『やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。』人気ライトノベルがアドベンチャーゲーム化

渡航原作の人気ライトノベル、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(通称:『俺ガイル』)。アニメ化もされた人気作品が、プレイステーション Vitaでアドベンチャーゲーム化決定だ。

●ぼっちライフとリア充イベントの二律背反にさいなまれる類を見ないゲーム

 5pb.は週刊ファミ通6月20日号(2013年6月6日発売)において、人気ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』をプレイステーション Vitaでゲーム化することを発表した。以下、記事内容を抜粋して最新情報をお届けする。

 渡航原作の人気ライトノベル、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(通称:『俺ガイル』)。アニメ化もされた人気作品が、プレイステーション Vitaでアドベンチャーゲーム化決定だ。本作のシナリオは、原作者の渡わたり航わたるが監修をしているので、原作ファンの期待に応える痛さ全開の物語を楽しめる。今回はキャラクター&システムを紹介しよう。


orega005.jpg

■“リア充”には迎合しない! 廃人度を示す“廃人カウンタ”

 本作には八幡の“腐り具合”を表す“廃人カウンタ”というシステムを搭載。自身の言動によりカウンターの数値が変化する。


orega001.jpg

■“行動選択肢”と“脳内選択肢”を極めろ!

 それまでの会話の流れで行動を決める“行動選択肢”と、問いかけに対し脳内でリアクションする“脳内選択肢”。本作では、選択した“行動”と“思考”のさじ加減で主人公の運命が決まる。


orega007.jpg orega002.jpg

▲四角いフキダシで表示される行動選択肢。選択した行動が、他キャラクターからの八幡への好感度に影響する。

▲雲形のフキダシで表示されるものが脳内選択肢。八幡の腐れぶりを表すもので、廃人カウンタに影響する。

■原作者の渡航がゲームシナリオを全面監修

 現在7巻まで刊行されており、4月よりアニメも放送中の『俺ガイル』。本作のシナリオは原作者の渡航が監修しているので、ファンも見逃せない内容となっている。

■限定版には原作者脚本の新作アニメBlu-ray同梱

 本作の限定版には原作者が脚本を担当している新作オリジナルアニメBlu-rayが同梱される。そのシナリオは、アニメの番外編になっているので要注目だ。


orega004.jpg orega003.jpg
orega006.jpg

■比企谷八幡(ひきがや はちまん)【中央】
声:江口拓也
本作の主人公。ひねくれた性格から友だちも彼女もいない“ぼっち”であり、数多くのトラウマを抱えている。「国語は学年3位。顔はそこそこいいので、基本高スペック」と自称してしまう、とても残念な高校2年生。

■雪ノ下雪乃(ゆきのした ゆきの)【左】
声:早見沙織
奉仕部部長。帰国子女で学力テストはつねに学年1位。運動神経もよく、楽器や歌など音楽の才能もあり、家事もできる完璧美少女。だが友だちはいない。

■由比ヶ浜結衣(ゆいがはま ゆい)【右】
声:東山奈央
八幡のクラスメイトで、派手ないま風ギャル。人当たりがよく、空気を読めるため友だちが多い。雪乃に憧れて、なし崩し的に奉仕部の部員になる。

※詳しくは週刊ファミ通6月20日号(2013年6月6日発売)をチェック!!



やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。
メーカー 5pb.
対応機種 PlayStation Vita
発売日 2013年9月19日発売予定
価格 7140円[税込]
ジャンル アドベンチャー / アニメ・学園
備考 限定版は9975円[税込]、PS Store ダウンロード版は7140円[税込]、原作:渡 航、キャラクター原案:ぽんかん(8)(※“(8)”は○の中に数字の8)

(C)2013 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 (C)MAGES. / 5pb. (C)MarvelousAQL ※画面は開発中のものです。