“生還率ほぼ0%”! これまでにない新感覚の最新ホラーアトラクション“バイオハザード・ザ・リアル”はガチで恐かった!

大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、これまでにない究極のシューティング型サバイバルホラー・アトラクション“バイオハザード・ザ・リアル”が、本日2013年7月19日から一般公開される。それに先駆け、7月18日にプレスプレビューが実施。恐怖と緊迫感溢れるその一部始終をお届け!

●ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで本日(7月19日)より開催!

 
 “バイオハザード・ザ・リアル”は、カプコンの『バイオハザード』シリーズをテーマに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが総力を結集して作り上げた、これまでにない画期的なシューティング型サバイバルホラー・アトラクション。

 カプコン監修のもと、細部にまでこだわり抜いて『バイオハザード』の世界を再現。ゲストたちは本物さながらの銃を手に、目前に迫り来るゾンビやクリーチャーを限られた弾数で撃破していかなければならない。また、舞台となるのはウィルスが蔓延し“死の街”と化したラクーンシティ。ゲストは感染度合いを表すインジケーターも身に付けて挑むことになり、ウィルスに感染せずに生き残れる確率は“ほぼ0%”。予測不可能にゾンビたちが襲い来る恐怖、限られた弾数で敵を撃ち倒さねばならないという緊張感、感染度数がどんどん上がっていく焦燥感――そんな“極限のサバイバル”を体験することができるウォークスルー形式のアトラクションなのだ。


BHTR_logo1-3
04_Biohazard_the_real000508 01_Biohazard_the_real001420

 
■開催概要
開催期間:2013年7月19日(金)~2013年11月10日(日)
開催場所:ニューヨーク・エリア内 パレスシアター
利用制限:R12(中学生以上。未就学児・小学生以下不可)

■約100名のゲストがアトラクションを先行体験
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内のニューヨーク・エリアにてオープニングセレモニーがスタート。先行体験に特別招待された約100名のゲストが緊張と期待の面持ちで待機する中、突如サイレンが鳴り響き、アンブレラのバイオハザード対策部隊U,B.C.S隊員が会場に登場。「もうすぐヤツらに囲まれる! 急いでこの先から街を抜け出すんだ!」と危機が迫っていることをゲストたちに警告し、「何があっても生きて、街から脱出するんだ! ここは俺たちがどうにか食い止める!」と、アトラクション内へと誘導した。

 先行体験を終えて出てきたゲストたちは、「ゾンビに殺されるかと思った……顔のすごい近くまできたんですよ!」、「銃がずっしり重くて、片手じゃちょっと持てないぐらい。本物の銃で撃ってるみたいでした。本物の銃は撃ったことないですけど(笑)」、「怖くてハラハラして、なかなか先に進めませんでした。すごい叫んじゃって、喉がカラカラです」と、大興奮な様子で口々に感想を語ってくれた。


01 02 03

 
■いよいよ“バイオハザード・ザ・リアル”を体験!
 記者も本アトラクションを体験してきたので、ネタバレにならない、可能な限りの感想などをお伝えしよう。まず、“バイオハザード・ザ・リアル”は全2ステージ構成で、ステージ1にはふたつのルートがあり、“R.P.Dルート”と“Hospitalルート”に振り分けられ、各ルートを8人前後のグループで進んでいくことになる。ルートの選択は不可なので注意しよう。ステージ1を感染レベルが低い状態で無事生き残れた者だけが、ステージ2に挑むことができるのだ。


04 05

 

 入り口で渡されるのは、銃と感染度がわかるインジケーターが一体化したもの。インジケーターを腕に巻き付け、そこからつながった銃を持つという具合だ。この銃は、世界中の警察や軍隊で高く評価されているシューティングシステムを採用した銃と同形の、重さ700グラムもの重厚感あるモデルガン。確かに持った感触はずっしり重く、圧倒的な臨場感が演出されるとともに、これから挑むサバイバル体験への期待と緊張感が一気に高まる。

 インジケーターには、“30”という数字と、グリーンに光るライトが見て取れる。どうやらこれが、残弾数と感染度のようだ。30発という割とリアルな数字を前に、早くも記者は逃げ腰。にも関わらず、何故かグループの先頭になってしまうハメに。逃げたい!


06 08 07
05_Biohazard_the_real001986 14

 

 ドアを開けば、そこから先はゾンビやクリーチャーが待ち受ける“死の街”ラクーンシティ。中の構成についてはネタバレとなるので割愛するとして、記者自身の感想はと言うと……怖かった。心底怖かった。アトラクション内は明るめのところももちろんあるものの、臨場感重視で先が見えにくいようなところも多数。銃のライトは指で支えているあいだだけ光るという仕組みで、そこまで大きな光源でもないため、つねにどこから敵が襲って来るかわからない、スリルと緊迫感に晒されながら進むことになる。

 アトラクション内は、ゾンビを撃退しながらも周りをキョロキョロと見てしまうという何とも命知らずな行動をとってしまうほどに、造形が細部までとてもリアルに再現されている。全2ステージではありながら、ステージ2はステージ1を無事生き残った人がさらに楽しめるように、というふうになっており、ステージ1だけでもけっこうなボリュームを感じた。記者はというと、ステージ1であえなく終了。怖いながらもゾンビを撃ったときの臨場感と興奮などなど本当に楽しかったので、ぜひリベンジしたいところ。前述したように本アトラクションはふたつのルートがあるので、“生還率ほぼ0%”の超高難度、生き残れるまでぜひ何度も挑戦してみてほしい。


10

■ゲーム開発陣お墨付きのクオリティー
 プレスレビューに際し、カプコンのプロデューサー、小林裕幸氏と、平林良章氏も登場。報道陣の取材に対し、本アトラクションについての感想などを語った。

・“バイオハザード・ザ・リアル”についての感想

小林裕幸氏(以下、小林) 平林にほぼ任せていて僕は初体験だったのですが、造形がすごい作り込まれていて、ラクーンシティの雰囲気がよく出ています。ゾンビの造形もすごく出来がよくて、本当に怖い。歩きたくないです(笑)。銃を持って自分でドアを開けて進んでいくという、ゲームと同じ体験ができるようになっていて、僕が先頭でドアを開けて銃を撃つんですが、後ろの誰も撃ってくれないんですよ(笑)! だから、「撃てー!」と、隊長のようなことをやっていました。友だちグループなんかで来ると1個小隊のような体験ができて、すごく盛り上がると思いますよ。

平林良章氏(以下、平林) 先頭で歩く人だけが怖いんじゃなくて、後ろからも横からも上からもクリーチャーは襲ってきますので、皆さんで戦ってもらえたらなと思います。

・ソンビやクリーチャーなどの造形物について

小林 ラクーンシティをモチーフにしている街は、よく雰囲気が出ています。入り口のところにも“GUN SHOP KENDO”が出てきますし。店主のおっさんはいませんが(笑)。クリーチャーも全部よくできていて、名前は言えないようなヤツなんか、立ち止まってじっくり見たくなるぐらいでした。ゲームさながらの演出が施されていて、ゲームをしている人はより楽しいですし、ゲームを知らない人は、このアトラクションを体験した後に絶対ゲームをやりたくなると思います。

平林 クリーチャーの監修も、実際にゲームのクリーチャーを手掛けているデザイナーに立ち会ってもらって、細かいところまでこだわって作りました。その辺りも、怖いとは言いつつ、見どころのひとつかなと。

小林 『バイオハザード』シリーズの開発陣がクオリティーチェックをしていますので、クオリティーの保証はバッチリです。


02_Biohazard_the_real001206 03_Biohazard_the_real001813

 
・“バイオハザード・ザ・リアル”についての苦労話

平林 今回、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションを作るスペシャリストの方々と一丸となって作り込みました。ファンの皆さんにどうやって楽しんでもらうかというところを、昼夜問わず今日に至るギリギリまで、もしかしたら今晩もやるかもしれない、というぐらいに細かいチューニングを行っています。ですので、日々進化していってるアトラクションなのかもしれないなと感じています。

・“生還率ほぼ0%”ですが、実際クリアーすることはできますか?

小林 できるようになっています。カプコン勢は全滅でしたが(笑)。

平林 最低でも2回以上は楽しめる作りになっていますので、ゲームと一緒で、何度も遊んでコツを掴んでいただければなと。これ以上言っちゃうとせっかくの楽しみが、というところもあるので、この先は来ていただいてからのお楽しみということで。

・『バイオハザード2』と『バイオハザード3』がモチーフになっているのですか?

小林 そうですね。そこをベースにして作っています。なので、そこに登場するクリーチャーたちが出てくるイメージです。あとはアンブレラがいるという世界観ですね。アトラクションのクルーの方もU.B.C.Sですし。




 また、8月8日に発売予定のプレイステーション3/Xbox 360用ソフト『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』についての紹介も行われた。
【関連記事】
『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』全DLC収録のお買い得なパッケージが発売決定
『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』“日本語ボイスパック”など収録DLCを紹介

 小林氏はディスク版だけの特典である、トレーラー映像やストーリーのダイジェスト映像を収録した“スペシャル映像DVD”のことに触れ、「プレイした人は思い出を振り返ったりできますし、プレイしていない人にもぜひ見てほしい」と紹介。

 また日本語ボイスについては、「日本語でもう一度『バイオハザード6』をやってもらうと、いままでは英語音声で字幕に頼っていたところが、役者さんの演技がすっと入ってくることによって、ストーリーや感情などが伝わってくるので、また新たな『バイオハザード6』を体験できると思います。」とコメント。声優陣が豪華であることについては、「渾身のキャスティングをしました(笑)。ハリウッド映画のようなつもりで『バイオハザード6』は作っていましたので、洋画などで吹き替えをされている声優さんにお願いして、贅沢に起用しています。」とコメントした。



■コラボフードやグッズも充実


11

 本アトラクションの開催に合わせ、パーク内では『バイオハザード』をテーマにしたフードやグッズが登場。フードは“バイオハザード・ザ・リアル”のほど近くにある“フィネガンズ・バー&グリル”にて、グッズは“ワンダーピックス”などで販売される。

 また、“ワンダーピックス”では、“バイオハザード・ザ・リアル”の合成写真を撮影してもらえる“バイオハザード・ザ・リアル フォト”もオープン。U,B.C.S隊員のジャケットを着用し、重厚感あるモデルガンを持って、という本格的な写真撮影を楽しめる。


12 13

 
ドリンク概要
<青>
商品名:S.T.A.R.S.
価格:700円
販売店舗:フィネガンズ・バー&グリル
※アルコールカクテルです。

<赤>
商品名:バーキンG
価格:700円
販売店舗:フィネガンズ・バー&グリル
※ノンアルコールカクテルです。


16 15
17

 
フード概要
商品名:ブレイン
価格:1790円
販売店舗:フィネガンズ・バー&グリル
内容:脳を使ったt-ウィルス実験を再現したパスタに、サラダ、フライドチキンをセット。“回復ハーブ”のサラダは、まるでゲームから飛び出してきたかのようなリアルさ。


18 19
20 21 22
23 24
25 26
29 30

 
ネックストラップ概要(7月末ごろより登場予定)
商品名:ネックストラップ
価格:1470円
販売店舗:ワンダーピックス
内容:アンブレラ社の社員証をモチーフとしたネックストラップ。


27 28


(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 
画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

0 コメント

Twitterログインしてコメントする

コメント投稿した場合は利用条件に同意したものとみなします。ヘルプはこちら

 残り140文字

@でログイン中

コメントをもっと見る

特集記事

週間 販売ランキング

  • 2位
  • Vitaバレットガールズ
  • 販売 31487

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク