日本ゲーム大賞2012フューチャー部門11作品が決定【TGS 2012】

ゲーム ニュース TGS2012
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2012年9月23日、日本ゲーム大賞2012フューチャー部門の受賞作品を発表した。

●ゲームショウ来場者が期待している作品は……?

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2012年9月23日、日本ゲーム大賞2012フューチャー部門の受賞作品を発表した。

 日本ゲーム大賞2012フューチャー部門は、東京ゲームショウ2012にて発表、出展された未発売作品を対象に、ゲームショウ会場内で来場者投票を実施。その後、日本ゲーム大賞選考委員会の審査を経て、今後を期待される作品が選出されたものだ。
 受賞した11作品は以下の通り。

◆逆転裁判5
株式会社カプコン/ニンテンドー3DS
◆ゴッドイーター 2
株式会社バンダイナムコゲームス/PSP、PS Vita
◆ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
株式会社バンダイナムコゲームス/PS3
◆SOUL SACRIFICE
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント/PS Vita
◆テイルズ オブ エクシリア 2
株式会社バンダイナムコゲームス/PS3
◆BIOHAZARD 6
株式会社カプコン/PS3、Xbox 360
◆ファンタジーライフ
株式会社レベルファイブ/ニンテンドー3DS
◆ブレイブリーデフォルト
株式会社スクウェア・エニックス/ニンテンドー3DS
◆METAL GEAR RISING REVENGEANCE
株式会社コナミデジタルエンタテインメント/PS3
◆モンスターハンター4
株式会社カプコン/ニンテンドー3DS
◆龍が如く5 夢、叶えし者
株式会社セガ/PS3


00.JPG 01.JPG

02.JPG

■『逆転裁判5
約5年ぶりの新作に、多くのファンが期待しての受賞となった『逆転裁判5』。登壇したのはカプコンの江城元秀プロデューサーと、山﨑剛ディレクター。江城氏は「『逆転裁判5』の開発にあたり、大きなプレッシャーがありましたが、このように支持をいただけて本当にうれしいです」と述べた。『逆転裁判5』は先日発表されたばかり。「新しいライバルなどをこれから紹介していきたい」とのことなので、楽しみにしていよう。


03.JPG

■『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)
前作からさらなるパワーアップと、PSP、PS Vitaでのマルチプレイに期待が寄せられての受賞となった『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)』。バンダイナムコゲームスの富澤祐介プロデューサーとバンダイナムコスタジオの吉村広ディレクターが登壇。富澤氏は「『ゴッドイーター』らしさとは何かを考え続けながら、これからも開発していきます。この受賞を励みにがんばります」とコメントした。


04.JPG

■『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、ジョジョファンからの大きな期待を集めての受賞。チーフプロデューサーの佐々木夕介氏は、「受賞を聞いた瞬間、全員でジョジョ立ちをし、全身で喜びを表しました。ジョジョ好きが集まっているゲームですので、ご支援よろしくお願いします」と語った。

 なお、本作を開発しているサイバーコネクトツーの松山洋氏は、ちょうど同じ時間にバンダイナムコゲームスステージで本作のステージイベントに出演していたため、残念ながら授賞式には参加できなかった。


05.JPG

■『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)
サウンド、グラフィック、斬新なゲームデザインに大きな期待が寄せられた『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』。ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ JAPANスタジオ プロデューサー 本村健太郎氏、稲船敬二氏(comcept)、マーベラスAQLのスタッフらが登壇した。本村氏は「代償がテーマになっている本作ですが、スタッフがさまざまな代償を支払って開発に励んだおかげで、今回の賞を得られました」と受賞の喜びを語った。


06.JPG

■『テイルズ オブ エクシリア2
テイルズ オブ エクシリア』の続編として、多くのユーザーからの支持を得た本作。バンダイナムコスタジオの馬場英雄プロデューサーは、「ユーザーの皆さんに選ばれて賞をいただけるのは、開発スタッフとしていちばんうれしいことです。20周年に向けて気を引き締めていきます」と、感謝と意気込みを表した。


07.JPG

■『バイオハザード6
ハリウッド映画なみのスケール・ボリューム、クオリティーの高さでユーザーの票を集めた『バイオハザード6』。カプコンのエグゼクティブプロデューサー小林裕幸氏、ディレクター佐々木栄一郎氏、プロデューサー平林良章氏が登壇した。小林氏は「受賞できたのは世界中の皆さんのおかげだと思っています。早く大阪のスタッフに伝えたいです。ぜひ『バイオハザード6』遊んでください!」とアピールした。


08.JPG

■『ファンタジーライフ
女性からファミリーまで楽しめる作品として期待を集めた『ファンタジーライフ』。
レベルファイブの日野晃博氏は、「発表からずいぶん経ってしまったタイトルなのですが、開発に苦労した分、賞をいただけて非常にうれしいです」と語った。


09.JPG

■『ブレイブリーデフォルト
王道RPGでありつつも、独自の要素があるバトルシステムが評価された『ブレイブリーデフォルト』。スクウェア・エニックスの浅野智也プロデューサーは、『ブレイブリーデフォルト』は、ユーザーの皆さんといっしょにここまでこれたタイトルだと思っています。そんなタイトルが、ほかのそうそうたるタイトルに並ぶことができてうれしいです」とファンへの感謝を述べた。


