サイバーコネクトツー× グリー スマホゲーム新時代へ! CC2松山洋氏&グリー屋島新平氏インタビュー

ゲーム ニュース GREE
サイバーコネクトツーが、グリーとタッグを組み、スマートフォン用アクションゲーム『NIGHT RUNNER(仮題)』をリリースすることが明らかに。共同作業を行うのは初となる両社のキーマンに、今回の企画の発端や狙いを聞いた。

●新作『NIGHT RUNNER(仮題)』発表!

 サイバーコネクトツーが、グリーとタッグを組み、スマートフォン用アクションゲーム『NIGHT RUNNER(仮題)』をリリースすることが明らかに。共同作業を行うのは初となる両社のキーマンに、今回の企画の発端や狙いを聞いた。
※この記事は、週刊ファミ通2012年12月13・20日合併号(2012年11月29日発売)に掲載されたものです。


cc2b/KO5_3915.JPG

左:サイバーコネクトツー 松山 洋(まつやま ひろし)氏
.hack(ドットハック)』シリーズを始め、数々の家庭用ゲームを手掛ける。『NIGHT RUNNER(仮題)』ではプロデューサーを担当。

右:グリー 屋島新平(やしま しんぺい)氏
グリーが運営するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“GREE”でコンテンツを展開するサードパーティーと連携を取り、サービスをサポートする役割を務める。


●サイバーコネクトツーとグリー 2社をつないだ言葉は“世界”

――デベロッパーとして活動してきたサイバーコネクトツーが、初めて自身のブランドでソーシャルゲームを提供すると聞いて、かなり驚きました。この『NIGHT RUNNER(仮題)』の企画が立ち上がったきっかけを教えていただけますか?
松山 洋氏(以下、松山) 去年の夏ごろ、グリーの皆さんにお会いしたのがきっかけです。それから、1年ほどかけてお互いのことを理解し合いました。皆さんご存じだと思いますけど、サイバーコネクトツーって、面倒な会社じゃないですか?(笑)。出会ってすぐに「ゲームを作りましょう」とはならない。カプコンと『アスラズ ラース』を作ったときも、いっしょに作業をした3年のうち、最初の1年はお互いを知るために使いました。でも、今回は開発スピードも重要視されるスマートフォンのゲームですから、長い時間をかけるつもりはなかったのですが……。
屋島新平氏(以下、屋島) 1年かかりましたね(笑)。でも、それだけの時間をかけたからこそ、いまのパートナーシップを築くことができたのだと思います。

――最初に「タッグを組もう」と提案されたのは、どちらですか?
屋島 私たちです。サイバーコネクトツーさんのゲーム作りへの姿勢を見て、以前から「いっしょにお仕事をしたい」と考えていたんです。

――松山さんは、以前「ソーシャルゲームを作る気はない」とおっしゃっていましたが、どのような心境の変化があったのでしょうか。
松山 変化したものは、大きく分けてふたつあります。ひとつは世の中。もうひとつは、私自身の考えです。同じボタンをただ押すだけのソーシャルゲームは、正直に言って好きではなかったのですが、時代は変わり、やり応えのあるソーシャルゲームが作れるようになりました。スマートフォンのスペックが上がり、サイバーコネクトツーの持つ力を存分に発揮できるようになったと気づいたんです。

――では、ソーシャルゲームを提供するパートナーとして、グリーを選ばれた理由は?
松山 グリーさんは、ソーシャルゲームのプラットフォーマーの中でも、世界戦略に関して先んじています。私たちの望みは、命懸けで作ったゲームをひとりでも多くの方に遊んでいただくこと。その望みを実現するうえで、グリーさんの力をお借りしたいと思いました。
屋島 “作ったゲームを誰に遊んでもらうか”という部分について、我々とサイバーコネクトツーさんの価値観がぴったり合ったんです。

――両社とも、世界を見据えていたんですね。
屋島 はい。とはいえ、先ほども申し上げた通り、実際にゲームを作り始めるまでには、長い時間がかかりました。最初に、グリーがソーシャルゲームをどのように考えているかを松山さんにプレゼンしたのですが、僕はもう、戦々恐々としてしまって……(笑)。「ソーシャルゲームは作らない」と言っている方に、何を言えばいいんだろう、と。でも、松山さんはとてもフェアに聞いてくださったんですよね。「どこがおもしろいの?」、「どの部分が遊びなの?」と真剣に考えてくださり、そのときに改めて、「ぜひ、いっしょにお仕事をしたい」と強く感じました。
松山 我々は、今回、反省から入ったんです。これまで、家庭用ゲームを夢中になって作ってきましたが、ソーシャルゲームの分野にも、たくさんのお客さまがいることに気づきました。ならば、クリエイターとして、そのお客様たちに向けてもゲームを作るべきだと思い、屋島さんたちとお話ししながら、ソーシャルゲームについて理解を深めていきました。


cc2b/01.jpg cc2b/02.jpg

▲『NIGHT RUNNER(仮題)』イメージイラスト

●ソーシャルゲームの新たな概念“コアカジュアル”を実現

cc2b/03.bmp

――では、1年の準備期間を経て開発を始められた『NIGHT RUNNER(仮題)』についてうかがいます。ジャンルはアクションゲームとのことですが……。
松山 ど真ん中のアクションゲームです。感覚は、サイバーコネクトツーの初期作品……『テイルコンチェルト』や『サイレントボマー』に近いですね。操作はカンタンで、ド派手なアクションが楽しめるという、サイバーコネクトツーらしさは健在です。ゲームがおもしろい、だから人に自慢したくなる、人とつながりたくなる。そんな仕組みを目指しています。我々は、この概念を“コアカジュアル”と呼んでいるんです。

――コアカジュアルの意味について、詳しく教えていただけますか?
松山 ソーシャルゲームのお客様は、カジュアルに楽しまれている方が多いですよね。対して、我々が作ってきた家庭用ゲームはコア。これからは、このカジュアルとコアのバランスが重要になると思います。本作では、最初にコアなアクションがあって、その先にカジュアルな人とのつながりが待っている。だから、コアカジュアルなんです。逆に、遊びの敷居が低くて、その先にコアなゲームが待っているパターンもある。それは、“カジュアルコア”と呼んでいるものです。
屋島 ソーシャルゲームやスマートフォンゲームは、つぎの世代が望まれている段階に来たと思っています。遊びの本質は変わらなくても、その遊びをどう見せるかが変わってくる。その中で、コアカジュアルやカジュアルコアは、とても新しい概念だと思います。広く受け入れられるかはわかりませんが、だからこそやる価値がある。チャレンジではありますが、安心もしています。サイバーコネクトツーさんが遊びにこだわって作っている以上、絶対につまらないものにはなりませんから。

――そのお話を聞いて、早く遊びたくなってきましたが、気になるリリース時期はいつごろなのでしょうか?
松山 年明けから、世界各地で順次リリースしていきます。カナダやオーストラリア、北米を経て、満を持して日本で配信予定です。

――楽しみにしています。それでは、最後に読者へのメッセージをお願いします。
松山 我々が初めて“サイバーコネクトツー”の名前で勝負する以上、中途半端な作品にはしません。誰もが気軽に楽しめるスマートフォンの世界で、新しい挑戦を、新しいパートナーとともに行うことを、ここに宣言します。
屋島 『NIGHT RUNNER(仮題)』は、サイバーコネクトツーさんらしい遊びが詰まった、すばらしい作品です。ぜひ遊んでください!


■昼は逃亡。夜は反逆。光に背を向けし逃亡者は、闇に住まう夜の支配者。
プレイヤーが操作するのは、“夜の住人”リリー・マルレーン。昼は、夜の住人を追う“神の軍勢”から逃亡するアクションが楽しめる。夜になると、リリーの本性が解放され、天使を攻撃できるようになる。

基本プレイ料金は無料で、アイテム課金制を導入予定。ディレクターは『アスラズ ラース』の下田星児氏。


cc2b/04.jpg cc2b/05.jpg cc2b/07.jpg cc2b/06.jpg

リリ(リリー・マルレーン)
本作の主人公。いたずら好きの少女。夜を支配する月の力を宿している。神軍にうっかり捕まってしまったが隙をみて逃亡。

アンディ(アンデルセン)
天罰である雷の力を使いこなし、民衆から光の神子として崇められる少年。神軍を率いて執拗に夜の住人を追い回す。

ドミンゴ(ドミンゴ級天兵)
神軍の天兵。その巨体で逃亡者の行く手を阻む。階級は最も低い第12位下級天兵。

エクシア(エクシア級天兵)
神軍の天兵。機動力に長け、そのスピードを活かして逃亡者を追い詰める。階級は第11級下級天兵。

■画面写真


cc2b/08.bmp cc2b/09.bmp cc2b/10.bmp

▲天使の追撃や障害物をかわして逃げる昼パート。

cc2b/11.bmp cc2b/12.bmp cc2b/13.bmp
cc2b/14.bmp cc2b/15.bmp cc2b/16.bmp

▲天使に反撃する夜パート。

cc2b/17.bmp cc2b/18.bmp


(C) CyberConnect2 Co., Ltd. ※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ZODIAC(ゾディアック)』制作発表会リポート 開発陣の根底にあるのはJ・RPGへのリスペクト【TGS 2014】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014に出展している、フランスのメーカー“Kobojo”が開発を進めているマルチプラットフォーム向けRPG『ZODIAC(ゾディアック)』。同作に参加している野島一成氏や崎元仁氏らも出席した制作発表会の模様をお届けしよう。

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目【TGS2014】

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目となった。

『The World II』が気になったのでプロデューサーに聞きました【TGS 2014】

インディーゲームコーナーの一画で、ひときわ目立っていた『The World II』。どんなゲームか、プロデューサーにあれこれ聞いてきました。

復興支援を目的とする福島Game Jamに注目【TGS 2014】

IGDA日本と呼ばれる特定非営利活動法人の国際ゲーム開発者協会が、“30時間で50作品以上”のゲームを製作に挑戦。

『レゴ』シリーズ最新作や新作ゾンビゲームの情報も! ワーナーエンターテイメントのメディア発表会をリポート【TGS 2014】

東京ゲームショウ 2014の開催に合わせ、ワーナー エンターテイメントによる新作プレゼンテーションが行われた。

群馬旋風再び!? レトロ風シューティングでご当地巡礼【TGS 2014】

ご当地ゲームとして一部巷を騒がした株式会社ヒューガの『群馬から来た少女』。その改訂版『群馬から来た少女・改』がついに登場。

回線落ちも怖くない! 最大4人の共闘アクション『プロジェクト・ブラックペッパー』【TGS 2014】

光星が開発中の本格ボスハンティング『プロジェクト・ブラックペッパー』をプレイ。

雪をも溶かす? ペンギンたちの熱き戦い【TGS 2014】

2014年9月24日にリリースが決まっているLink Kitのタワーディフェンスゲーム、『SNOW WORLD』をインディーゲームコーナーで発見。

元ワープのメンバーが開発した『スゴロクネコランド』がトランスコスモスに出展【TGS 2014】

トランスコスモスブースでは、『戦国ディフェンス』のアップデートデータの先行体験や、開発中タイトル『スゴロクネコランド』がプレイアブル出展。

スクエニ新サービス”DIVE IN”で『FFXIII』がスマホでなめらかに動いた!【TGS 2014】

東京ゲームショウ2014のスクウェア・エニックスブースに展示されている、DIVE INをプレイしてみた。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク