『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』ユーザーの反応を見たコンセプターの稲船敬二氏に直撃インタビュー!【TGS 2012】

ゲーム ニュース PS Vita TGS2012
世界で初めて4人でのマルチプレイが体験できるとあって、東京ゲームショウ2012一般公開日の初日から長蛇の列ができた、『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』。ユーザーの反応を間近に見た稲船氏は、何を思ったのか? 直撃インタビューを敢行!

画像01.jpg

稲船敬二氏

 東京ゲームショウ2012のSCEブースにて、プレイアブルが出展されている『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』。世界で初めて4人でのマルチプレイが遊べるとあって、開催前から注目を集めていた本作。その衝撃を体験したいと願うユーザーが、開場直後から長蛇の列を作っていた。本作のコンセプターであり、誰よりもユーザーにゲームを楽しんでほしいと願っていた稲船敬二氏は、どのような思いでその列を見つめていたのだろうか? TGS2012一般公開日の初日となる2012年9月22日、閉場間際のSCEブースにて聞いてみた!


●TGSでいちばんと思うくらいの人気です(笑)

――ついに、一般の方々にプレイアブルを体験していただける日が来ましたね! しかも、いきなりの満員御礼です。
稲船敬二氏(以下、稲船) そうですね! 朝早くからたくさんの方に並んでいただいて、すごいテンションが上がっています。

――ユーザーからの反応はいかがですか?
稲船 プレイしていただいた方の反応はもちろん気になりますし、いい意見も悪い意見も取り入れて、すべてゲームにフィードバックしたいので、ツイッターなどを見させていただいているのですが……非常に好評で、うれしいですね! SCEブースでのイベントをネットで配信していますが、いい反応をいただいています。今日も朝から、実際に触っている方のプレイを横から拝見していたんですよ。今回のプレイアブルは少し難しめにチューニングしたのですが、うまい人が多くてびっくりしました。でも、そういう方々が「なるほど」いう感じで納得されているので、よかったです。 

――外国の方も、たくさんプレイしていましたね。
稲船 世界観やゲームのスタイルが入りやすいみたいで、評価してくれる人がたくさんいらっしゃいました。おかげさまで、TGSでいちばん人気なんじゃないか、と思うくらいです(笑)。

――まだ未体験で、最終日(23日)にプレイしたいと思っている方に、注目してほしいポイントはありますか?
稲船 いままでのアクションゲームにはなかった、“考える”というおもしろさを体験してほしいですね。たとえば、体力がなくなってきたとき、自分が禁術を発動するための犠牲になってもいいと決めたら、回復をしなくてもいいんです。ほかのプレイヤーがひん死になっていても、逆に助けないで、その人を生贄に捧げることも許されます。スピーディーだけど、敵を倒すだけの一辺倒なアクションゲームではないというところを楽しんでいただきたいですね。

――何回か試遊させていただきましたが、倒したモンスターや倒れた仲間を救済するか生贄にするか、迷わされました。
稲船 アクションゲームでは、プレイの途中にデモシーンが入ったりして流れが止まるようなことは、ストレスになりかねないですよね。本作ではアクションの途中でも、プレイヤーは生贄か救済か、判断を迫られます。しかし、このような“考える”という要素が入ることで、よりアクションが磨かれていくんです。その部分を体験してほしい。TGSでは長い時間、お待たせしてしまうかもしれませんが、時間という犠牲を払っても、それ以上の“おもしろさ”という代償を提供できると思います。可能であれば、何回か体験していただけるとうれしいですね。1回目はスピーディーな展開を楽しんでもらって、2回目からは少し落ち着いて、周囲の状況を見ながら遊んでほしい。3回目、4回目と何度もくり返して遊ぶと、どんどんおもしろくなっていきます。でも、さすがにそれは難しいかもしれません。また、今回のTGSに来れない方もいらっしゃいます。そのためにも、今冬配信予定の体験版はしっかりとした内容にしたいと考えています。

――体験版は、TGSとは異なるバージョンとなるのでしょうか?
稲船 そうですね。もっとゲームの流れやストーリーもわかるようなものにしたいと思っています。TGSのプレイアブルでは、共闘することのおもしろさを伝えたかったので、犠牲にした部分もあるんです。配信する体験版は、そういった部分も含めて、かなりボリュームがあるものにしたいですね。本作の魅力をゆっくりと体験していただける内容になるので、期待してください。

 TGS2012の最終日に『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』をとことん楽しみたいという人は、TGS2012試遊版の基本操作と魔法効果を解説する映像が公開されているので、事前に視聴しておくといいかも。本作の魅力が凝縮された内容なので、今回は体験できないという人も要チェックだ!



