Japan Expoに『FFX/X-2 HDリマスター』新情報や『ライトニング リターンズ FFXIII』と『新生FFXIV』コラボ新展開も

日本文化とエンターテインメントを紹介する、欧州最大規模のイベント“Japan Expo”。この催しに、スクウェア・エニックスが出展し、特設ステージでは『ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター』や『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』などのクリエイター陣が登壇した。

●2013年後半は『FF』ラッシュ

 現地時間2013年7月4日~7日にフランス・パリ郊外で開催されているJapan Expoは、日本文化とエンターテインメントを紹介する、欧州最大規模のイベント。この催しに、スクウェア・エニックスが出展し、特設ステージでは『ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター』(以下、『FFX/X-2 HDリマスター』)や『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』(以下、『LRFFXIII』)などのクリエイター陣が登壇した。


japan_expo/01 japan_expo/02

■『FFX/X-2 HDリマスター』に新規ボイスドラマを収録

 『FFX/X-2 HDリマスター』のステージでは、冒頭のイベントシーンを用い、プレイステーション2でリリースされたオリジナル版と、HDリマスター版を比較。また、新規要素として、ボイスドラマが収録されることも明らかに。こちらは、野島一成氏が新たにシナリオを書き下ろしたもので、クレジット(スタッフロール)とともに再生されるという。また、プレイステーション3版とプレイステーション Vita版でセーブデータを共有する、“クロスセーブ”への対応も決定した。

 なお、ボイスドラマについては、週刊ファミ通2013年7月25日増刊号(2013年7月11日発売)にて追加情報を掲載しているので、そちらもチェックしてほしい。


japan_expo/03 japan_expo/04
japan_expo/05 japan_expo/06
japan_expo/08 japan_expo/07

登壇した北瀬佳範プロデューサー

■『LRFFXIII』と『FFXIV: 新生エオルゼア』のコラボが発表

japan_expo/22

 ディレクターの鳥山求氏が、砂漠の大陸デッド・デューンの盗賊団の仲間になるというメインクエストをプレイした『LRFFXIII』のステージ。砂漠地帯のモンスターのバトルを経て、カスタマイズを行い、グランガッチというボスとのバトルに挑む様子などが見られた。なお、本作のクエストの数は150以上あるそうだ。


japan_expo/09 japan_expo/10 japan_expo/11

 ボスを倒すと、盗賊団のボスと面会が可能になる。そこで待ち受けていたのは、『FFXIII』でパーティーメンバーだったファング。そのシーンは、新たに公開されたトレーラーでも確認できる。


japan_expo/12 japan_expo/13
japan_expo/14 japan_expo/15
japan_expo/17 japan_expo/21

 ステージの最後には、プロデューサーの北瀬佳範氏が、『FFXIV: 新生エオルゼア』仕様のライトニングを公開。ネコミミがかわいらしいミコッテのウェアは、ゲーム内のクエストをクリアーすると入手できるという。さらに、『FFXIV: 新生エオルゼア』プロデューサー/ディレクターの吉田直樹氏が登壇し、同作に登場するライトニングの姿をお披露目。ライトニングは、プレイヤーとともに戦ってくれるほか、自分のキャラクターにライトニングの衣装を着せられることや、『FFXIII』シリーズに関連する武器(一部はオリジナルデザインだが、『FFXIII』チームの監修を受けている)も使えるようになることなどを発表した。

※『新生FFXIV』ブログにも情報あり→こちら


japan_expo/24 japan_expo/25
japan_expo/26 japan_expo/27
japan_expo/28
japan_expo/29 japan_expo/30
japan_expo/31 japan_expo/32
japanexpo/image02 japanexpo/image japanexpo/image01

▲北瀬・鳥山両氏によるサイン会も大盛況。サインを求める列には、コスプレ姿の熱心なファンも多数。パリジェンヌ(たぶん)のライトさんやセラ!