『キングダム ハーツ -HD 1.5 リミックス-』HDでよりキレイになった画面写真と野村哲也氏のインタビューをお届け

ゲーム プレイステーション3 ニュース
今年が生誕10周年の『キングダム ハーツ』が、満を持してHDリマスター化される。その内容を、画面写真と、ディレクターである野村哲也氏のインタビューから紐解いていこう!

●HDで新たな扉が開かれる

新しいフォルダ (3)/KHHD_logo.jpg

 世界中の人々に愛されているアクションRPG、『キングダム ハーツ』(以下、『KH』)シリーズ。HDとなり、プレイステーション3用ソフトとして2013年に発売される『KH -HD 1.5 リミックス-』では、現在明かされている7つの物語のうち、『KH ファイナル ミックス』と、『KH Re:チェイン オブ メモリーズ』がHDリマスター化される。さらに、『KH 358/2 Days』を映像化した作品も収録! 早速、より美しく生まれ変わった、各作品の最新画像をチェックしていこう。シリーズ作のディレクターである野村哲也氏のインタビューも、お見逃しなく。


■キングダム ハーツ ファイナル ミックス

 シリーズの主役であるソラと、ドナルド&グーフィーが、さまざまなディズニーのワールドを巡る『KH』。2002年3月に発売されたこの作品は、同年12月に北米版をベースとして要素を追加したほか、英語ボイスを収録し、『KH ファイナル ミックス』として凱旋した。『KH -HD 1.5 リミックス-』では、この『ファイナル ミックス』版をHDリマスター化。英語だったボイスは日本語になる。


新しいフォルダ (3)/KH02_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/KH06_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/KH05_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/KH03_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/KH04_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/KH01_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/KH_battle01_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/KH_battle02_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/KH_battle03_FIX.jpg

■キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ

 『KH』の冒険の後、ソラとドナルド、グーフィーは、進めば進むほどに記憶を失う“忘却の城”に足を踏み入れる……。今回、HDリマスター化される『KH Re:チェイン オブ メモリーズ』は、2007年発売の『KHII ファイナル ミックス』に同梱された作品。2004年にリリースされたゲームボーイアドバンス用ソフト『KH チェイン オブ メモリーズ』の3Dフルリメイク版。


新しいフォルダ (3)/ReCOM03_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/ReCOM02_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/ReCOM04_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/ReCOM01_FIX.jpg

■キングダム ハーツ 358/2 Days

 『KH 358/2 Days』の主人公は、『KHII』で重要な役割を果たすことになる少年、ロクサス。彼と、その世話役であるアクセル、そして新たに“XIII機関”へ加入した、少女シオンの物語が綴られる。『KH -HD 1.5 リミックス-』では、『KH 358/2 Days』のメインストーリーを映像化し、新たにボイスが吹き込まれた映像作品を鑑賞できるのだ。


新しいフォルダ (3)/Days01_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/Days02_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/Days03_FIX.jpg

●キングダム ハーツ for PCブラウザ(仮題)

 『KH -HD 1.5 リミックス-』と同じく、東京ゲームショウ2012で発表された、基本無料のPCブラウザ向けオンラインゲーム『キングダム ハーツ for PCブラウザ(仮題)』。プレイヤーは自分の分身となるアバターをカスタマイズし、ディズニーのワールドを冒険する。クエストをこなしたり、仲間と協力して敵を倒すなどの要素があるようだが?


新しいフォルダ (3)/KHPC_A_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/KHPC_C_FIX.jpg
新しいフォルダ (3)/KHPC_E_FIX.jpg 新しいフォルダ (3)/KHPC_B_FIX.jpg

●ディレクター野村哲也氏に訊く『KH -HD 1.5 リミックス-』

――『KH -HD 1.5 リミックス-』をリリースされることになった経緯をお聞かせください。

野村哲也氏(以下、野村) 現在まで続いているシリーズ作は、内部設定上、“ダークシーカー編”(※)という作品群なのですが、その完結へ向け、まず『KHII』にいたるまでの物語をまとめておきたいなと。

――おさらいの意味が強いんですね。ゲームの内容に、追加や変更は?

野村 ゲームの2作品は、トロフィーに対応しています。トロフィーは、オーソドックスなものからやり込めるものまで、幅広くご用意する予定です。また、『KH』に関しては、操作を多少『KHII』に寄せた仕様に変更しています。メインキャラクターのモデルも、一部最新のものに差し替えていますね。

――『KH 358/2 Days』を、ゲームとしてではなく、映像作品としてリメイクした理由とは?

野村 じつは、『KH Re:チェイン オブ メモリーズ』(以下、『KH Re:CoM』)のように、フルリメイクも考えていたんです。ですが、それを始めてしまうと、新作に着手するのがかなり遅れてしまうので、これまでのシリーズにあった“シアターモード”のような形での収録となりました。メインストーリーの約70%をカットシーン化し、ボイスも新規収録して、約100シーンを現在制作中です。最初から最後まで観れば、『KH 358/2 Days』のお話がわかるようになっています。ゲームとは違う形ですが、楽しんでいただけると思いますよ。

――シリーズ初となる、PCブラウザ用の『KH』について、もう少し教えていただけますか?

野村 これは、ストーリーが強調される作品ではないのですが、仕掛けは当然用意しています。とはいえ、今回はシリーズで初めて、本編とはまったくの別物として楽しめる内容なので、シリーズ初心者の方も気軽に遊んでいただければと。バトルは、『KH Re:CoM』とはまた違ったカードバトルで、シンプルな操作で派手に動くものを目指しています。このタイプのゲームは、カスタム性が重要だと思うので、そのあたりに新しい要素を入れ込んでいます。

――ちなみに、『KHII』以降の物語のHD版は?

野村 ないと不自然ですよね(笑)。

――期待しています! では、最後にユーザーの皆さんへ、メッセージをお願いします。

野村 これまでのシリーズは、ハードがバラバラでしたし、シリーズを知ったときには、すでに『KHII』など続編が出ていて、手に取りづらかったという方もいると思います。『KH -HD 1.5 リミックス-』では、物語を最初から、しかもHD画質で楽しめますので、未プレイの方は、この機会にぜひ遊んでみてください。すでにシリーズ作を遊んでくださっている方も、時系列に沿って見直すことで、続編への伏線や共通するセリフなど、新たな発見があると思います。この作品が、“再スタート”となれば幸いです。



※ダークシーカー編……以前、週刊ファミ通のインタビューでは“ゼアノート編”という表現で語られていた、闇の探究者ゼアノートをひとつの軸とするシリーズ作全般のこと。“ダークシーカー編”は、企画書に当初からあった、その正式名称。




(C)Disney. Developed by SQUARE ENIX

※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

最先端のテレビはここまで進化している! “スーパーハイビジョンとゲームコンテンツ”リポート【CEDEC 2014】

2014年9月2日~4日の3日間、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が開催。2日に行われたセッション“スーパーハイビジョンとゲームコンテンツ”のリポートをお届けしよう。

ファミ通ドットコムに“Xbox One”が到着! セットアップ体験記

いよいよ2014年9月4日に発売が迫った新ハード・Xbox One。ファミ通ドットコム編集部にも、ひと足早く待望の国内版1号機が到着した! 編集部有志はさっそくセットアップ作業を開始。“開封からメニュー画面が表れるまで”をインプレッションを交えながら体験記風にまとめてみたぞ!

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通で先行入手できる追加BGMは“時価ネットたなか”!?

週刊ファミ通2014年9月18・25日合併号(9月4日発売)では、ダウンロードコンテンツ付録として特別なBGMが先行ダウンロードできるぞ!

これまでのスマゲPVを凌駕する『ケイオスIII』オフィシャルPVが公開

『ケイオスリングスIII』。同作のオフィシャルPVが公開された。

世界を牽引する日本のゲームアプリ市場 売上は米国の2倍【CEDEC 2014】

CEDEC会場でApp Annieの桑水悠治氏が「日本と海外のモバイルアプリ、ゲームのトレンド」というテーマで講演。日本国内市場とグローバル市場とのデータを比較し、現在市場がどのような動きを見せているかを解説した。

Unity5の新要素公開!ゲームエンジンは新たな局面へ【CEDEC2014】

"Unity5"に関して「Unity5からその先の話」という講演を行ったのは、ユニティ・テクノロジーズジャパン合同会社の大前広樹氏。本記事ではその内容をお届けする。

新型Kinectセンサーはここまで進化している 人の生活を豊かにするNUIの真髄に迫る【CEDEC 2014】

“CEDEC 2014”開催初日の9月2日に、日本マイクロソフトによる“Kinect update 2014 ~テクノロジーは希望を与えてくれる~”が行われた。

わずか2ヶ月でリアルタイムバトルを実装可能に! 『聖剣RoM』で見せたPhoton Serverの実力とは?【CEDEC 2014】

9月2日(火)に"CEDEC 2014"で行われたセッション、"リアルタイム通信が劇的に簡単に! 『聖剣伝説 RISE of MANA』がPhotonで実現したもの"に関するリポートをお届け。

『パズドラ』一部のスペシャルダンジョンや降臨ダンジョンが常設される?

『パズドラ』のスペシャルダンジョンや降臨ダンジョンの一部がノーマルダンジョンとテクニカルダンジョンに常設されるらしい。

『剣と魔法のログレス』 スマホ時代のMMORPGを支える技術に迫る【CEDEC 2014】

2014年9月2日~4日の期間、パシフィコ横浜で開催されているCEDEC2014。初日に行われた『剣と魔法のログレス いにしえの女神』のセッションの模様をお届けする。

特集記事

週間 販売ランキング

  • 2位
  • Vitaバレットガールズ
  • 販売 31487

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク