『テイルズ オブ ゼスティリア』小野大輔さん演じるアウトローな天族の新キャラクターが解禁! 注目の戦闘システム詳細も公開

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』について、小野大輔さんが声優を務める、風の天響術を操る天族の新キャラクターや、戦闘システムなどの最新情報を公開した。
2014-05-29 18:00:00

●戦闘システム“FusionicChain-LMBS”の詳細が明らかに!

 バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』について、小野大輔さんが声優を務める天族の新キャラクターや、戦闘システムなどの最新情報を公開した。

■新キャラクター


○デゼル
「……言っておく。邪魔だけは許さん。たとえお前が導師であったとしてもだ」
性別:男性/身長:185センチ/武器:ペンデュラム/声:小野大輔さん/キャラクターデザイン:奥村大悟氏


デゼルFIX

一般の天族とは異なるアウトローな雰囲気をまとった天族。風の天響術を操り、空気の動きで周囲の状況を的確に察知する能力を持っている。長年、人間の傭兵団とともに過ごした経験から戦闘にも長じており、2本のペンデュラムをムチのように自在に駆使して、敵を翻弄、圧倒する。喜怒哀楽をめったに見せず、他人とのコミュニケーションもほとんどとらない孤独主義者である。だが、胸には激情を秘めており、友を奪った憑魔を捜し出して復讐を果たすため、日々人間社会の影で暗躍を続けている。デゼルは憎しみに突き動かされているにも関わらず、なぜか穢れていない。それにはなにか特殊な秘密があるようだが……。


デゼル1_R デゼル2_R デゼル3?_R

■『テイルズ オブ ゼスティリア』の世界
◆導師を巡る思惑
 真の導師が姿を消して久しい現在、導師はなかばおとぎ話的存在となっており、その存在と力を疑う者も多い。だが、それでも導師は民衆の潜在的な崇拝対象であり、いつの時代も為政者たちにとっては無視できないやっかいな存在であった。導師となった主人公・スレイが王女であるアリーシャと親しいことを知ったハイランドの大臣たちは、彼を警戒し、王宮に召喚する。一見華やかな王宮で、どうすることもできないアリーシャの悲痛な立場や、政治の実権を王族に渡すまいとする大臣たちのどす黒い疑心に触れたスレイは、イズチにいたころには思いもしなかった人間社会の裏面に巻き込まれていく。それは人の“穢れ”に関わる導師にとって逃れられない宿命なのであった。


導師を巡る思惑1! 導師を巡る思惑2 導師を巡る思惑3

◆主神(しゅしん)と陪神(ばいしん)
 天族は、同族間で特別な力の契約を結ぶ場合がある。契約の主となる天族を主神、その下に連なる天族を陪神と呼ぶ。陪神となった天族は主神と行動をともにしなければならないが、主神が持つ固有の力を共有できるようになる。ミクリオやエドナは、ライラを主神とする契約を結び、その陪神となる。現在、陪神をもつ天族は数少ないが、古代には数百の陪神を従えた、まさに神のごとき天族も存在したといわれている。


TOZ_05_陪神契約_02_R TOZ_05_陪神契約_01_R TOZ_05_陪神契約_03_R

◆レディレイク
 湖の上に築かれたハイランド王国の王都。レイクピロー高地に発する豊かな水源を、上下水道、巨大水車を使った工業、美観のための滝など、さまざまに利用した“水の都”である。湖の乙女の伝説や聖剣祭といった導師に関する伝承も多く残っているようだ。その美しさは大陸随一とも謳われていたが、ここ数年は風紀と治安が著しく悪化し、以前とは違うまがまがしい空気が街の内外を覆い始めている。その異常な変化に危機感を持ったアリーシャは、災厄の時代を収拾する手段を求めて、この街から旅に出発した。


