『牧場物語』の生みの親、和田康宏氏最新作の全貌が見えてきた! 最新映像とコメントを独占公開【動画配信】

ゲーム ニュース
『牧場物語』の生みの親である和田康宏氏の新作タイトル『project happiness(プロジェクト ハピネス)』。その最新映像が海外で公開された。ファミ通.comではこの映像を独占入手。和田康宏氏のコメントとともに公開しよう。

●正式タイトルは『HOMETOWN STORY(ホームタウンストーリー)』

 2012年の “エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ(E3)”にて初お披露目された、『牧場物語』の生みの親である和田康宏氏の新作タイトル『project happiness(プロジェクト ハピネス)』(コードネーム、プラットフォーム未定、家庭用携帯ゲーム機向けに開発中)。その最新映像が海外で公開された。ファミ通.comではこの映像を独占入手。和田康宏氏のコメントとともに公開しよう。

まずは最新映像をチェック!!


DSC_0001.jpg

和田康宏氏
TOYBOX 代表取締役社長/プロデューサー

――E3で公開された前回の映像の反響はいかがでしたでしょうか?

和田康宏氏(以下、和田)アメリカやヨーロッパでたくさんの反響をいただきました。視聴数が全世界のトータルで約10万ビューと、数としてはすごく多いわけではありませんが、海外でパブリッシングを行うNatsumeさん(北米)とRising Star Gamesさん(欧州)からは、すごい数の問い合わせがありましたとご報告いただいております。日本国内では友人や開発仲間から、TwitterやFacebookで「映像を見たよー」とか、「意味がわからなかった」といった、さまざまな感想をいただきました(笑)。前回はイメージボードと設定資料的な仮の画面で制作したので、作品の雰囲気はなんとなくわかったけど、具体的な内容はわからない。早く内容を教えて! という反応が多かったですね。

――今回の映像を見るとゲームの画面が登場していましたが……。

和田 はい。ゲームタイトルも前回の『project happiness(プロジェクト ハピネス)』というコードネームから、『HOME TOWN STORY(ホームタウンストーリー)』に決定し、作品の雰囲気だけではなく、見た方がどんなゲームなのかを想像していただけるような構成にしました。タイトルに“ストーリー”とあるように、お店を大きくして売上を伸ばすというよりは、お店の成長に従って人の出入りが多くなることで、新たな出会いと物語を楽しんでいただきたいなと。出会った人々の中にはストーリーを持ったキャラクターがたくさんいます。その人々が持つ夢や悩みごとを、主人公と相棒の“ポチカル”で解決していく、というのが本作のおもしろみになっています。

――なるほど。では、今回の映像の見どころを教えてください。

和田 ふたつありまして、まずひとつはキャラクター。本作ではイラストレーターの、にしだあつこさんにキャラクターデザインをお願いしました。にしださんのラフデザインでは投身が高いのですが、ゲーム中では少しデフォルメして投身を小さくしています。かなりいい感じにデフォルメできたので、お子さんからお父さん・お母さんまで、幅広い方に親しんでいただけると思います。そして、もうひとつが音楽です。今回も植松伸夫さんの新曲で、全部で4分以上ある曲の前半部分を使用しています。心に残るずはらしい楽曲になっています。

――その植松伸夫さんが手掛けた楽曲をフルバージョンで聴く機会は、今後設けられるのでしょうか?

和田 そうですね。作りたいと思っています。サウンドトラックの発売やWeb上での試聴などができたらいいなと考えています。あと、2012年の末に欧州で植松さんのコンサートツアーがあったのですが、そこで前回の映像で使用したメインテーマにあたる楽曲を生演奏していただいていたようなので、そういう意味では植松さんのコンサートに行くと、フルバージョンを聴くことができると思います。

――『HOMETOWN STORY』の現在の進捗状況を教えていただけますか?

