『妖怪ウォッチ』国内累計販売本数が100万本を突破、発売46週目でのミリオンセラー達成

ゲーム総合情報メディア『ファミ通』は、レベルファイブが2013年7月11日に発売した、ニンテンドー3DS向けソフト『妖怪ウォッチ』の国内累計販売本数について、最新の集計結果を発表した。

●異例の販売曲線、ついに大台を突破

 ゲーム総合情報メディア『ファミ通』は、レベルファイブが2013年7月11日に発売した、ニンテンドー3DS向けソフト『妖怪ウォッチ』の国内累計販売本数について、最新の集計結果を発表した。
 以下、詳細をリリースより抜粋する。



■「妖怪ウォッチ」売上速報
(集計期間:2013年7月11日~2014年5月25日/販売週数:46週)

国内推定累計販売本数:1,001,890本

昨年7月に発売されたレベルファイブの新規タイトル「妖怪ウォッチ」は、テレビアニメ化やグッズ展開といったメディアミックス効果により、昨年末から売上を伸ばし、発売から46週目で100万本を突破する異例の大ブレイクとなりました。本年7月10日には、「妖怪ウォッチ2 元祖」「妖怪ウォッチ2 本家」(ニンテンドー3DS)2バージョンでの新作発売が決定しており、引き続きヒットが期待されます。


妖怪


※データはファミ通調べのもの。

「ファミ通」について
ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイト、ゲームバラエティ番組の動画配信など、様々なゲーム情報サービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計し、毎年「ファミ通ゲーム白書」を発刊するなど、ゲームマーケティングサービスも行なっています。