『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』バトル画面公開&スペシャルインタビュー

2013年10月24日にプレイステーション3で発売が予定されているRPG『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』。その戦闘画面を公開するとともに、プロデューサーの下川直哉氏へのインタビューも掲載!

●ヒスパニアの地で、どのような戦いが待ち受けるのか?

 覇王の末裔ハミルと、異界から現れた戦女神タルトの数奇な運命が描かれる、2013年10月24日(木)発売予定のプレイステーション3用ソフト『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』。今回は、初公開となるシミュレーションパート画面を始め、新情報の数々をお届け! プロデューサーの下川直哉氏へのインタビューにも注目だ。


●生まれ変わったバトル

 シミュレーションパートの画像はすでに公開されたが、システムなどの詳細は謎に包まれている。ここでは、シリーズ作との比較や画面写真から読み取れる新要素、気になるポイントなどに焦点を当てていく。


01.jpg 02.jpg
03.jpg 04.jpg 05.jpg
06.jpg 07.jpg 08.jpg
09.jpg 10.jpg
11.jpg 12.jpg 13.jpg
14.jpg 15.jpg 16.jpg
17.jpg 18.jpg
19.jpg 20.jpg 21.jpg
22.jpg 23.jpg 24.jpg

▲これらが本作のバトル画面。ここから予想される内容について解説しよう。

・デフォルメされたキャラクター
これまでのシリーズ作ともっとも異なる点が、キャラクターの造形だろう。前作まではリアルな等身で描かれていたものが、本作ではかわいらしくデフォルメされている。このキャラクターたちが、戦場でどのように動くのかにも注目したい。

・頼りがいのある動物!?
各キャラクターの中でひと際目を惹く巨大な象。これは、前作までには登場しなかった存在だ。荷車のようなものを牽いているが、アイテムの保管や味方の収容といった戦闘要員以外の役割も担っているのかもしれない。さらに、この動物にタルトが騎乗している画像も届いている。動物の存在で、戦闘の幅が大きく広がったと言えるだろう。

・エレメント・サイクル
画面の右下にはこれまでのシリーズ作と同様に、“エレメント・サイクル”が表示される。エレメント・サイクルにより、ターンごとに属性の“好調期”が移り変わり、好調期の属性と一致する属性を持つキャラクターのパラメータ、同属性の技や魔法の威力が上がる。好調期は敵にも影響するため、その周期を考慮した駆け引きが堪能できるのだ。

・高低差のあるマップ
ハミルたちの戦いの舞台は、じつに多彩。下の画面では、砦のような場所に立つ兵士と、そのはるか下で展開するバトルから、戦場に高低差あることがわかる。このおかげで、下方から近づいてくる敵を上から一方的に攻撃する、高層建造物などに籠城する敵を徐々に攻めるといった、前作とはひと味違った戦術やシチュエーションが楽しめそうだ。


25.jpg 26.jpg

▲作り込まれた戦場のグラフィックも、本作の魅力のひとつ。右の雪山意外にも、朽ちた難破船がひしめく船の墓場や、多くの屋台が軒を連ねる辺境の帝国基地といった、さまざまな場所が登場する。視点を変えながらじっくりと眺めたい。

27.jpg 28.jpg 29.jpg

●新たなイベントCGを公開!

アドベンチャーパートで見られる新たなCGもお届け。宿敵イゼベルと刃を交えるハミル、謎の集団に囲まれるエリッサ、淡い光に包まれるクレイト。どれも物語上重要な場面らしく先
の展開が気になるところだ。


30.jpg
31.jpg
32.jpg
33.jpg

●戦乱へと身を投じる新たな登場人物たち

ハミルが旅の途中で出会うふたりの人物。両者の立場は真逆だが、強烈な個性と設定は非常に魅力的だ。果たして彼らは、ハミルとどのように関わリ、どんな役割を担うのだろうか……?

<アルティオ(声:内田真礼)>
「なんだ、やるってのか! うちを女だと思ってなめてると、後悔するかんな!」
レヌス河流域で暮らす蛮族の娘。曲がったことが大嫌いで、喧嘩っ早いが、部族を思う気持ちは人一倍強い。狩りが得意で、毛皮を集めては帝国領まで行商に来ており、帝国の内部事情には詳しい。部族の領土が帝国と国境を接しているせいで、帝国とは紛争状態にあり、密かに心を痛めている。辺境軍団長のサウルとは浅からぬ因縁があり、何度か戦ったことがある。


34.jpg 35.jpg

<サウル(声:三上哲)>
「黙れ。蛮族の小娘が! 俺の基地でもめごとを起こしていいと、 誰が言った?」
帝国の西部国境、レヌス河流域を守る、辺境軍団長。平民からの叩き上げで、戦場での経験も豊富。兵からの信望も厚い。辺境の平和を守るため、国境の見回りは毎日欠かさない。帝国西部、ルシタニアの出身だが、若いころは東部辺境を転戦していた。辺境暮らしが長いせいで粗野な言動も目立つが、その圧倒的な強さは、蛮族からも恐れられている。


37.jpg 36.jpg

●プロデューサー下川直哉氏スペシャルインタビュー

38.jpg

▲『ティアーズ・トゥ・ティアラⅡ 覇王の末裔』プロデューサー 下川直哉氏
アクアプラス代表取締役。本作の制作を指揮するほか、音楽の総合監修も務めている。代表作は『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』など多数。

――まずは、本作のコンセプトをお聞かせください。
下川直哉氏(以下、下川) シリーズを通して“王道”をコンセプトにしています。ストーリーや世界設定も含まれますが、プレイヤーの皆さんが“素直に楽しめるゲーム”というものを第一に考えていますよ。

――ついに戦闘画面がお披露目になりましたが、前作からシステム的に大きく変化した部分などはありますか?
下川 基本的に、前作までの遊びかたを踏襲しています。企画段階で、開発チームのあいだで新たなアイデアが多く挙がりましたが、プレイヤーの手間が増えてしまうものや、複雑化してしまうものはすべてボツにしました。単体で見れば楽しいアイデアでも、システムに組み込むことによって、全体の足を引っ張る存在になるものはコンセプトに反しますので。
――蛇足なシステムは切り捨てる、と。
下川 もちろん、楽しさに直結する要素は取り入れていますよ。そのあたりについては、これからお見せしていきます。とにかく僕が強調したいのは、前作をプレイしていなくても、誰もがすんなりと楽しめる作品であるということです。

――シミュレーションパートの画面がお披露目になりましたが、どのような流れで進行するのでしょうか?
下川 自軍と敵軍のターンを交互にくり返す、従来の流れです。先ほども言いましたが、新要素を追加する場合、それがプレイヤーにストレスを与えてしまうようなものは入れていません。ただ、取捨選択はありますね。

――取捨選択というと……?
下川 たとえば“視点”です。真上に近い位置から見下ろすと、画面に映し出される情報が比較的少ないので、キャラクターや背景を細部まで描き込めます。ところが、そのカメラ位置を横から見渡すような位置に変えると、奥行きの部分まで描き込む必要があるため、処理が重くなってしまいます。とはいえ、真上の視点だけでは、プレイヤーに全体の情報が行き届かず、結果としてストレスを与えてしまうことになります。

――なるほど。どちらもメリットとデメリットがあるわけですね。
下川 本作は、敵との戦闘を何度もくり返すゲームなので、戦闘においてプレイヤーがストレスを感じないことを重要視しています。

――本作では、シミュレーションパートのキャラクターの等身がデフォルメされていますね。
下川 はい。シミュレーションパートでのキャラクターの見分けやすさを考えて、SDのキャラクターでいくことにしました。あと、リアル等身のモデルは、顔の造形でアドベンチャーパートでのイラストとギャップが生じてしまうんですよ。ただし、シリアスな世界設定は崩さないように、地面や障害物などの地形は、フォトリアルなものにしています。

――うまく使い分けているんですね。あと、画面写真にいる“妖精象”がとても気になるのですが……?
下川 象は本作での新要素ですね。画面写真を見て、いろいろと想像を膨らませてください。

''――よく見ると、敵軍にも象が……。馬車(象車?)には、やっぱり仲間を乗せたりできる
のでしょうか?''
下川 そのあたりについては、今後の情報をお待ちください(笑)。

――本作の世界設定についてお聞きします。ヒスパニアと神聖帝国は、どのような関係なのでしょうか?
下川 ヒスパニアを含む一帯は、神聖帝国が支配している植民地です。ヒスパニアはもともと独立した国でしたが、過去の戦いで帝国に敗れてしまいます。本編から数年前の時期に、当時のヒスパニア王が反乱を起こしたこともあって、前王の息子であるハミルは帝国の監視下に置かれることになるのです。

――ハミルは反乱の象徴というわけですね。“帝国=主人公の敵”という構図はわかりやすいですね。
下川 その通りです。わかりやすさも、王道のひとつですよね(笑)。

――ちなみに、メインビジュアルに男女が描かれていますが、彼らは何者なのでしょうか? ハミルとタルトに似ている気もしますが……。
下川 誰でしょうね?(笑)。本作をプレイしていくと、わりと序盤で判明します。じつはこのふたり、戦闘システムにおいても重要なポジションに位置するんですよ。

――下川さんは、本作の音楽も監修されているんですよね。ゲーム中は、どのような楽曲が流れるのでしょうか?
下川 これまでのアクアプラス作品から、かなり路線を変えています。言うなれば、“ゲーム音楽と映画音楽の融合”です。RPGが全盛だった、プレイステーション2時代のゲームサウンドの延長上にあるものを目指しています。具体的には、メロディーラインのしっかりしたオーケストラ調ですね。壮大な感じになっていますよ。

――サウンドも王道というわけですね。何曲くらい入っているのでしょうか?
下川 オーケストラ調のBGMは50曲以上です。また、オープニングアニメなどでは、歌詞つきの楽曲がJ-POP調に流れますが、こちらは5曲用意しています。サウンドチームが充実していることは、アクアプラスの強みですからね(笑)。

――話は変わりますが、今回、『うたわれるもの』のアルルゥが特典の追加キャラクターとなっていますが、ほかのキャラクターのゲスト参戦はありますか?
----------------------------------------
【数量限定版特典】
●追加キャラクタープロダクトコード
●追加武器プロダクトコード
●設定資料集
●ミニサントラCD

【ダウンロード版特典(※)】
●追加キャラクタープロダクトコード
●追加武器プロダクトコード
※特典がつくのは発売の1ヵ月後までとなります。

【通常版特典(初回生産版のみ)】
●追加キャラクタープロダクトコード
●追加武器プロダクトコード
----------------------------------------
下川 ストーリーには絡まないゲストキャラクターを、いろいろと予定しています。それらは、ダウンロードコンテンツとして追加する予定です。

――なるほど。今回、アルティオとサウルが公開になり、かなり登場人物が出揃ってきましたね。
下川 敵味方合わせて、たくさんのキャラクターが登場しますよ。というのも、本作では前作にあった傭兵システム(自動生成された傭兵を雇い、育成するシステム)がないんです。その分、しっかりした設定のあるキャラクターが大勢登場するというわけです。

――そうなんですか。ところで、アクアプラス作品というと、美少女が大勢出てくるイメージがあるのですが、本作は男性陣も充実していますね。
下川 はい。物語がシリアスなので、お色気は控えめです。男性と女性がほぼ半々の割合で登場します。お茶の間でプレイしても恥ずかしくない内容なので、安心してプレイしてください(笑)。

――本作のジャンルを、シミュレーションRPGではなく、RPGとしている理由をお聞かせください。
下川 シミュレーションと聞くと、それだけで小難しいイメージを抱いてしまう人も多いですから。誰もが楽しめる内容になっていますので、怖がらずに手に取ってほしいですね。

――ということは、誰でもクリアーできるバランスなのでしょうか?
下川 はい。ただし、達成感が得られないほど簡単ではダメだと思っていますので、ほどよい手応えを感じつつも、乗り越えられる、前作と同じくらいのバランスを目指しています。ちなみに、難易度は3段階から選択可能です。

――なるほど~。では最後に、ひと言メッセージをお願いします。
下川 前回(第2報)までは、キャラクターや線画のオープニングの紹介ばかりでしたので、「じつはまだほとんどできていなくて、発売日が延びるのでは?」と、不安に感じさせてしまったかもしれません。でも、見ての通りほぼ完成しています。10月24日にはお届けできますので、ぜひ期待してください。もちろん、前作をプレイしていない方でも100%楽しめますよ!


●公式サイトが新たにオープン! オープニングアニメの公開も待て!

 2013年7月5日(金)より、『ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔』の公式サイトがリニューアル! 現在はタイトルロゴとイラストが見られるだけだが、登場人物やシステムの解説などが、順次公開されていくと思われる。これまでの情報を見逃していた人も、ぜひチェックしておこう。


39.jpg 40.jpg
41.jpg 42.jpg 43.jpg


(C)2013 AQUAPLUS
※画面は開発中のものです。