『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』自由度の高い冒険を実現する各種要素と新たな施設に注目

アトラスは、週刊ファミ通2013年5月2日号(2013年4月18日発売)において、2013年6月27日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』の最新情報を公開した。

●どう楽しむかは冒険者次第!

 アトラスは、週刊ファミ通2013年5月2日号(2013年4月18日発売)において、2013年6月27日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』の最新情報を公開した。以下、記事内容を一部抜粋してお届けする。



 人気RPG『世界樹の迷宮』シリーズの新展開たる本作。今回は、バトルをいっそう奥深くする要素や、新旧のユーザーが好きなように本作を楽しむための各種要素を紹介していくぞ。さらに、シリーズ第1作を遊んだことがない人にとってはとくに朗報と言える、“クラシック”なモードも搭載されていることが判明!


●スキルの幅を広げる新要素“グリモア”

 パーティーメンバーはそれぞれ特定の職業に就いているが、別の職業のスキルが宿った“グリモア”と呼ばれる石を装備することで、より多様なスキルが使用可能になる。グリモアは、バトル中に“グリモアチャンス”が発生した際に、一定の確率によって手に入る可能性があるぞ。


05.jpg 06.jpg

●BGMと難易度をお好みで変更

 BGMを手掛けているのは、『世界樹の迷宮』シリーズでおなじみの古代祐三氏。本作のBGMにはふたつのモードがあり、生演奏とFM音源をいつでも切り換えることが可能。また、3種類の難易度も好きなときに切り換えられるので、シリーズの未経験者から熟練者まで楽しめるぞ。


12.jpg 13.jpg

●一行を支える“ギルドハウス”

 エトリアの街には、主人公たちの助けとなるさまざまな施設が存在する。本作で初めて利用する“ギルドハウス”では、ギルドキーパーと呼ばれるキャラクターからの手助けや依頼を受けたり、入手したグリモアの設定も行えるぞ。宿屋や商店などと並んで、冒険には欠かせない機能を備えているので、こまめに利用して準備を万端にしよう。


17.jpg 29.jpg

※詳しくは週刊ファミ通2013年5月2日号(2013年4月18日発売)をチェック!



新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女
メーカー アトラス
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2013年6月27日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / 冒険
備考 ディレクター:小森成雄、キャラクターデザイナー:日向悠二、モンスターデザイナー:長澤真、サウンドコンポーザー:古代祐三

(C)Index Corporation 2007, 2013 Produced by ATLUS 
※画面は開発中のものです。※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。