11.JPG

■『メタルギア ライジング リベンジェンス
これまでのシリーズ作品にとらわれない斬新なゲームデザインがユーザーの期待を集めた本作。コナミデジタルエンタテインメントの是角有二氏、プラチナゲームズの稲葉敦志氏が登壇し、是角氏は「初めて日本でプレイアブル出展し、お客さまから「新しいメタルギアだ、本当に楽しみだ」という評価をいただけたということで、本当にうれしいです」、稲葉氏は「ようやくモノとしてお見せすることができ、少しだけほっとしております。開発は佳境ですので、この賞を励みにがんばりたいと思います」と語った。


12.JPG

■『モンスターハンター4
人気シリーズ最新作として、圧倒的な支持を得た『モンスターハンター4』。カプコンの辻本良三プロデューサー、藤岡要ディレクターが登壇し、藤岡氏は「今回、アクションゲームとして、コミュニケーションツールとして、『モンスターハンター』の世界をどう広げていくかを見直しました。その見直しを皆さんに初めて披露することになり、不安もありましたが、皆さまに支持をいただくことができました」とコメントした。

※正確に表示されない場合がありますが、辻本良三氏の“辻”のしんにょうの点はひとつです。


13.JPG

■『龍が如く5 夢、叶えし者
毎回ファンの期待に応え続ける『龍が如く』シリーズ最新作が、今回も期待を集めて受賞。シリーズ総合監督の名越稔洋氏は、「東京ゲームショウの前は、いつも胃が痛いんです。それだけ、自分自身がこのタイトルに期待しているということですし、セガブランドのベンチマークとなるタイトルだと思っているということなのですが。受賞することができて、ほっとしています」とスピーチした。


 最後に、選考委員を代表し、エンターブレインの浜村弘一代表取締役社長が講評を行った。浜村は、東京ゲームショウ2012では、「家庭用ゲーム、スマートフォンゲームが同じ土壌で披露されていた。実際、スマートフォンのゲーム、ソーシャルゲームも上位に来ていた」と語り、「来年は確実に、スマートフォンのゲームが賞に入ってくるだろう」と予測した。


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』別働隊のナゾに迫る! 特典DLC“雪女”&“わんぱく天狐3種セット”にも注目!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通2014年9月18日号では、プレイステーション Vita&プレイステーション・ポータブル用ソフト『討鬼伝 極』を徹底攻略!

【先出し週刊ファミ通】ついにXbox One発売! 魅惑の発売同時タイトル30本を徹底解説!(2014年9月4日発売号)

ついに発売日を迎えるXbox One。何と言っても気になる発売同時(ローンチ)タイトル30本の魅力をお届けします!!

【先出し週刊ファミ通】“SCEJA Press Conference 2014”で発表された新作タイトルを早くも掲載!(週刊ファミ通2014年9月4日発売号)

2014年9月1日に開催された“SCEJA Press Conference 2014”で、国内メーカーの新作タイトルが多数発表。2014年9月4日発売号では、発表タイトルをまとめて掲載。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』、『チェンクロV』、『P4U2』など、豪華DLC付録!(2014年9月4日発売号)

 週刊ファミ通9月18日・25日合併号(2014年9月4日発売)のダウンロードコンテンツ付録では、『討鬼伝 極』、『クイズバトル討鬼伝』、『チェインクロニクルV』、『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』、ファミ通のデジタル付録の5アイテムをプレゼント! 

【先出し週刊ファミ通】『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-( ギルティギア イグザード サイン)』新キャラクターのエルフェルトが公開!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通に、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』の続報を掲載! 家庭用からの新キャラクター、エルフェルトを紹介。

【先出し週刊ファミ通】2号連続特集! バンダイナムコゲームスの新作タイトルを紹介!(2014年9月4日発売号)

2014年9月18日~21日に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2014(一般日は2014年9月20日~21日)で、家庭用ゲーム機やスマートフォン用のアプリなど、数多くのタイトルを出展するバンダイナムコゲームス。週刊ファミ通では、今週から2号連続で、最新タイトルをガッツリ紹介!

【先出し週刊ファミ通】『バイオハザード リベレーションズ2』の詳細に迫る!!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通では、2014年9月1日の“SCEJA Press Conference 2014”で発表された、サバイバルホラーのシリーズ最新作『バイオハザード リベレーションズ2』の開発者インタビューを独占公開!

『チェインクロニクルV』の『まおゆう魔王勇者』コラボイベントが本日9月2日より開催

セガネットワークスは、配信中のプレイステーションVita用ソフト『チェインクロニクルV』と、ライトノベル『まおゆう魔王勇者』とのコラボイベントを本日2014年9月2日からスタートした。開催期間は9月10日までとなっている。

“JAPAN GAMER’S LIVE”各大会の優勝者やオーディション合格者が発表

セガが2014年8月30日~31日、東京ビックサイトTFTホールで開催したアーケードゲームのファンイベント“JAPAN GAMER’S LIVE”。そのイベント内で開催された大会やオーディションについて、結果が発表された。

『Sky・Lore(スカイ・ロア)』 本日9月2日よりトライアルテスト開始! 東京ゲームショウ 2014出展情報も【TGS 2014】

DMMゲームズは、新作MMORPG『Sky・Lore(スカイ・ロア)』において、本日2014年9月2日(火)より、トライアルテストを開始した。

特集記事

週間 販売ランキング

  • 2位
  • Vitaバレットガールズ
  • 販売 31487

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク