『テイルズ オブ エクシリア2』TGS2012などで楽しめる体験版のプレイリポートをお届け!

ゲーム プレイステーション3 ニュース TGS2012
2012年9月22日、23日に一般公開される“東京ゲームショウ2012”と、バンダイナムコゲームスが催す全国体験会で楽しめる『テイルズ オブ エクシリア2』体験版の内容が決定。そのプレイリポートをお届けするぞ。

●体験版の内容は“謎の大精霊”に決定

01.bmp 02.bmp

 ファミ通.comで8月1日~8月7日に実施したアンケートの結果、東京ゲームショウ2012などで楽しめる『テイルズ オブ エクシリア2』体験版の内容が決定! とある目的のために、高度な文明を誇る国“エレンピオス”の食料生産工場“アスコルド”を訪れた主人公ルドガーたちは、工場の動力源として“ある大精霊”が捕らわれていると聞き、その姿を求めてアスコルド内部へ進入するという内容だ。当記事では、ひと足先に体験版をプレイさせていただいた編集者によるプレイリポートをお届けするぞ。


●プレイ開始早々、意外な“あの人”が登場……!

03.bmp

 メインシナリオに沿ったダンジョン攻略、ボス戦が楽しめる体験版。ここでのパーティーメンバーは計4名(+エル、ルル)で、ルドガー、アルヴィン、エリーゼと、もうひとりをジュードにするか、ミラにするかを選ぶことになる。どちらを選んでも体験版のシナリオ自体には影響しないので、バトルで共鳴(リンク)したい、あるいは操作してみたいほうを選ぶといい。

 冒頭のイベントシーンでは、前作『エクシリア』の重要人物だった“あの人”がいきなり登場。当記事では名前を明かさずにおくが、会話の内容から、ここは“分史世界”であることがわかる。本作の“正史世界”では登場しないはずの人物も、分史世界なら存在しうるというわけだ。


04.bmp

 イベントが終わると、いよいよ探索開始。警備兵やセキュリティーシステムを突破しながら、大精霊がいる場所を目指す。本来、このダンジョンには、最奥へ進むためのギミックがいくつかあるのだが、体験版では一部変更されており、おそらく迷うことなく進むことができるだろう。ただし、体験版は10分間の時間制限があるので注意。道中にいる敵と戦いつつ、最奥でボスにも挑戦したいなら、時間配分には気をつけよう。


05.bmp

●バトルは前作以上に気持ちよく、わかりやすい!

 バトルでは、好きな仲間(パートナー)を選び、操作キャラクターと共鳴(リンク)させることで、高度な連携が可能になる。この状態で敵を攻撃すると、画面左にあるゲージが徐々に溜まり、一定以上溜まった状態で術技を使えば、パートナーとのさまざまな共鳴術技(リンクアーツ)をくり出せる。メニュー画面にある“術・技”の項目から、“共鳴術技リスト”を参照し、特定の仲間と術技を組み合わせると“ユニーク共鳴術技”が発動するほか、リストにない組み合わせでも“コモン共鳴術技”が発動。要するに、どんな組み合わせでも、ふたりの強力な連携プレイが炸裂するのだ。これはわかりやすい&キモチイイ!


06.bmp 07.bmp
08.bmp 09.bmp

▲共鳴する相手はバトル中にいつでも変更できるので、バラエティー豊かな共鳴術技を堪能しよう。(写真はユニーク共鳴術技)

10.bmp 11.bmp 12.bmp

▲ルドガーは双剣、ハンマー、双銃を装備。バトル中にL1とR1ボタンを押すと、武器を順番にシフトする。L1とR2ボタンなら、逆の順序でシフト可能。

 ルドガーの変身能力“骸殻”も体験可能。バトル中の時間経過によって画面右下のゲージが溜まり、数字が1になったらL3+R3ボタンを押せば、ルドガーが変身する。変身中は、異空間に敵全員とルドガーのみが存在する状態になり、HPやTP、ACといったパラメーターの概念もなくなるので、これまた爽快&怒涛の連続攻撃がくり出せる。空を飛ぶ敵が相手なら、宙を舞いながら攻撃を続けることもできてしまう。攻撃の種類や、くり出す順番などを考えながらプレイすれば、いっそう華麗に立ち回れそうだが、何も考えずに操作しても十二分にキモチイイ。体験版では、バトルの奥深さ以上に、気持ちよさを重点的に味わったほうがいいかもしれない。


13.bmp
14.bmp 15.bmp

●アタッチメント、チャットにも注目

 ファミ通.comのアンケートでは、体験版でパーティーに所持させたい“アタッチメント”の希望も集計した。その結果、もっとも多くの票が集まった“ユリウスのめがね”と、それに切迫する人気となった“エルの鞄”が、体験版に収録されているぞ。また、ジュードとミラのどちらをパーティーメンバーに加えたかによって、プレイ中に追加で手に入るアタッチメントも異なる。ジュードなら“防音ヘッドフォン”、ミラなら“バラのコサージュ”だ。


16.bmp 17.bmp

▲左写真:ユリウスのめがね、右写真:エルの鞄

18.bmp 19.bmp

▲探索中はもちろん、イベントやバトル中も反映される。

20.bmp 21.bmp

▲探索中に楽しめる、仲間どうしのチャット(雑談)もいくつか収録されている。もちろんフルボイス!

 このように、体験版は内容が盛りだくさん! なので、10分間という限られたひと時を、ぜひ有意義に使ってほしい。東京ゲームショウ2012を皮切りに、本作を体験できる機会が全国各地で設けられるようなので、公式サイトなどで日時と場所をチェックしよう。

TEXT:週刊ファミ通編集部 川島ケイジ

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
※画面は体験版のものです。


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【朝刊】“1年てあっという間だと感じるとき”あるある

昨日(2014年10月22日)のニュースをまとめておさらい。新作アプリ情報やアップデート情報に加え、チェックしておきたいさまざまなニュースを、まとめてご紹介します。

【ファミ通の攻略本】『ベヨネッタ2』を完全攻略するための情報を満載!!

歯応えのあるメインストーリーにやり込み要素も満載した、話題のアクションゲーム『ベヨネッタ2』の完全攻略本がついに発売。気になる本書の内容を、ここでチェックしちゃおう。

『ガンダムブレイカー2』新機体、新キャラクター、新システム続々判明!

ガンダムのプラモデル(ガンプラ)どうしで戦い、 獲得したパーツで自分だけのガンプラを創造するアクションゲーム『ガンダムブレイカー2』の新情報をお届け! 『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』から、3体のガンプラが新たに参戦するぞ。

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』激闘のステージは新たなハードへ!

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2014年11月6日号(2014年10月23日発売)にて、『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『デビルサバイバー2 ブレイクレコード』さらに味わい深く、遊びやすくなってニンテンドー3DSで生まれ変わる!(2014年10月23日発売号)

週刊ファミ通2014年11月6日号(10月23日発売)にて、ニンテンドー3DS用ソフト『デビルサバイバー2 ブレイクレコード』の最新情報が公開!

“サバイバルホラーの原点”その看板に偽りなし! 『サイコブレイク』プレイインプレッション

2014年10月23日、ベセスダ・ソフトワークスから発売された『サイコブレイク』。三上真司氏が描くサバイバルホラーエンタテインメントのプレイインプレッションをお届け!

【今週の週刊ファミ通】『アサシン クリード ユニティ』パリで開催されたプレスツアーで最新情報が明らかに!(2014年10月23日発売号)

週刊ファミ通2014年11月6日号(2014年10月23日発売)では、『アサシン クリード』シリーズの最新作である『アサシン クリード ユニティ』の記事を掲載。

【今週の週刊ファミ通】『モンスターハンター フロンティアG』大型アップデート情報!(2014年10月23日発売号)

今週の週刊ファミ通では、2014年11月19日に実施される大型アップデート“G6”の最速情報を大公開!

【今週の週刊ファミ通】2週連続で『モンスト』のアイテム付き! 『サイコブレイク』発売記念特集も必見(2014年10月23日発売号)

週刊ファミ通2014年11月6日号(2014年10月23日発売)には、『モンスターストライク』の“1周年ブルーオクケンチー”が付いてくる! しかも来週も! そして、ついに発売を迎えた『サイコブレイク』を大特集~!

『勇者トリデ BAGOOON!!』勇者たちよ、最強のトリデを建設せよ!【動画】

アクワイアは、週刊ファミ通2014年11月6日号(2014年10月23日発売)にて、基本プレイ無料で楽しめる『勇者トリデ BAGOOON!!』の最新情報を公開した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク