『真・女神転生IV』“サムライ”に選ばれた主人公の宿命

アトラスは、週刊ファミ通2012年11月29日号(2012年11月15日発売)において、2013年発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生IV』の最新情報を公開。主人公たち“サムライ衆”に関係する世界、登場人物、そして各種システムの新情報を明かした。

●ガントレットに選ばれし主人公の行く先に待つものは――

 アトラスは、週刊ファミ通2012年11月29日号(2012年11月15日発売)において2013年発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生IV』の最新情報を公開。主人公たち“サムライ衆”に関係する世界、登場人物、そして各種システムの新情報を明かした。 以下、記事内容を一部抜粋してお届けする。



 現代の東京を舞台にした世界設定と、さまざまな悪魔を使役する背徳的なシステムが、20年来の人気を博してきた『真・女神転生』シリーズ。完全新作となる『IV』の物語は、前作までとは一線を画する中世ヨーロッパのような文明を持った“東のミカド国”で幕を開ける。そんな本作の、主人公が“サムライ衆”の一員になるまでのいきさつと、関係するふたりのキャラクター、探索やバトルに関する基本的なシステムを紹介していこう。サムライ衆と悪魔の関係や、いかに……?


●主人公と同じくサムライに選ばれたのは、夢の中で出会った少年たち……?

 本作の主人公は、東のミカド国で暮らしている18歳の少年。彼はあるとき、夢の中で啓示を受ける──「もはや汝の成す選択は汝のためのみに非ず。世界を作るため、汝は歩まねばならぬのだ」。夢から覚めた彼は、民の中からサムライが選出される“ガントレットの儀式”へ向かう。そこで彼と同様に選ばれたのは、夢の中で出会った少年たちだった。この日を境に、彼らの人生は非日常へと向かう……。


サシカエ01.jpg
サシカエB.jpg サシカエ03.jpg

●“カントー”の大地にある東のミカド国

 時はグレゴリ歴1492年。カントーと呼ばれる緑豊かな大地に、東のミカド国はある。“アハズヤミカド王”が治めるこの国は、王やサムライ衆が居するミカド城を中心に建てられ、その様相はまさに城塞都市。城下町を区切る高い壁には、何らかの意図があるのだろうか?


サシカエ05.jpg サシカエ06.jpg

●秘密裏に行われるサムライ衆の悪魔退治

 ガントレットの儀式で選ばれ、宮仕えの身となるサムライ衆。彼らのおもな任務は、悪魔の脅威から東のミカド国を守ることだ。悪魔の存在はサムライ衆を含む限られた者だけに知らされており、主人公たちも秘密裏に任務をこなしていく。


サシカエ12.jpg サシカエ14.jpg サシカエ18.jpg

▲自身と“仲魔”の力で倒すべき敵に立ち向かう。

▲ときには悪魔を仲間に誘い……。

▲“悪魔合体”で強い悪魔を作る

c-ホープ.jpg c-イサカル.jpg

▲ホープ(声:中井和哉)
サムライを率いる長
新たにサムライとなった主人公たちは、ホープという名のサムライ頭から指導を受ける。任務にはきびしいが、規則に縛られない一面もあり、守るべき民の想いを大切にしている男だ。彼は、主人公たちの戦いにどう絡むのだろうか?

▲イサカル(声:前野智昭)
幼なじみにして兄貴分
主人公と同じ“キチジョージ村”の出身で、18歳の少年。ガントレットの儀式を受けるため、幼なじみの主人公とともにミカド城を訪れる。彼は、サムライになることを強く願っているようだが、果たして選ばれることができるのだろうか?

※詳しくは週刊ファミ通2012年11月29日号(2012年11月15日発売)をチェック



真・女神転生IV
メーカー アトラス
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2013年発売予定
価格 未定
ジャンル RPG / ドラマ
備考 シナリオ原案&シリーズ悪魔デザイン:金子一馬、ディレクター:山井一千、キャラクターデザイナー:土居政之

(C)Index Corporation 1992,2012 Produced by ATLUS ※画面は開発中のものです。 ※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。