高橋名人がゲームプレゼンテーターとしてMAGES.に入社!

ゲーム ニュース
株式会社MAGES.が2012年10月より“高橋名人”こと高橋利幸氏が、ゲームメーカーの垣根を越えたゲームプレゼンテーターとして同社に入社したことを発表した。

●ゲームメーカーの垣根を越えたゲームプレゼンテーターとしてMAGES.所属タレントに

 株式会社MAGES.が2012年10月より“高橋名人”こと高橋利幸氏が、ゲームメーカーの垣根を越えたゲームプレゼンテーターとして同社に入社したことを発表した。以下、リリースより抜粋。


meijin01.jpg

■高橋名人の株式会社MAGES.入社について

meijin02.jpg

 高橋名人こと高橋利幸氏は、1985年よりファミコン名人として著名となって以降、ビデオゲーム業界を代表する一人として、業界の内外を問わず活躍してまいりました。

 2011年5月にそれまで在籍していたゲームメーカー、株式会社ハドソン(当時)を退職。以降はゲームメーカーの垣根を越えたゲームプレゼンテーターとして、ニコニコ生放送で公式ゲーム情報番組として配信している「ゲッチャ!」を中心にビデオゲームをPRしています。

 ファミコンブーム時の人気とその影響力から確立した、現在まで通じるゲーム業界内にとどまらないその知名度を活かし、株式会社MAGES.入社後も一社のゲーム広報としてではなく、これまで通りゲーム業界を代表する一人として、ボーダーレスに“ビデオゲーム”を内外へとプレゼンテーションしてまいります。

 これは、今や一大エンターテインメントであり、且つクリエイターの表現媒体として、単なる娯楽にとどまらず、多くのプレイヤーの感動を覚え、感銘を与え、心情に訴える数々の名作を生み出し、コミック、アニメーションに続き、世界に誇れる文化として成長している“ビデオゲーム”の発展の為、尽力することを意味しています。

 気楽に楽しく遊べるゲーム、深く味わうように楽しむゲーム、ときには熱く熱中し、ときには静かに夢中になり、友人同士や親子、家族での絆を深めるコミュニケーションツールとしても、多くの可能性を秘めている“ビデオゲーム”。

 高橋名人は親しみを込めて問いかけます。
「ビデオゲーム遊んでる?」

 株式会社MAGES.は、高橋名人とともに日本の文化“ビデオ ゲーム”に尽力します。


■ゲーム情報番組「ゲッチャ!」リニューアルのお知らせ

 高橋名人のMAGES.入社を機に、高橋名人が司会を務めているゲーム情報番組「ゲッチャ」がリニューアルいたします。番組をHD化し、現在のゲーム機の美麗なグラフィック表現を十二分に紹介できるようビジュアル的にグレードアップいたします。番組はこれまでの2倍の2時間枠となり、ゲームの魅力を存分にお伝えします。リニューアル第1回めは2012年10月12日(金)20時からスタート予定。生放送でお届けいたします。

■「ゲッチャ!」
ニコニコ生放送にて配信 毎週金曜日20:00~22:00


meijin03.jpg

■高橋利幸(高橋名人)プロフィール
本名:高橋利幸 Toshiyuki Takahashi
生年月日:1959年5月23日
出身:北海道札幌市
1982年8月 ハドソン入社
2011年6月 株式会社ゲッチャコミュニケーションズ入社
2012年10月 株式会社MAGES.入社
ハドソン時代。ゲームの営業から開発まで様々な業務に携わるなか、1985年に開催された「第1回全国キャラバンファミコン大会」のイベントにて「名人」の称号を確立。以降、当時のファミコンブームを追い風に「ファミコン名人」としてTV・ラジオ・映画に出演。一世を風靡し、子どもたちのヒーローとして大人気を博した。高橋名人をキャラクターに使用したゲームに「高橋名人の冒険島」シリーズがある他、関連書籍、レコード、CDなども多数。また映画出演やそのキャラを主人公にしたアニメも放送された。現在はゲームプレゼンテーターとして、様々な活動を行っている。



この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンでき。』特別企画Vol.60 夏の終わりの漢字テスト!

『モンでき。』特別企画の漢字テスト、最終回!

「バカテス」のnamo先生の! 新作告知っ!!

「バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。」を 描かれていたnamo先生の、新連載が明日からスタートです! 目つきの悪さにコンプレックスを感じる主人公くんと… ミステリアスなヒロインさんとの…

「狼少年は今日も嘘を重ねる」が新連載!もちろん「艦これ 吹雪、がんばります!」や「ダイショーグン」など続きが気になる最新話も公開!

こんにちはっ! あんこ弐号です。 この前、久しぶりに知り合いからメッセージが届いたんですが、口調がずいぶん馴れなれしい……!? と思っていたら「某プリペイドカード買ってきて」の文面が!! これがウワサの“なりすまし”か~! 基本煽っていかないスタイルなので、とりあえず無視……。

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通限定のカラーバリエーションを全員公開! 発売お祝いイラストの第3弾(モタさん)も!

週刊ファミ通2014年8月28日発売号では、同日発売の『P4U2』を大特集。本誌限定のダウンロードコンテンツ付録もお見逃しなく!

【今週の週刊ファミ通】『零 ~濡鴉ノ巫女~』3人の主人公と、注目のゲームシステムを紹介(2014年8月28日発売号)

2014年9月27日に発売される、和風ホラーアドベンチャー『零(ゼロ)』シリーズ最新作『零 ~濡鴉ノ巫女(ぬれがらすのみこ)~』。週刊ファミ通9月11日号(8月28日発売)の記事では、本作の舞台となる霊山“日上山(ひかみやま)”と、プレイヤーが操作する3人の主人公を紹介!

【今週の週刊ファミ通】もうひとつの『アサシン クリード』がここに! 新しい主人公はなんと“アサシン・ハンター”!! 『アサシン クリード ローグ』(2014年8月28日発売号)

2014年8月28日発売の週刊ファミ通では、『アサシン クリード ユニティ』と並行して開発が進められているプレイステーション3向けソフト『アサシン クリード ローグ』の記事を掲載。

『龍が如く0 誓いの場所』舞台となる時代と主人公に注目!

セガは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、プレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『龍が如く0 誓いの場所』の最新情報を公開した。

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』大人気小説を原作にしたRPGが始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、 スマートフォン対応のRPG『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』の最新情報を公開した。

坂口博信氏の新作RPG『テラバトル』はどんなゲームなのか? ついにそのすべてが明らかに!

ミストウォーカーコーポレーションは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、スマートフォン向けRPG『テラバトル』の最新情報を公開した。

【週刊ファミ通・イラストコラム】『ネプテューヌ』シリーズのキャラクターデザイナー・つなこ氏が入社したキッカケとは……?(2014年8月28日発売号)

ゲームへの思いをイラストで自由に語っていただく、週刊ファミ通の連載コラム“ゲームのことを思い描く”。第7回のゲストは、『超次元アクション ネプテューヌU』のキャラクターデザインなどで知られる、つなこ氏だ。

特集記事

週間 販売ランキング

  • 2位
  • Vitaバレットガールズ
  • 販売 31487

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク