『アイマス』ライブでは初の試みも行われた『アイドルマスター』9周年ライブ名古屋公演1日目リポート

2014年8月から10月にかけて行われる『アイドルマスター』9周年ライブ“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”。2014年8月16日、17日の2日間は、愛知県の日本ガイシホールにて名古屋公演が開催。

●意外な組み合わせの楽曲の数々に会場も大盛り上がり

imasn/imasJ001

 2014年8月から10月にかけて行われる『アイドルマスター』9周年ライブ“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”。2014年8月16日、17日の2日間は、愛知県の日本ガイシホールにて名古屋公演が開催。名古屋公演の参加者は、中村繪里子さん(天海春香役)、今井麻美さん(如月千早役)、平田宏美さん(菊地 真役)、滝田樹里さん(音無小鳥役)、下田麻美さん(双海亜美・双海真美役)、原 由実さん(四条貴音役)の6名。大阪公演から引き続き参加の今井さん、滝田さん、下田さんに加え、名古屋公演で初参加となる中村さん、平田さん、原さんがどんなパフォーマンスを見せるのか、注目を集めた。今回は、翌日(2014年8月17日)も公演が控えているので、セットリストなしで、1日目の公演の模様をお届けしていく。

※『アイマス』9周年ライブがスタート! “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”大阪公演1日目リポート
※プロデューサーたちよ、これが765プロだ! “THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”大阪公演2日目をリポート

 ライブが開幕すると『アイドルマスター』のライブでは初となるトロッコを使用して出演者たちが登場。この名古屋公演のみのサプライズに会場のプロデューサー陣(『アイドルマスター』のファン)も大喜び。とくに出演者のことをより間近に見られるとあって、1曲目からアツい盛り上がりを見せる。


imasn/imasJ044 imasn/imasJ002
imasn/imasn001 imasn/imasn002
imasn/imasn003

 『ワンフォーオール』の衣装をもとにデザインされたという今回の衣装。会場からは「かわいいー!」のコールが鳴り止まず、ステージに残った下田さん、平田さん、滝田さんはご満悦の様子。さらに、“名古屋らしいポーズを”という下田さんからの無茶振りに、平田さんが名古屋名物となっている巨大なマネキン人形“ナナちゃん”のポーズを見せ会場の笑いを誘った。


imasn/imasJ003

▲巨大マネキン人形、ナナちゃんのポーズを取る平田さん。

imasn/imasJ004 imasn/imasJ005
imasn/imasJ006 imasn/imasn004

 ここで平田さんから今回のツアーのコーナー説明が入る。今回は、各キャラクターごとにソロのコーナーが用意されており、それぞれ3曲ずつ歌うことになっているとのこと。その合間にMCの時間も設けられており、それぞれがフリートークを展開するのだ。平田さんのフリートークでは名古屋だけで毎回披露している楽曲についての話題が上がった。また、大阪から引き続き水で乾杯をするパフォーマンスも行われ、会場のプロデューサーたちに水分補給を促した。続いては下田さんのターン。キーボード担当の持山翔子さんに“真美は楽しんでる?”と無茶振りをしたり、ベースの大山徹也さんにハム蔵の真似をさせたりと自由なMCで会場を沸かせると、楽曲でも会場を煽りまくり大いに盛り上げる。滝田さんもまたバンドメンバーをいじっていく自由奔放さを見せつつ、お昼に味噌カツを食べたことを告白。そんなお茶目な話題で会場を和ませると、今度はマジメな表情で1st ANNIVERSARY LIVEのことを思い返し、こんなに長い時間を皆さんといっしょに過ごせると思わなかったと、9周年ライブの開催を喜んだ。


imasn/imasn005 imasn/imasn006
imasn/imasJ007 imasn/imasn007
imasn/imasn008 imasn/imasn009
imasn/imasn010 imasn/imasJ008
imasn/imasn011 imasn/imasn012

 全員揃ってのMCでは、自由な進行を務める中村さんに苦戦するメンバー一同。そんな中、平田さんは自身が歌った楽曲の振り付けがたいへんで乳酸が溜まったと語り、下田さんもソロで歌った楽曲がたいへんだったことを伝え、今回のライブの激しさを物語る。続く滝田は、原さんによる近すぎるインタビューの洗礼を受けるも、まったく意に介せずといった感じで、それぞれ個性溢れるトークをくり広げた。

 そしてここで会場では若林直美さん(秋月律子役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役)、たかはし智秋さん(三浦あずさ役)、長谷川明子さん(星井美希役)による“お題トーク”のVTRが上映される。こちらはボックスから引いたテーマに合わせて、名古屋公演に出演しているメンバーを紹介するというもの。最初のテーマは“今井麻美さんのおもしろい話”。これに若林さんは“『arcadia』でのデルタ反り”を上げる。今井さんが『arcadia』を歌う際に、後ろに反るというのが定番となっているのだが、その反りかたが半端なく、一度歌を歌いながら反りきって地面に手がついたことがあったという話題で4人は盛り上がる。また、長谷川さんは今井さんのことを“女性として尊敬している”と言いつつも、忘れ物が多く、携帯電話や大切な時計などを忘れたエピソードで盛り上がった。続いては“滝田樹里さんのいい話”。若林さんによると、滝田さんはまわりを和ませようとおちゃらけるわりに、その後に突然マジメな話をし始めることがあるとのこと。このマジメな話はじつは弱っている人をフォローしてくれているのだそう。そんな滝田さんのことを、たかはしさんは“励まし番長”と呼んでいいた。最後は“下田麻美さんの忘れられない話”。『アイドルマスター』の企画が立ち上がったころは、学生だった下田さん。彼女が新幹線や夜行バスで鳥取から通っていたという話題に触れると、たかはしさんはアーケード版の制作時に下田さんがたかはしさんのレコーディングを見学したあとに「たかはしさんは、歌手になれます!」と力説していたことがいまだに忘れないと冗談まじりに語り、会場の笑いを誘った。そして、お題トークのあとには、『キミ*チャンネル』と『Destiny』の特別編集映像が上映され、会場のファンの目を釘付けにした。


imasn/imasJ009

 続いては、名古屋公演に出演していないメンバーの楽曲をカバーしていくソロコーナー。意外な人が意外な曲を歌うと、会場に集まったプロデューサーからも歓声が沸く。各楽曲では、会場のプロデューサーが原曲を歌うキャラクターのイメージカラーと、ステージ上で歌っているキャストが演じるキャラクターのイメージカラーのサイリュームを2色同時に振るなど、『アイドルマスター』らしい、統一感に満ちた応援が行われた。


imasn/imasn013 imasn/imasJ010
imasn/imasJ011 imasn/imasJ012
imasn/imasn016 imasn/imasn017
imasn/imasn018 imasn/imasJ013
imasn/imasJ014 imasn/imasn019
imasn/imasJ015 imasn/imasJ016

 MCではカバー曲コーナーを振り返る面々。原曲のメンバーとは異なる雰囲気がそれぞれに出ており、なかには1st ANNIVERSARY LIVE以来、ひさびさに歌ったという曲もあり、懐かしい想い出と現在の成長について語り合う。また、“せっかく広い会場なので”ということで、会場のプロデューサーといっしょにウェーブをすることに。中村さんの発声でウェーブを行い、見事成功すると、今度は原さんが水を持ってウェーブをするという衝撃的な提案を行う。これには、会場のプロデューサー陣も若干困惑しながらウェーブをし、ステージのメンバーとともに盛り上がった。


imasn/imasJ017

▲タオルを使って、みんなで汗を拭き合うはずが、なぜかほっかむり状態になった中村さん。おいしいです。

 何度も何度も「天海春香役の中村繪里子です!」と会場で自己紹介した中村さん。9年間の歩みの中でさまざまな楽曲が生まれ、カバー曲コーナーでは時代の異なる多彩な楽曲を歌うことができたことを喜ぶ。続いて登場した今井さんは1曲目の楽曲を歌ったあとに会場から「カッコいいー!」という声が上がったことに笑顔を見せる。そして、いま悩んでいることがあると告げた今井さんは、このあとの楽曲で座ってもらうかどうかを多数決で決めたいとコメント。しかし、その多数決の取りかたが特徴的。今井さんからの提案は、“座ったほうがいいと思った人は高木社長のモノマネをして「うおっほん」と言う”とのことだったのだ。これに会場が一時ざわつくも、実際にやってみると「うおっほん」が圧倒的に多かったため、会場を全員が座ったまま今井さんの歌を聴くことになった。今井さんがしっとりと聴かせたあとは、原さんがかわいらしく登場。原さんは沼倉愛美さん(我那覇響役)とともにパーソナリティーを務めるラジオでおへそを出すという流れがあったものの、衣装の形が共通だったためおへそが出せなかったと説明。すると、口頭でおへその形を説明することに。原さんによると、“でべそではなくて、縦にシュッと線が入ったおへそをしている”とのことだ。読者の皆さんは、ぜひ原さんの説明をもとに彼女のおへそを想像してほしい。……最後のMCが本当にこの話題でよかったのかどうかは謎であるが、会場が盛り上がっていたのできっと大丈夫だったのだろう。


imasn/imasJ018 imasn/imasn020
imasn/imasn021 imasn/imasn022
imasn/imasn023 imasn/imasJ019
imasn/imasn024 imasn/imasn025
imasn/imasn026 imasn/imasn027
imasn/imasn028 imasn/imasJ020
imasn/imasn029 imasn/imasn030
imasn/imasJ021 imasn/imasn031

 全員のソロパートが終わると、会場は興奮醒めやらぬといった感じ。「765の当初のライブをしているようで、懐かしくて新しいライブになったと思います」と語る平田さんや、「こういう演出ができる、こういう遊びかたができるライブっていままでなかったんじゃないかって思って」と語る中村さんなど、出演者たちも今回のライブを通して、また新たなライブの形を感じている様子だった。


imasn/imasJ022 imasn/imasn032

 一旦メンバーがステージから姿を消すと、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)と沼倉愛美さんの映像が上映され、『アイドルマスター』総合プロデューサーである坂上陽三氏が呼び込まれる。そしてここで、『アイドルマスター』シリーズに関する新情報が発表された。その内容は以下の通り。


imasn/imasJ024 imasn/imasJ025

●『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』BOXイラスト公開

 2014年10月8日に発売予定のBlu-ray&DVD『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』。同作のBlu-ray&DVDの錦織敦史氏描き下ろしBOXイラストが公開された。


imas002

''●『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! -VideoM@ster版-』が全国40館で公開決定’’

 Blu-ray&DVD『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の完成映像(VideoM@ster版)を上映用に新たにマスター化し、全国の映画館40館で上映することが決定。上映期間は2014年9月19日(金)から10月10日(金)まで。なんと、劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の前売りチケットを持っていれば、同作をそのチケットと引き換えに鑑賞することもできるとのこと。


''●“THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!打ち上げパーティー”開催決定’’

 Blu-ray&DVD『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の発売を記念して、2015年2月15日(日)ZeppTokyoにて出演者や制作スタッフなどを招いた打ち上げパーティーイベントを開催決定。坂上氏によると、出演者やスタッフのトークに加え、もちろんライブもあるとのこと。2014年10月8日に発売されるBlu-ray&DVD『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』(完全生産限定版)にイベントチケット販売申込券が封入される。


●『アイドルマスター ワンフォーオール』カタログ4号PV公開

 2014年8月26日に配信される『アイドルマスター ワンフォーオール』カタログ4号のPVが公開された。スペシャルゲストなどの情報のほか、トップアイドルとなったアイドルたちのその後の物語を描くEXエピソードや、各キャラクターの専用曲が配信されることが明かされた。詳しくはこちらのページでチェック。


●『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 Prologue ONLY MY NOTE』の収録内容が判明

 日本コロムビアから2014年8月27日発売のCD『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 Prologue ONLY MY NOTE』に『アイドルマスター ワンフォーオール』カタログ4号で配信される各アイドルの新曲をメドレー形式にした楽曲が収録されることが判明。詳しくはこちらのページでチェック。


imas001
imasn/imasJ026 imasn/imasn033
imasn/imasn034 imasn/imasJ027
imasn/imasJ028
imasn/imasJ029 imasn/imasJ030
imasn/imasJ031 imasn/imasJ032
imasn/imasJ033 imasn/imasJ034
imasn/imasJ035 imasn/imasJ036
imasn/imasJ037 imasn/imasJ038
imasn/imasJ039 imasn/imasJ040
imasn/imasJ041 imasn/imasJ042
imasn/imasJ043

 ライブの最後には、おなじみの一本締めの展開も行われ、プロデューサー陣は最後まで一体となってライブを楽しんでいた様子だった。セットリストに関しては、2014年8月17日(日)の名古屋公演2日目のあとに公開するので、そちらもお楽しみに。

(取材・文:編集部・武藤先輩)

■“THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!”
名古屋公演1日目セットリスト(※敬称略)
01. THE IDOLM@STER(全員)
02. ラムネ色 青春(中村、今井、原)
03. 自転車(平田)
04. tear(平田)
05. edeN(平田)
06. Honey Heartbeat(下田)
07. スタ→トスタ→(下田)
08. おとなのはじまり(下田)
09. ID:[OL](滝田)
10. 空(滝田)
11. 花(滝田)
12. ふるふるフューチャー☆(原)
13. ラ・ブ・リ(平田)
14. ゲンキトリッパー(滝田)
15. First Stage(今井)
16. リゾラ(下田)
17. Next Life(原)
18. 魔法をかけて!(中村)
19. 自分REST@RT(全員)
20. 待ち受けプリンス(平田、滝田、下田)
21. START!!(中村)
22. Vault That Borderline!(中村)
23. キラメキ進行形(中村)
24. Fate of the World(今井)
25. 眠り姫(今井)
26. Snow White(今井)
27. Princess Snow White(原)
28. 風花(原)
29. 恋花(原)
MC 全員
30. M@STERPIECE(全員)
【アンコール】
En01. ONLY MY NOTE(全員)
En02. READY!!(全員)




(C)BANDAI NAMCO Games Inc.