レディレイク1_R レディレイク2_R レディレイク3_R

◆ダムノニア美術館
 学術の街、マーリンドにある美術館。大陸でも有数のコレクションを有していたが、“災厄の時代”のどさくさにまぎれて、ほとんどが散逸してしまった。その背後には多くの犯罪行為があったと思われるが、街だけでなく国すら混乱の中にある今、美術品を取り戻すすべはおろか、事実を確かめるすべすらない。廃墟のようになった美術館は訪れる人も絶え、残された美術品だけが静かに闇を見つめている。


ダムノニア美術館1_R ダムノニア美術館2_R

■戦闘システム“FusionicChain-LMBS”
 本作では人間と天族、種族で異なる戦闘スタイルを活かして戦うシステムを搭載。人間は“特技”と“奥義”、天族は“特技”と“天響術”が使用できるが、消費するゲージ類はどちらも共通のシステムとなる。

(1)待機・防御などで回復し、攻撃することで消費する“SC-スピリッツチェイン-”
 攻撃を繰り出すことで消費する、最大100溜まるゲージ。術や技には強さに応じたSCポイントがあり、使用することで消費される。攻撃は最大4回まで連携させることができるが、最大連携後にSCゲージが残っている場合には、継続して次の連携攻撃に移ることができる。
 攻撃をせずに待機すると短期間で回復できるが、防御や回避を成功させることでさらに速く、瞬時に回復させることも。ゲージをすべて消費せずに立ちまわれば、継続して攻撃し続けることも可能。


TOZ_05_戦闘画面_ブロウブラスト_R

(2)防御や回避などで蓄積し、攻守に役立つ効果をボム的に発する“BG-ブラストゲージ-”
 おもに防御や回避行動など、ディフェンシブな行動で溜まるゲージ。ゲージを消費し使用することで、“SC”を回復させたり、吹き飛ばし効果が得られたりと、攻守に役立つ効果を発する。これらを単発ボムのように使用することもできるが、タイミングや効果を見極めて戦略的に使用することで、高度な戦闘展開に持ち込むことも可能だ。


TOZ_05_戦闘画面_04_R

(3)ターゲッティングした敵を中心に、前後左右にステップ移動できる“アラウンドステップ”
 敵からくり出される縦方向の攻撃を左右に避けたり、横方向への攻撃を前後に避けられたりと、スピーディーな攻守の入れ替わりにより感じるスリルは本作でも健在。『テイルズ オブ ゼスティリア』では敵の攻撃をタイミングよくステップで避けることで“対応回避”が発生する。これによりダメージも1しか受けず、敵の攻撃をひるませたり、“SC”を回復させたりなど、回避する以上の恩恵を受けられるシステムとなっている。


TOZ_05_戦闘画面_アラステ_R

◆ライラの戦闘特徴
 霊力を注いだ紙の束“紙葉”をまき、それを媒体にして自由自在に炎を生みだすことができる。炎は敵の拘束力が高く、連携後も有利な状態を保ちながら戦える利点がある。“天響術”は火属性を主体に、高い術攻撃力を伴った、自身から発動する高威力の近距離術を得意とする。


ライラ_武器:紙葉_R ライラ特技_三番叟(さんばそう)_R ライラ天響術_ブリッツフレイム_R

▲“紙葉(しよう)”

▲特技“三番叟(さんばそう)”

▲天響術“ブリッツフレイム”

◆デゼルの戦闘特徴
 装飾品であるペンデュラム(振り子)を霊力の媒介とし、風の力を操る。ペンデュラムをムチのように使って広範囲をカバーし、鋭い踏み込みで間合いを詰めることも可能。“天響術”は風属性を主体に、縦や横に一直線に効果のある術を持ち、戦況に合わせて使うことで、敵を一網打尽にする。


デゼル特技_嫉妬者(ジェラス)_R デゼル天響術_アベンジャーバイト_R

▲特技“嫉妬者(ジェラス)”

▲天響術“アベンジャーバイト”



(C)いのまたむつみ
(C)藤島康介
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
※画面は開発中のものです。

新着記事(サイト全体)

0 コメント

Twitterログインしてコメントする

コメント投稿した場合は利用条件に同意したものとみなします。ヘルプはこちら

 残り140文字

@でログイン中

特集記事

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク