FOX ENGINEでの新作デモがお披露目! スネークがリアルタイムに潜入するオープンワールドゲーム

本日(2012年8月30日)開催された、『メタルギア』生誕25周年記念イベント“METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY”にて、FOX ENGINEでの新作デモが公開された。

●世界に向けて戦いを挑む

TPP_B1P_決定稿001.jpg

 本日(2012年8月30日)開催された、『メタルギア』生誕25周年記念イベント“METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY”。

 サプライズ発表の最後は、FOX ENGINE! PS3/Xbox 360相当のスペックを想定したPCでのリアルタイムデモが披露された。映像の撮影・録画が禁止されていたものの、濡れた地面に反射する光や衣服の質感(布がはためく表現)、ライトのフレア、人間の顔のアニメーションなど、細部に至るまで欧米のゲームに遜色がない表現がなされていることを確認。小島監督はこのデモを「小島プロダクションが世界に向けて戦いを挑んでいく宣言」であるとする。
 「国家に帰属しない軍隊」、”パス”、”海上(マザー)ベース”、、、セリフには聞き慣れた単語が含まれている。そして登場したのはスネーク! 『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』と題されたこのデモは、通常のゲームエンジン用のテックデモではなく、オープンワールドのスニーキングゲームとして新作を実際に作っているとのこと。またエンジン自体も今回はクラウドゲーム化を見据えた現世代機でのものだが、次世代機に向けた開発も行っているそう。
 ゲームとしては、これまでのステージベースのスニーキングミッションとはデザインが異なり、歩いて潜入するもよし、装甲車を奪っていくもよしという自由かつリアルタイムな潜入が可能とのこと。ちなみに、発煙筒を焚くと救援ヘリが呼べ、支援攻撃をさせたり、戦線を離脱することが可能。どのようにも進められる「ゲームオーバーのないゲーム」を目指している。そして今回のデモは、ワルキューレの騎行を鳴らして飛んできたヘリに乗ってスネークが離脱して終了。曲の選択が映画好きの監督らしいが、曲は自分で選べるという。ちなみに気になるゲームとしての完成時期は「そんなにお待たせしない」とのこと。続報を待て!