この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

KADOKAWA・DWANGO経営統合記念会見が開催、新規キャンペーンやニコニコ久々の新サービス“ニコキャス”も発表!?

2014年9月30日、東京・ニコファーレにおいて、KADOKAWA・DWANGO経営統合記念会見が開催された。

『スーパーヒーロージェネレーション』新たなプレイアブルユニットやエネミーユニットが参戦決定!

バンダイナムコゲームスは、2014年10月23日に発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『スーパーヒーロージェネレーション』に関する新情報を公開した。

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第371回『出てきたのは、双子』

ゲームのプレイ日記を書き続ける大塚角満の『パズル&ドラゴンズ』ブログ“大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~”平日はほぼ毎日更新予定!

『寄生獣』入門者向け展示イベント“寄生祭(パラサイトフェスティバル)”がコトブキヤ秋葉原館にて10月10日より期間限定で開催

 ホビーメーカー壽屋は、2014年10月放映のアニメや、実写映画2部作で話題の『寄生獣』から、入門者でも作品の世界を楽しめる展示イベント“寄生祭(パラサイトフェスティバル)”を、コトブキヤ秋葉原館5Fイベントスペースにて10月10日~16日の期間限定で開催する。

『maimai ゴージャス★つめあわせ BOX』本日9月30日発売 サントラCD、手袋、ファンブックなど盛りだくさん!!

セガは、アーケード音楽ゲーム『maimai』のサウンドトラックCDにDVD、手袋、ファンブックなどを同梱した『maimai ゴージャス★つめあわせ BOX』を本日2014年9月30日より発売した。販売価格は5000円[税込]。

『艦これ』 陸奥と長門の1/8PVC完成塗装済フィギュアが登場! グットスマイルオンラインショップなどで予約受付開始

グッドスマイルカンパニーは、PC用オンラインゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』に登場する、 陸奥と長門の1/8PVC完成塗装済フィギュアの予約受付を、本日2014年9月30日(火)より開始した。

【先出し週刊ファミ通】『禁忌のマグナ』攻略に役立つポイントを紹介! はしもとよしふみ氏のインタビューも(2014年10月2日発売号)

週刊ファミ通2014年10月2日発売では、完全新作シミュレーションRPG『禁忌のマグナ』の第4章までの攻略ポイントを解説!

【先出し週刊ファミ通】マンガもアニメも電子書籍も! 今週の週刊ファミ通は『ログ・ホライズン』祭り!(2014年10月2日発売号)

2014年10月4日(土)よりテレビアニメ第2シリーズが始まる『ログ・ホライズン』。今週の週刊ファミ通は、『ログ・ホライズン』の情報がたっぷり!

【先出し週刊ファミ通】『新生FFXIV』フロントライン攻略・応用編&吉田P/Dのコラム第20回を掲載!(2014年10月2日発売号)

週刊ファミ通で毎号連載している、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のファンページ“エオルゼア倶楽部”。週刊ファミ通2014年10月2日発売号では、PvP(対人戦)コンテンツの“フロントライン”攻略第2回[応用編]をお届け。隔週で連載中の吉田直樹プロデューサー兼ディレクターのコラム“吉田の日々赤裸々。”は、第20回を掲載。

【先出し週刊ファミ通】ついに発売となる『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』の魅力を、野村哲也氏のコメントを交えつつ総括!(2014年10月2日発売号)

HDリマスター化された『キングダム ハーツ』シリーズ3作品が一度に楽しめる『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』。2014年10月2日発売の週刊ファミ通では、本作の特徴と魅力を15ページの大ボリュームでナビゲートします!

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク