『ブレイブルー クロノファンタズマ』アーケード版が2014年秋にバージョンアップ決定! セリカとラムダが参戦!!

アークシステムワークスは、週刊ファミ通2014年7月31日号(2014年7月17日発売)にて、アーケード版『ブレイブルー クロノファンタズマ』の最新情報を公開した。

●セリカ&ラムダが新キャラクターとして参戦

 アークシステムワークスは、週刊ファミ通2014年7月31日号(2014年7月17日発売)にて、アーケード版『ブレイブルー クロノファンタズマ』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。



 アーケードで好評稼動中の対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロノファンタズマ』が、2014年秋にバージョンアップされることが決定! バトルバランスの変更だけではなく、セリカ=A=マーキュリーとΛ -No.11-(ラムダ)が新キャラクターとして追加されるのだ。


セリカ=A=マーキュリー(声:野水伊織)

 2011年に発売されたBLAZBLUEの外伝小説のオリジナルヒロインとして登場したセリカ。 『ブレイブルー クロノファンタズマ』からはゲーム本編に登場。彼女はラグナたちの生まれた「現代」より100年近く過去の人間で、極めて珍しい治癒魔法を使うことができる。ゲーム本編では過去から魂を複製され、この世界で用意された器に定着された“刻の幻影(クロノファンタズマ)”。ゲームタイトルからも読み取れるように、家庭用のストーリーモードではとても重要な役どころとして描かれている。


bb/27セリカ bb/しゃがみA

ミネルヴァとくり出す怒涛のコンビネーションアタックは強烈!

Λ -No.11-(ラムダ)(声:近藤佳奈子)

 第十一素体に第七機関の科学者であるココノエが、 戦いで敗れ消滅したはずの「ν-No.13-」の魂を定着させた存在。 ココノエの目的を果たすために、彼女は一切の感情・記憶を排除されたはずだが、時折「ν-No.13-」としての感情を見せることもあった。『コンティニュアムシフト』のラストでラグナを庇って消滅したラムダ。その後、ニューはハザマに再調整され復活し、ラムダという存在は消えたと思われていたが……?


bb/rm_vs_ny03 bb/28ラムダ

Λ -No.11-(ラムダ)は、すでにプレイアブルキャラクターとして参戦した“ν-No.13-(ニュー)”とは性能が異なる!?

※詳しくは週刊ファミ通2014年7月31日号(2014年7月17日発売)をチェック


■ブレイブルー クロノファンタズマ
バージョン:Ver2.0
稼動日:2014年秋稼動予定
対応機種:NESiCAxLive (TAITO Type X2)
(C) ARC SYSTEM WORKS