『英雄伝説 零の軌跡』PC版が2013年6月14日に発売決定

日本ファルコムは、プレイステーション・ポータブル用タイトルとして人気を博したRPGの移植作品となるPC版『英雄伝説 零の軌跡』を、2013年6月14日(金)に発売することを発表した。価格は3990円[税込]。

●あの冒険が高画質で鮮やかに蘇る!

パッケージサンプル.jpg

 日本ファルコムは、プレイステーション・ポータブル用タイトルとして人気を博したRPGの移植作品となるPC版『英雄伝説 零の軌跡』を、2013年6月14日(金)に発売することを発表した。価格は3990円[税込]。

 PC版では、オリジナルのPSP版をベースに、キャラクターや2Dイラスト、フォントなど、Windowsへの移植に伴いグラフィックを高画質化。緻密に描かれた“軌跡シリーズ”の世界やキャラクターたちによる細やかなイベントシーンを、迫力の大画面でじっくりと堪能することができる。
 また、PC版独自の仕様として、キーボード&マウス操作のほか、ゲームパッド操作にも対応。好みのプレイ環境にあわせて快適にゲームを楽しむことが可能となっている。


00030.jpg
00602.jpg 00997.jpg
01688.jpg 01694.jpg
01788.jpg 01853.jpg

【PC版『英雄伝説 零の軌跡』】
■発売日:2013年6月14日(金)
■価格:3,990円(税込)
■ジャンル:ストーリーRPG
■対応OS:Windows8/Windows7/Windows Vista/Windows XP
※この製品は、2011年8月に中国で制作・発売されたWindows版「英雄伝説 零の軌跡(中国語版)」をそのまま日本語化したものです。

■『英雄伝説 零の軌跡』ストーリー
ゼムリア大陸西部、クロスベル自治州――
かつてエレボニア帝国とカルバード共和国の狭間で熾烈な領土争いが繰り広げられたこの地は、現在では大陸有数の貿易・金融都市として発展を遂げ、繁栄を謳歌していた。
一方、帝国と共和国による圧力も目に見えぬ形で高まっており、両大国の意向を受けた議員・役人たちが醜い政争と汚職を繰り広げる中、裏社会ではマフィアや外国の犯罪組織が台頭し、抗争を始めようとしていた。
そんな中、市民の信用を失ったクロスベル警察に4人の若者が集められた。
新米捜査官ロイド、市長の孫娘エリィ、《魔導杖》の使い手ティオ、そして元警備隊員ランディ。
およそ規格外な彼らは「特務支援課」という聞き覚えのない新部署に配属されることになるのだが……。


0 コメント

Twitterログインしてコメントする

コメント投稿した場合は利用条件に同意したものとみなします。ヘルプはこちら

 残り140文字

@でログイン中

コメントをもっと見る

特集記事

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク