HUNTER 4 ULTIMATE』が、スクウェア・エニックスの野村哲也氏とコラボレーションすることが明かされた。野村氏は、ゲーム内で生産できる武具、オトモアイルーの装備、ギルドカードをデザインしたとのこと。
※野村氏のコラボレーションは海外向けのものです。日本版『モンスターハンター4G』での配信予定はありません。


mh/15 mh/16
mh/17 mh/18

▲モンスターのように見える、野村氏デザインのハンターの武具。これを見たファンは大盛り上がり!

mh/19 mh/20

▲ウォーリア オブ ライト風のオトモアイルーの装備。一段と大きな歓声が上がった。

▲野村氏はギルドカード(背景)もデザイン。

mh/21 mh/22

▲スクウェア・エニックスブースでは、野村氏がデザインした装備の立体化イメージ(未彩色)がお披露目。

 さらに、もうひとつサプライズが。スクリーンに表示されたのは、MEGAMAN(ロックマン)衣装のオトモアイルー!

 MEGAMANは、海外でとくに人気が高いことで知られる。記者の席の後ろに座っていた男性などは、「イエエー!」と歓声を上げ続けていた(つまり、このパネルセッションでは、歓声が上がりっぱなし)。このMEGAMAN衣装は、日本版『モンスターハンター4G』で登場するかは未定。日本国内での展開にも期待したいところだ。


Monster Hunter 4 Ultimate - Mega Man Palico Equipment

mh/23 mh/24
mh/25 mh/26
mh/27

▲ロックマン風ギルドカードも。

■カプコンブースでは、藤岡氏のサイン会も

 パネルセッション終了後、多くのファンに囲まれ、サインや写真撮影に応じていた藤岡氏。カプコンブースでも別途サイン会が行われ、熱心なファンが行列を作った。


a b

▲モンスターの着ぐるみを自作したファンたちと。

c c2

▲カプコンブースでのサイン会では、カプコンが用意したポスター、もしくはファンが持参したアイテムひとつに藤岡氏がサイン。ニンテンドー3DS本体や、ソフトのパッケージ、ゴア・マガラのフィギュア、こんがり肉クッションなど、多彩なアイテムが持ち込まれた。

d e
f