『デビルサバイバー2』プロジェクトが新たに始動! ティザーサイトオープン、アニメ化決定&コミカライズ連載開始

アトラスは、『デビルサバイバー』シリーズの第2作目となる『デビルサバイバー2』プロジェクトを新たに始動。同時に公式ティザーサイトをオープンした。テレビアニメ化も決定、それに先駆け、コミカライズが月刊『Gファンタジー』1月号(12月18日発売)より毎月連載開始!

●MBSほかアニメイズム枠にて放送開始予定

ds201.jpg

 アトラスから好評発売中のニンテンドーDS用ソフト『デビルサバイバー2』が、『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』としてテレビアニメ化されることが決定した。

 ヤスダスズヒトの手掛けるキャラクターデザインや、その世界観が高く評価され人気を博したRPG『デビルサバイバー』シリーズ。その第2作となる『デビルサバイバー2』がアニメ化される。放送は2013年4月を予定。MBSほかアニメイズム枠で放送予定とのことだ。監督を務めるのは、『神様ドォルズ』や『Persona4 the ANIMATION』などの岸誠二氏、シリーズ構成を『聖痕のクェイサー』シリーズや『これはゾンビですか?』などを手掛けた上江洲誠氏が担当。音楽は、『仮面ライダーW』や『ガン×ソード』などの中川幸太郎が手掛ける。今回は、キャラクター設定画も公開されたので、そちらも掲載する。

■世界観
何が正義で、何が悪なのだろうか……?
突然訪れた極限状態の日本。
その背景には日本全土を絶望の淵に叩き落して行く“謎の侵略者”セプテントリオンの存在が!
これは人間への試練なのだろうか!? 残酷で壮絶な現実に翻弄される人々と
悪魔と契約し“謎の侵略者”と戦う力を得た個性豊かな“13人の悪魔使い”たち。
これはそんな極限状態に置かれた人々の“葛藤と選択”の物語。
世界の終末まで、あと7日。
その選択が未来を創る……。


■久世響希(クゼ ヒビキ)/18歳
ごくごくふつうの高校3年生。模擬試験の帰り道、地下鉄のホームで事件に巻き込まれたことをきっかけに悪魔使いとして覚醒し悪魔を使役する力を得る。極限状態の中で、自分の意思に関わらず“謎の侵略者”との闘いに巻き込まれてゆく。やがて重大な選択を迫られることとなるのだが……。


ds203.jpg

■志島大地(シジマ ダイチ)/18歳
響希の親友で同じ学校に通う高校3年生。明るい現代っ子で、あまり物事を深く考えない。主人公と同様に地下鉄のホームで事件に巻き込まれたことをきっかけに悪魔使いとして覚醒し、悪魔を使役する力を得る。急変する状況に翻弄されるが、持ち前の明るさで響希をサポートする。


ds204.jpg

■新田維緒(ニッタ イオ)/18歳
響希らと同じ学校に通う高校3年生。才色兼備の優等生で男子生徒の憧れの的。主人公らと地下鉄の駅で出会い、そこで起きた事件に巻き込まれたことをきっかけに悪魔使いとして覚醒し、悪魔を使役する力を得る。周囲の意見に合わせる性格で、自己主張は苦手らしい。


ds205.jpg

■峰津院大和(ホウツイン ヤマト)/17歳
気象庁・指定地磁気調査部、通称“ジプス”の若き局長。ジプスの創始者一門である峰津院家の嫡男であり、17歳の若さで組織のトップとして局員を統率している。傲岸不遜な性格で、日本守護のためには手段を選ばない冷徹さも持ち合わせる。


ds206.jpg

■憂う者/年齢不詳
響希たちの前に現れる神秘的で人ならざる雰囲気を持つ謎の存在。行く先ごとに姿を見せ、響希にさまざまな問いかけをし、ときには協力、敵対することもある。


ds207.jpg

■スタッフ
監督:岸誠二
シリーズ構成:上江洲誠
音楽:中川幸太郎
制作:bridge

■放送情報
2013年4月よりMBSほかアニメイズム枠にて放送開始予定


■コミカライズも決定!

ds202.jpg

 テレビアニメ化に先駆け、『月刊Gファンタジー』(毎月18日発売/スクウェア・エニックス刊)1月号(2012年12月18日発売)より『デビルサバイバー2』のコミックが毎月連載開始。タイトルは『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』。こちらも要チェック。

漫画:汐田晴人
原作:ATLUS
脚本:上江洲誠




(C) Index Corporation/「デビルサバイバー2」アニメーション製作委員会