『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』シリーズ最高の予約本数に松山氏も手応え

2013年4月14日、ヤマダ電機LABI1池袋 モバイルドリーム館 6F PlayStationコンセプトフロアにて、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』の体験会、そして開発を手掛けたサイバーコネクトツーの代表取締役社長 松山洋氏によるスペシャルトークショウが行われた。

●ひと足早く発売された北米、欧州ではシリーズ最高の滑り出し

 バンダイナムコゲームスから2013年4月18日に発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』。2013年4月14日、ヤマダ電機LABI1池袋 モバイルドリーム館 6F PlayStationコンセプトフロアにて、本作の体験会、そして開発を手掛けたサイバーコネクトツーの代表取締役社長 松山洋氏によるスペシャルトークショウが行われた。


naruto/DSC_0012.JPG naruto/DSC_0014.JPG

▲サイバーコネクトツーの代表取締役社長 松山洋氏。先日、出場したパリ・マラソンで完走した証となるメダルも披露。

 日本では、4月18日発売となる『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』だが、北米・ヨーロッパでは日本に先駆けて発売されており、松山氏によると、「メタスコアも75点から83点のあいだで推移しており、かなり高い評価をいただいている」とのこと。セールス的にも「過去最大のスタートダッシュ」(松山)となっており、日本でもシリーズ最高の予約本数であることを報告。「日本での発売日も期待できるんじゃないかと思っています!」と手応えを語った。


naruto/DSC_0022.JPG

 そんな『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』の人気の秘密のひとつが前作よりもパワーアップしたドラマ、ストーリー演出。本作では、原作最新ストーリーの“第四次忍界大戦”までが収録されているが、その結末はアニメとはまた少し異なる『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』ならではのものになっているという。この結末は、原作の岸本斉史先生や集英社、伊達勇登監督(スタジオぴえろ)などの監修を経た、いわば“公式のシナリオ”で、松山氏は「感動して泣ける結末になっています。ぜひご自身の目で確かめていただきたい!」と自信のコメント。

 もちろん、バトルも進化しており、使用可能キャラクターは過去最大の80忍以上が登場。覚醒システムも新しくなり、プレイヤーの好きなタイミングで覚醒状態を発動できる“覚醒タイプ”が登場する。ただし、覚醒はキャラクターによってさまざまなリスクが存在し、覚醒を使うポイントがバトルの勝敗を大きく左右することになる。また、サポート仲間との連携できるようになって戦略性がアップしているほか、地味な戦いにならないよう、奥義を使って相手を倒すとメリットがあるような工夫も施されている。さらに、アルティメットアドベンチャー(メインのゲームモード)では、プレイヤーに究極の選択を迫る“究極の決断”という新たなシステムが搭載。これは、“豪傑”ルートと“英雄”ルートを選択でき、選んだルートによって、その後のバトルの内容や難易度が変化したり、描かれるエピソードが変化するというもの。しかも、あとから別ルートに挑戦できるようにもなっている親切設計。さらに最新ストーリーだけではなく、新たに少年篇時代を初めとした名バトルを体感できる“忍界年表モード”も搭載。本作だけで『NARUTO-ナルト-』のこれまでの歴史を再度追体験できる、という現段階の『ナルティメットストーム』シリーズの集大成とも言える作品になっているのだ。

 松山氏は、初回封入特典(うずまきナルトのコスチュームとして“孫悟空コスチューム”が登場)と、“うちはサスケ(ROAD TO NINJA)”、“日向ヒナタ(ROAD TO NINJA)”、“春野サクラ(水着Ver.)”、“はたけカカシ(暗部Ver.)”、“うずまきナルト(甲冑Ver.”の5キャラ分のコスチュームを手に入れられる予約特典も紹介し、本作を強力にアピール。トークショウの最後には、松山氏のサイン入りプレゼントがもらえるジャンケン大会も開催され、大盛況のうちにトークショウは終了した。


naruto/DSC_0028.JPG naruto/DSC_0035.JPG naruto/DSC_0043.JPG

▲その場でサインする松山氏。メッセージも入った力作。

naruto/DSC_0062.JPG

▲見事、ジャンケン大会でサイン入りグッズをゲットした方々と記念撮影。

DSC_0067.JPG

▲最後に、『ナルティメットストーム』シリーズと同様、バンダイナムコゲームスとサイバーコネクトツーのタッグで開発中の『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』についてもアピール。開発は最後の戦いの真っ最中だが、順調に進んでいるとのこと。

naruto/DSC_0076.JPG naruto/DSC_0071.JPG naruto/DSC_0087.JPG

▲13時から17時まで行われた体験会も盛況。

 シリーズ最高傑作とも言えそうな『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』は4月18日発売。気になっている人はぜひプレイしてみよう!




(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)2013 NBGI