日本ゲーム大賞2012フューチャー部門11作品が決定【TGS 2012】

ゲーム ニュース TGS2012
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2012年9月23日、日本ゲーム大賞2012フューチャー部門の受賞作品を発表した。

●ゲームショウ来場者が期待している作品は……?

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2012年9月23日、日本ゲーム大賞2012フューチャー部門の受賞作品を発表した。

 日本ゲーム大賞2012フューチャー部門は、東京ゲームショウ2012にて発表、出展された未発売作品を対象に、ゲームショウ会場内で来場者投票を実施。その後、日本ゲーム大賞選考委員会の審査を経て、今後を期待される作品が選出されたものだ。
 受賞した11作品は以下の通り。

◆逆転裁判5
株式会社カプコン/ニンテンドー3DS
◆ゴッドイーター 2
株式会社バンダイナムコゲームス/PSP、PS Vita
◆ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
株式会社バンダイナムコゲームス/PS3
◆SOUL SACRIFICE
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント/PS Vita
◆テイルズ オブ エクシリア 2
株式会社バンダイナムコゲームス/PS3
◆BIOHAZARD 6
株式会社カプコン/PS3、Xbox 360
◆ファンタジーライフ
株式会社レベルファイブ/ニンテンドー3DS
◆ブレイブリーデフォルト
株式会社スクウェア・エニックス/ニンテンドー3DS
◆METAL GEAR RISING REVENGEANCE
株式会社コナミデジタルエンタテインメント/PS3
◆モンスターハンター4
株式会社カプコン/ニンテンドー3DS
◆龍が如く5 夢、叶えし者
株式会社セガ/PS3


00.JPG 01.JPG

02.JPG

■『逆転裁判5
約5年ぶりの新作に、多くのファンが期待しての受賞となった『逆転裁判5』。登壇したのはカプコンの江城元秀プロデューサーと、山﨑剛ディレクター。江城氏は「『逆転裁判5』の開発にあたり、大きなプレッシャーがありましたが、このように支持をいただけて本当にうれしいです」と述べた。『逆転裁判5』は先日発表されたばかり。「新しいライバルなどをこれから紹介していきたい」とのことなので、楽しみにしていよう。


03.JPG

■『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)
前作からさらなるパワーアップと、PSP、PS Vitaでのマルチプレイに期待が寄せられての受賞となった『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)』。バンダイナムコゲームスの富澤祐介プロデューサーとバンダイナムコスタジオの吉村広ディレクターが登壇。富澤氏は「『ゴッドイーター』らしさとは何かを考え続けながら、これからも開発していきます。この受賞を励みにがんばります」とコメントした。


04.JPG

■『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、ジョジョファンからの大きな期待を集めての受賞。チーフプロデューサーの佐々木夕介氏は、「受賞を聞いた瞬間、全員でジョジョ立ちをし、全身で喜びを表しました。ジョジョ好きが集まっているゲームですので、ご支援よろしくお願いします」と語った。

 なお、本作を開発しているサイバーコネクトツーの松山洋氏は、ちょうど同じ時間にバンダイナムコゲームスステージで本作のステージイベントに出演していたため、残念ながら授賞式には参加できなかった。


05.JPG

■『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)
サウンド、グラフィック、斬新なゲームデザインに大きな期待が寄せられた『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』。ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ JAPANスタジオ プロデューサー 本村健太郎氏、稲船敬二氏(comcept)、マーベラスAQLのスタッフらが登壇した。本村氏は「代償がテーマになっている本作ですが、スタッフがさまざまな代償を支払って開発に励んだおかげで、今回の賞を得られました」と受賞の喜びを語った。


06.JPG

■『テイルズ オブ エクシリア2
テイルズ オブ エクシリア』の続編として、多くのユーザーからの支持を得た本作。バンダイナムコスタジオの馬場英雄プロデューサーは、「ユーザーの皆さんに選ばれて賞をいただけるのは、開発スタッフとしていちばんうれしいことです。20周年に向けて気を引き締めていきます」と、感謝と意気込みを表した。


07.JPG

■『バイオハザード6
ハリウッド映画なみのスケール・ボリューム、クオリティーの高さでユーザーの票を集めた『バイオハザード6』。カプコンのエグゼクティブプロデューサー小林裕幸氏、ディレクター佐々木栄一郎氏、プロデューサー平林良章氏が登壇した。小林氏は「受賞できたのは世界中の皆さんのおかげだと思っています。早く大阪のスタッフに伝えたいです。ぜひ『バイオハザード6』遊んでください!」とアピールした。


08.JPG

■『ファンタジーライフ
女性からファミリーまで楽しめる作品として期待を集めた『ファンタジーライフ』。
レベルファイブの日野晃博氏は、「発表からずいぶん経ってしまったタイトルなのですが、開発に苦労した分、賞をいただけて非常にうれしいです」と語った。


09.JPG

■『ブレイブリーデフォルト
王道RPGでありつつも、独自の要素があるバトルシステムが評価された『ブレイブリーデフォルト』。スクウェア・エニックスの浅野智也プロデューサーは、『ブレイブリーデフォルト』は、ユーザーの皆さんといっしょにここまでこれたタイトルだと思っています。そんなタイトルが、ほかのそうそうたるタイトルに並ぶことができてうれしいです」とファンへの感謝を述べた。


11.JPG

■『メタルギア ライジング リベンジェンス
これまでのシリーズ作品にとらわれない斬新なゲームデザインがユーザーの期待を集めた本作。コナミデジタルエンタテインメントの是角有二氏、プラチナゲームズの稲葉敦志氏が登壇し、是角氏は「初めて日本でプレイアブル出展し、お客さまから「新しいメタルギアだ、本当に楽しみだ」という評価をいただけたということで、本当にうれしいです」、稲葉氏は「ようやくモノとしてお見せすることができ、少しだけほっとしております。開発は佳境ですので、この賞を励みにがんばりたいと思います」と語った。


12.JPG

■『モンスターハンター4
人気シリーズ最新作として、圧倒的な支持を得た『モンスターハンター4』。カプコンの辻本良三プロデューサー、藤岡要ディレクターが登壇し、藤岡氏は「今回、アクションゲームとして、コミュニケーションツールとして、『モンスターハンター』の世界をどう広げていくかを見直しました。その見直しを皆さんに初めて披露することになり、不安もありましたが、皆さまに支持をいただくことができました」とコメントした。

※正確に表示されない場合がありますが、辻本良三氏の“辻”のしんにょうの点はひとつです。


13.JPG

■『龍が如く5 夢、叶えし者
毎回ファンの期待に応え続ける『龍が如く』シリーズ最新作が、今回も期待を集めて受賞。シリーズ総合監督の名越稔洋氏は、「東京ゲームショウの前は、いつも胃が痛いんです。それだけ、自分自身がこのタイトルに期待しているということですし、セガブランドのベンチマークとなるタイトルだと思っているということなのですが。受賞することができて、ほっとしています」とスピーチした。


 最後に、選考委員を代表し、エンターブレインの浜村弘一代表取締役社長が講評を行った。浜村は、東京ゲームショウ2012では、「家庭用ゲーム、スマートフォンゲームが同じ土壌で披露されていた。実際、スマートフォンのゲーム、ソーシャルゲームも上位に来ていた」と語り、「来年は確実に、スマートフォンのゲームが賞に入ってくるだろう」と予測した。


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ポコロンダンジョンズ』高難度イベント“四神降臨”で手に入るものまとめ

2014年8月23日から『ポコロンダンジョンズ』の高難度降臨イベント“四神降臨”が開催。ここでは、本イベントで手に入る限定モンスターと装備をまとめてお見せしていく。

編集者が超個人的に2014年上半期BESTゲームに入れたかったタイトル

編集者の超個人的な2014年上半期BESTゲームに入れたかったタイトル+αを紹介。

『ガンスリンガー ストラトス2』次回のアップデートは2014年8月25日!

全国のゲームセンターで好評稼動中のオンラインマルチ対戦型ダブルガンアクションゲーム『ガンスリンガー ストラトス2』。2014年8月23日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われた賞金制公式大会“GUNSLINGER'S BATTLE ARENA -HOPE-”のスペシャルセッションにて、つぎのアップデート情報が公開となった。

『新生FFXIV』ゾディアックの続編はパッチ2.38で公開! 第17回プロデューサーレターLIVEまとめ

スクウェア・エニックスは2014年8月23日、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(以下、『新生FFXIV』)のサービス開始1周年を記念する“14時間生放送”をインターネットストリーミング中継で実施。プログラムの一環として、午後1時より第17回プロデューサーレターLIVEを開催した。

ガンホーの夏、サンバの夏! 総勢300人が参加した浅草サンバカーニバル“ガンホーアミーゴス”のパレードをリポート【動画あり】

2014年8月23日(土)、東京・浅草で開催された“第33回 浅草サンバカーニバル”。今年もこのイベントにガンホー・オンライン・エンターテイメントが企業チーム“ガンホーアミーゴス”として参加した。ガンホーらしいエンターテインメントに満ちたパレードの模様を、たくさんの写真とともにお届け!

【ポコロンダンジョンズ攻略】“中国四神 白虎降臨!”超上級攻略

『ポコロンダンジョンズ』の高難度降臨イベント“四神降臨”。ここでは、“中国四神 白虎降臨!”の超上級を攻略していく。

“俺の屍を越えてゆくラジオ 日本男児編”第2回が配信スタート

プレイステーション Vita用ソフト『俺の屍を越えてゆけ2』の魅力をお伝えしながら盛り上げていくWebラジオ番組“俺の屍を越えてゆくラジオ”。その日本男児編・第2回が2014年8月23日19:00より配信開始となった。

【週間PVランキング】やっぱり『ダンガンロンパ』は強い! コミコン、ChinaJoy、gamescomのアクセスランキングTOP3もお届け【8/9~15&8/16~8/22】

ファミ通.comのPVランキングをお届けしよう。今回は8月9日~8月15日、8月16日~22日、さらには夏の3大イベントのアクセスランキングなど、てんこ盛りの内容でどうぞ。夏バテを吹き飛ばせ。

アラームをセットして遊ぶ不思議なRPG『dreeps』 その内容に迫る(後編)

アラームをセットして遊ぶ不思議なRPG『dreeps』の開発者にインタビューを敢行。その気になるゲームの内容とは? (後半)

アラームをセットして遊ぶ不思議なRPG『dreeps』 その内容に迫る(前編)

アラームをセットして遊ぶ不思議なRPG『dreeps』の開発者にインタビューを敢行。その気になるゲームの内容とは? (前半)

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

スポンサードリンク