セガ、次世代業務用ゲーム汎用基板“Nu”開発、採用第1弾タイトルは『初音ミク Project DIVA』新作

セガは、次世代業務用ゲーム汎用基板“Nu(ニュー)”を開発したことを発表した。採用第1弾タイトルは、2013年11月に全国のゲームセンターで稼働予定の『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』となる。

●マイクロソフトの最新OSを採用、Windowsと互換性のあるさまざまなデバイスを利用可能

Nu画像素材/nu_logo

 セガは、次世代業務用ゲーム汎用基板“Nu(ニュー)”を開発したことを発表した。採用第1弾タイトルは、2013年11月に全国のゲームセンターで稼働予定の『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』となる。

以下、リリースより抜粋。

 「Nu」は、業務用ゲーム基板として初めてMicrosoft社の最新OSである「Microsoft Windows Embedded 8 Standard」を採用しています。また、第3世代インテル Core プロセッサー、NVIDIA社の最新アーキテクチャであるKepler GPUを搭載することにより、従来の当社製業務用ゲーム基板の約2倍の性能を有します。

 Windows PCベースによる容易なアプリケーション開発はもちろんのこと、当社「RING」シリーズからの高い移植性を持つ開発環境を整えています。さらにセガの業務用ゲーム機向けのネットワークインフラである「ALL.Net(オールネット)」 へ対応し、Windowsと互換性のある様々なデバイスを利用可能です。

 セガは、「Nu」シリーズにより最新のテクノロジをアミューズメント機器へ導入し、お客様のニーズを満たす、クオリティの高いタイトルの供給を促進してまいります。


Nu画像素材/Nu基板

【日本マイクロソフト株式会社様よりのエンドースメント】

日本マイクロソフトは、株式会社セガ様から、Windows Embedded 8 Standardを採用した次世代業務用ゲーム汎用基板「Nu」がリリースされる事を心から歓迎いたします。Windows Embedded 8 によって、顧客を惹きつける製品の開発が可能になり、そのゲーム体験は今まで以上に素晴らしいものになるでしょう。株式会社セガ様にはWindows Embedded 8 の特徴を最大限に活かし、ゲーム業界においてのイノベーションを期待しております。
日本マイクロソフト株式会社 OEM 統括本部エンベデッド本部
Windows Embedded BG リード ギヨーム エステガシー


■おもな仕様

CPU: インテル Core i3-3220 プロセッサー (動作周波数: 3.30GHz)
メインメモリ: DDR3 SDRAM PC3-12800 4GB
GPU:NVIDIA GeForce GTX650 Ti GDDR5 メモリ 1.0GB 搭載、Direct X 11.1 / Open GL 4.3 対応 2 画面出力(Full HD 対応)
サウンド: High Definition Audio 搭載 192KHz/32bit 5.1ch 出力対応
入出力:
ビデオ:アナログ/デジタル出力 DVI-I 端子×1、デジタル出力DVI-D 端子×1
サウンド:5.1ch(ステレオミニジャック×3)
LAN: On board 10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T
業務用ゲーム入出力:JVS I/O コネクタ
シリアル:4ch / USB3.0×4port / CAN×2port
I/O用電源出力コネクタ(12V/5V/3.3V)
ストレージ: SATA SSD 64GB + HDD 500GB 搭載
OS: Microsoft Windows Embedded 8 Standard
その他:業務用オリジナルセキュリティ機能およびWindows セキュリティ
アプリケーション供給:DVD、USB ストレージ、ネットワーク配信など
電源内蔵 / ALL.Net 接続対応の通信機能を標準サポート(配信、課金に対応)