『戦国無双4』戦国時代を代表する武将のひとり“松永久秀”が参戦決定

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2013年11月21日号(2013年11月7日発売)にて2014年3月20日発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション3用ソフト『戦国無双4』の最新情報を公開した。

●来年3月20日に発売決定!

 コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2013年11月21日号(2013年11月7日発売)にて2014年3月20日発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション3用ソフト『戦国無双4』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。



 ついに発売日が決定した『戦国無双4』。ふたりの武将を切り換えながら戦うシステムなど、多数の新要素の存在も明らかにされており、来たる開戦に向けて期待に胸を膨らませているファンも多いことだろう。今回は、新参戦武将である松永久秀を始めとしたキャラクターや生まれ変わった無双演武の情報をお届けしていこう。

<新登場>
乱世の大悪党/松永久秀
声:石井康嗣
大和(現在の奈良県)の大名。織田信長の京への上洛に際して、その軍門に下る。芸術家肌で、茶道などにも造詣が深い。自分の才能に自信を持っており、誰かによって自分の運命が左右されてしまうことを極端に嫌う。


H0049_J4_Hisahide
sengoku4_02 sengoku4_01

第六天魔王/織田信長
声:小杉十郎太
“天下布武”を掲げ、日本に覇を唱えるべく乱世を駆け上る、戦国の“魔王”。もとは小大名に過ぎなかったが、桶狭間の戦いに勝ち、天下に名乗りを上げた。圧倒的な才能と、苛烈ながら周囲を惹き付ける魅力を持つ。


H0002_J4_Nobunaga

魔王に寄り添う蝶/濃姫
声:鈴木麻里子
織田信長の妻。“マムシ”と呼ばれた美濃の大名、斎藤道三の娘でもある。絶世の美女であるが、物憂げで冷たい雰囲気を放っており、印象は近寄りがたい。信長の覇業を支えるため、つねに彼の傍らに寄り添う。


H0012_J4_Nohime

●生まれ変わったメインモード“無双演武”

 “無双演武”は、“地方編”と“天下統一編”の2部構成となっている。地方編では、織田編や中国編、東北編など、各地方での詳細な物語が展開。一方、もうひとつの天下統一編では、戦国時代の末期の様子が、異なる視点から描かれていくのだ。このふたつにより、濃密な戦国時代を体験できるぞ。


sengoku4_03

※詳しくは週刊ファミ通2013年11月21日号(2013年11月7日発売)をチェック



戦国無双4
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 プレイステーション3 / PlayStation Vita
発売日 2014年3月20日発売予定
価格 価格は備考欄参照
ジャンル アクション / 歴史
備考 プレイステーション Vita版は7140円[税込](PS Store ダウンロード版は6300円[税込])、プレイステーション3版は7560円[税込](TREASURE BOXは13440円[税込]、プレミアムBOX(仮題)は10290円[税込]、PS Store ダウンロード版は6600円[税込])、開発:ω-Force、プロデューサー:鯉沼久史

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※画面は開発中のものです。