『ウイニングポスト8』新ナンバリングタイトルがついに登場!

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2013年12月12日号(2013年11月28日発売)にて、『ウイニングポスト』シリーズ最新作となる『ウイニングポスト8』を、プレイステーション Vita、プレイステーション3、PC用ソフトとして発売することを発表した。

●『ウイポ』シリーズ20周年の集大成!

 コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2013年12月12日号(2013年11月28日発売)にて、『ウイニングポスト』シリーズ最新作となる『ウイニングポスト8』を、プレイステーション Vita、プレイステーション3、PC用ソフトとして発売することを発表した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。

 オーナーブリーダー(馬主兼生産者)として、人々との交流や名馬を輩出する喜びが味わえる競馬シミュレーションゲーム『ウイニングポスト』。本シリーズに、待望のナンバリングタイトルが登場する。牝系に注目した新血統システムや人の血統の継承といった新要素が、数多く採用されているのだ。今回は、その概要を紹介する。


wp/wp001

■受け継がれる“人馬の絆”

 本作では、年とともに受け継がれていく“人馬の絆”を感じられるようなシステムやイベントが多数採用されているのだ。


▼プレイヤーの子孫が調教師や騎手に!

 ゲームを進めると、仲を深めたキャラクターと結婚して子どもが生まれるというイベントが発生するぞ。子どもは成長すると騎手や調教師、牧場長などになり、さまざまなシーンで活躍するのだ。“父親が育てた競走馬に子が騎乗してレースに出走する”というシチュエーションが実現できるかも……!?


wp/wp002 wp/wp003

▼競馬ライフを彩る数多くのイベント

 競馬ならではの多彩なイベントが楽しめる点も、本作の魅力のひとつ。名コンビだった福永祐一騎手とシーザリオにちなんだイベントを始め、プレイするたびにドラマチックなゲーム展開を味わうことができる。


wp/wp004

■牧場のビジュアルが3D化

 シリーズで初めて、牧場が3Dモデルになった本作。愛馬の成長が、よりイキイキと描かれるようになっている。牧場は拡張することが可能なほか、厩舎や調教施設といった多彩な効果を持つ施設を配置できるぞ。牧場施設の建設や拡張を行って、自分だけの牧場作りを楽しむことができるというわけ。さらに、管理を自分の子どもに任せることで、施設の効果がアップするのだ。


wp/wp005 wp/wp006

■ダイナミックなレース演出

 レースでは、テレビ中継のようなカメラワークで映し出されるグラフィックはもちろん、地面を蹴る蹄の音やターフにこだまする歓声など、環境音も強化。それらの臨場感溢れる演出とともに愛馬の活躍を見届けられるのだ。


wp/wp007 wp/wp008

■人馬の絆を描く“縁の馬”が登場!

 プレイヤーや子孫、騎手や調教師などには、相性がいい“縁の馬”が存在する。騎手の場合、“縁の馬”の子に騎乗すると、レースで能力が上がるので、レース中も人馬の絆を感じることができるのだ。


wp/wp009

※詳しくは週刊ファミ通12月12日号(2013年11月28日発売)をチェック!!



ウイニングポスト8
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 Windows / プレイステーション3 / PlayStation Vita
発売日 プレイステーション Vita版、プレイステーション3版は2014年3月27日発売予定、PC版は2014年2月28日発売予定
価格 プレイステーション Vita版は7140円[税込](PS Store ダウンロード版は6300円[税込])、プレイステーション3版は8190円[税込](PS Store ダウンロード版は7100円[税込])、PC版は10290円[税込](ダウンロード版は8900円[税込])
ジャンル シミュレーション / 競馬

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. ※画面は開発中のものです。