和田 全体としては5~6割の完成度となっています。ただ、部品と言いますか、シナリオやゲームのメインシステムとなる、お店を大きくしていく部分は出来上がっているので、あとはたくさんのキャラクターが実際にゲームの中に登場して、どういう風に物語が展開していくのかといったところの調整ですね。群像劇のようなものなので、いろいろなエピソードがあちこちで同時に進行しても矛盾が起こらないように、チューニングする作業になります。

――では、最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

和田 前回の映像も今回の映像も、基本的には欧米に向けて制作しています。英語字幕であるなど、日本のユーザーさんにはいまいちピンとこないかなもしれませんが、数ヵ月後には日本での正式な発表が行えると思います。その際には詳しいゲーム内容やキャラクター、ストーリーなどを、できるだけ皆さんにわかりやすくお伝えしたいと考えていますので、楽しみに待っていてください。


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『HOUNDS』 スキル成長システム実装アップデートが12月26日に実施決定 

DMMゲームズは、PC用オンラインゲーム『HOUNDS』において、次回大型アップデートを2014年12月26日(金)に実施することを発表した。また、公式サイトにてアップデート予告ページが公開。

『モンスト』ver3.3アップデートで“わくわくの実”の一部効果上方修正や新種追加

『モンスターストライク』の公式サイトにて、新たな“わくわくの実”追加などのver3.3のアップデート情報が公開された。

舞台『逆転裁判2』メインキャストが解禁! 成歩堂役に渡辺大輔、御剣役に和田琢磨

2015年4月29日(水・祝)より東京・六本木の俳優座劇場で上演予定の舞台『逆転裁判2 ~さらば、逆転~』について、メインキャストが公開された。

PS Vita『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』 スペシャルイラスト仕様の予約特典アイテムが公開!

フリューは、2015年2月26日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『結城友奈は勇者である 樹海の記憶』の公式サイトにて予約特典イラストを公開した。

カードゲームマシン『モンスターハンター スピリッツ』のロケテが都内4店舗で開催決定!

カプコンとマーベラスは、2015年春稼動予定のカードゲームマシン『モンスターハンター スピリッツ』のロケーションテストを、2014年12月20日(土)、21日(日)に東京都近郊の4店舗にて実施する。

【新作】サクセスを搭載したスマホ版最新作『実況パワフルプロ野球』

KONAMIから『実況パワフルプロ野球』シリーズで人気の選手育成モード“サクセス”を搭載したスマホ向け最新作『実況パワフルプロ野球』のAndroid版の配信がスタート! iPhone版も今冬配信予定だ。また、Android版配信に合わせてファミ通のwiki&Twitterもオープン!

“ファミ通アワード2014”投票受付が本日(12月18日)より開始!

2014年に発売、配信されたゲームの中からその年を代表するものをゲームファンの投票によって選ぶ、“ファミ通アワード2014”の投票受付がスタート!

『モンスターハンター4G』著名人考案のオトモアイルー配信企画、第2弾は『カプコンTV!』でおなじみのあのふたり

カプコンは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター4G』について、著名人ハンター考案のオトモアイルー配信企画第2弾として、『カプコンTV!』に出演しているアメリカザリガニ・平井善之と池田ショコラのオリジナルオトモアイルーを配信開始した。

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』追加プレイアブルキャラクター“レオ=ホワイトファング”が配信開始 期間限定の無料追加カラーも登場

アークシステムワークスは、プレイステーション3/プレイステーション4版『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』において、追加プレイアブルキャラクター“レオ=ホワイトファング”を、本日2014年12月18日より配信開始した。また、追加プレイアブルキャラクター“エルフェルト=ヴァレンタイン”および、ダウンロードコンテンツ“キャラクター追加カラー”各種の配信も開始。

『レイダース5』が“アーケードアーカイブス”シリーズで配信開始 シューティングとパズルを融合させた独特のゲームを楽しもう

ハムスターは、本日(2014年12月18日)より、プレイステーション4用ダウンロードソフト『アーケードアーカイブス レイダース5』を配信開始。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク