アニメ『寄生獣 セイの格率』10月より放送開始 ミギー役は平野綾さん

バップは、岩明均氏によるマンガ『寄生獣』を原作としたアニメ『寄生獣 セイの格率』を2014年10月より放送開始すると発表した。あわせて、主人公の泉新一役に島崎信長さん、ヒロインの村野里美役に花澤香菜さん、そして“パラサイト”のミギー役に平野綾さんと、豪華声優陣が明らかとなった。

●泉新一がメガネキャラに?

 バップは、岩明均氏によるマンガ『寄生獣』を原作としたアニメ『寄生獣 セイの格率』を2014年10月より放送開始すると発表した。あわせて、主人公の泉新一役に島崎信長さん、ヒロインの村野里美役に花澤香菜さん、そして“パラサイト”のミギー役に平野綾さんと、豪華声優陣が明らかとなった。


kiseiju_key_fin_0707

■INTRODUCTION

高校生・泉新一と、
彼の右手に寄生した生物“ミギー”。
その奇妙な友情―そして戦いが始まる。

 原作は、岩明均(いわあきひとし)により1989年~1995年にかけて講談社『アフタヌーン』にて連載され、累計1100万部を誇る大人気コミック(アフタヌーンKC全10巻、完全版全8巻)。

 平凡な高校生である泉新一は、ある日突然地球に飛来してきた“パラサイト”の襲撃を受ける。間一髪で脳への寄生は免れるが、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。右手にちなんで“ミギー”と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活が始まることに―。

 周囲に真実を話すことができず悩んでいた新一だが、やがて新一とミギーは友情に近いものを感じるようになっていく。

 しかし、新一とミギーの前にはほかのパラサイトが現れ始め、次々に人を殺し、また人がパラサイトを殺す事態に発展。新一の幼馴染の同級生・里美にも危険が迫る。その中で、高校教師として目の前に現れたパラサイトの田宮良子らパラサイトたちにもそれぞれの価値観が生まれ始める。

「われわれはなぜ生まれてきたのか?」

 地球を壊し続ける人間たちを淘汰するために生まれてきたというパラサイトたち。そのパラサイトを殺し、生き延びようとする人間たち。

「果たして生き残るべきはどちらなのか?」

 それでも、地球を、そして愛する人を守らなければいけない。ゆらぐ価値観の中で、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく。


■伝説のモンスターコミック原作のアニメが、ついに日本テレビほかで10月より放送開始

 制作プロダクションはマッドハウス、監督は『はじめの一歩 NewChallenger:でアクション作画監督や『AVENGERS CONFIDENTIAL BLACKWIDOW&PUNISHER』で監督を務めた清水健一。キャラクターデザインは『彼氏彼女の事情』『アベノ橋魔法☆商店街』でキャラクターデザイン、『進撃の巨人』でED原画を務めた平松禎史が担当する。

 また実写映画は、2部作の第1部にあたる『寄生獣』が11月29日から、第2部にあたる『寄生獣 完結編(仮)』が2015年に全国東宝系で公開となる。
※実写映画のミギーのキャストは近日発表予定


■キャラクター紹介

◆泉新一 声:島崎信長さん


C001A_01_izumishinichi_shoki_seihuku

 本作の主人公。真面目な、ごく平凡な高校生。ある日寄生生物の襲撃にあい、パラサイト“ミギー”と共生することに。それが原因で数奇な運命を辿る。


◆ミギー 声:平野綾さん


C002_01_migi_tsuujoukeitai

 本作の主人公である新一の右腕から侵入し、脳を奪おうとするが失敗。そのまま新一の右腕にとりついたパラサイト。


◆村野里美 声:花澤香菜さん


C003_01_muranosatomi_seihuku

 新一の同級生で、幼馴染。ミギーが寄生している事実を知らない中、新一の変化に戸惑う。大人しく控え目な性格だが、新一と行動を共にする中でたくましさを得る。


■製作概要

 『寄生獣 セイの格率』 2014年10月より日本テレビ他にて放送スタート。


kiseiju_logo_tate

◆CAST(敬称略)
ミギー:平野綾
泉新一:島崎信長
村野里美:花澤香菜
ほか

◆STAFF(敬称略)
原作:岩明均(講談社『アフタヌーン』)
監督:清水健一
シリーズ構成:米村正二
キャラクターデザイン:平松禎史
総作画監督:小丸敏之
美術監督:赤井文尚
色彩設計:橋本賢
撮影監督:伏原あかね
CG監督:福士直也
編集:木村佳史子
音楽:Ken Arai
音響監督:山田知明
アニメーション制作:マッドハウス
製作:日本テレビ、バップ、フォアキャスト・コミュニケーションズ


■原作情報

◆原作者 岩明均氏 プロフィール
 1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が『モーニングオープン増刊』に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より『アフタヌーン』にて『ヒストリエ』の連載中。

◆新装版情報
 『寄生獣』のアニメ化と実写映画2部作(『寄生獣』11月29日公開、『寄生獣 完結編(仮)』2015年公開)に先駆けて、2014年8月8日よりコミック新装版の発売が決定した。

巻数:全10巻(新書サイズ)
定価:500円[税込]
発売日:2014年8月8日(金)に1~4巻、9月9日(火)に5~7巻、10月9日(木)に8~10巻が全国書店・コンビニにて発売予定。




(C)岩明均/講談社・VAP・NTV・4cast