『TOKYO JUNGLE(トーキョー ジャングル)』開発者が語る、ゲーム業界でのサバイバル術とは!?【CEDEC2012】

ゲーム プレイステーション3 ニュース
2012年8月20日~22日、パシフィコ横浜にて開催されている、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC2012”。開催初日に行われた、セッション“TOKYO JUNGLE~経験者ゼロの若者による企画立案から発売までのサバイバル術~”の模様をお届け。

●開発経験ゼロの若者は、こうして生き残った!

tj/01.JPG

 2012年8月20日~8月22日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜・会議センターにて、ゲーム開発者の技術交流などを目的とした“CEDEC(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス)2012”が開催されている。

 開催初日となる8月20日、セッション“TOKYO JUNGLE~経験者ゼロの若者による企画立案から発売までのサバイバル術~”が行われた。本セッションは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCEJ)のプレイステーション3用ソフト『TOKYO JUNGLE(トーキョー ジャングル)』をフィーチャーしたもので、本作のプロデューサーを務めたSCEJ山際眞晃氏と、ディレクターを務めたクリスピーズ片岡陽平氏が登壇。会場には、クリエイターを目指す若者や、企画立案のヒントを求めるプランナーらが多く参加した。


tj/02.JPG tj/03.JPG

▲SCEJ山際眞晃氏。

▲クリスピーズ片岡陽平氏。片岡氏は、2006年にSCEJのクリエイター発掘プログラム“ゲームやろうぜ!2006”に応募し、見事合格。それを機に開発会社クリスピーズを立ち上げた。

 累計販売本数が20万本を突破(※山際氏による発表)した『TOKYO JUNGLE』。本作を作ったのは、ゲーム開発の経験のない、開発当時の平均年齢は23歳ぐらいの若手クリエイターたちだった。本作がなぜ売れたのかについて、ディレクターの片岡氏は“3つのサバイバル術”を掲げて解説した。

■企画立案でのサバイバル術

 片岡氏がまず考えたのは、「どうやって新規タイトルのアイデアを出すか?」ということだった。“ゲームやろうぜ!2006”(現:PlayStation C.A.M.P!)合格者に求められていたのは、斬新なアイディア。しかし、斬新なだけではゲームは売れない。

 そこで片岡氏は、シンガーソングライター井上陽水の言葉をヒントに、“普遍的なテーマ×普遍的なテーマ=普遍的だけどユニーク”という方式を思いついた。そして、普遍的に人気がある“動物”と“荒廃した世界”を組み合わせ、ユニークな企画を生み出した。


tj/04.JPG tj/05.JPG

 また片岡氏は、据え置きゲームについて、操作・ゲーム性が複雑、時間がかかりすぎる、マンネリという問題があると感じていた。そこで、“1日30分で楽しめる、毎日遊びたくなるゲーム”という、新たな分野に挑戦することを決めたそうだ。


tj/06.JPG tj/07.JPG
tj/08.JPG

■開発中のサバイバル術

 ゲーム開発経験ゼロ。「これはマイナスのスタートである」と多方面から言われた片岡氏。しかし経験がないからこそ、“常識にとらわれずに開発できた”というメリットがあったとコメントした。

 片岡氏は、経験ゼロなりにさまざまなことに取り組んだ。ひとつは“プレゼンテーション”だ。新規タイトルは誰も経験したことのないもののため、伝えかたをとくに考える必要があった。

 そこで片岡氏が作ったのが、これを観ればゲーム内容がわかる“コンセプトビデオ”。いまでは、これがSCEJのプレゼンのひとつの見本になっているという。

 同時に、“演劇プレゼン”も行われた。これは、クリスピーズの吉永哲也氏が、“サバイバル教官”になりきって、プレゼンを受ける人に“どうやって東京で生き延びるか?”を教えるというもの。このユニークなプレゼンをきっかけに、本作と作り手たちに興味を持つ人が増え、さまざまなサポートを受けることができたとのことだ。


tj/09.JPG tj/10.JPG
tj/11.JPG

▲会場では、吉永氏が迫真の演技を披露してくれた。

 また、片岡氏は、ゲーム開発経験がないからこそ、ユーザー目線で企画を立てることができたと語る。ポメラニアンというキャッチーなキャラクターや、メスとの交尾という要素を押し出したり、ロボットの犬を登場させたりして、ユーザーが喜ぶコンテンツになるよう心掛けた。


tj/12.JPG tj/13.JPG
tj/14.JPG

 とはいえ、開発経験がなかったために困ったことももちろんあるそうだ。2Dアクションから3Dアクションに変更した際は、ノウハウが少ないがゆえに、かなりの苦労をともなった。また、ごくふつうの民家を開発スタジオにしていたがゆえに、夏場は電力の使い過ぎによってブレーカーが落ちる危機に見舞われたというエピソードを語った。


tj/15.JPG

■ゲーム開発外でのサバイバル術

 開発経験ゼロのクリスピーズは、ゲームそのものだけでなく、ふつうなら専門家に委託するであろうPVやパッケージを、すべて自作した。これには、片岡氏がクリスピーズ設立前、かつてデザイナーをしていた経験が役立ったという。片岡氏は、「制作者が自作することで、魅力がより伝わる」と述べた。


tj/16.JPG tj/17.JPG

▲こちらは、『TOKYO JUNGLE』を知ってもらうため、メディアに配った“サバイバルキット”。オリジナルの軍手やTシャツなどが詰め込まれている。

▲パッケージもクリスピーズが手掛けた。最初は、SCEJからのオーダーもあり、たくさんの動物がいるパッケージにしていたが、「より本作のコンセプトを伝えるために」と、締切の1日前にポメラニアンのみのパッケージに変更したとか。

tj/18.JPG

 こうして『TOKYO JUNGLE』の知名度は上がっていったが、見た目のイメージだけが先行し、“バカゲー”であると認識されてしまった。そこでゲームシステムを伝えるべく生まれた企画が“金言、賜りました”だ。これは、有名クリエイターに本作をプレイしてもらい、お墨付きをもらうというもの。「ふたを開けてみると、有名クリエイターたちは、業界のマンネリ感を払しょくしてくれる若手を求めていたことがわかった」とのことで、片岡氏「経験がないことを逆手に取ったプロモーションができた」と語った。


tj/19.JPG

 片岡氏は「経験がないぶん、どうすれば伝わるのか、どうやって興味を引くかを考えた。それが『TOKYO JUNGLE』の成功につながった」とまとめる。そして、PlayStation C.A.M.P!主要メンバーであるSCEJ山本正美氏の「20代の新しいヒーローが出てこないといけない」という言葉を引用し、「若い力でゲーム業界を盛り上げていきましょう!」と、来場者に向けて熱く語り、セッションを終えた。


tj/20.JPG tj/21.JPG
tj/22.JPG tj/23.JPG
tj/24.JPG

▲「現在、複数の開発ラインが動いています。次回作は、そんなにお待たせしないと思います」と片岡氏&吉永氏。


この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『神様と運命覚醒のクロステーゼ』の新たな登場人物を紹介! 主人公たちの拠点や味方勢力などの新情報も

日本一ソフトウェアは、2014年7月24日発売予定のプレイステーション3用ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』の新たな登場人物の公開した。また、主人公たちの拠点となる“天界”や、味方勢力“天使”に関する情報なども更新した。

『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』Twitterパーツが本日4月24日から配信開始 アイコンとヘッダー画像が公開

日本一ソフトウェアは、2014年6月19日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』のTwitterパーツを、本日2014年4月24日より配信する。

【ドラポ部】“拡散性ミリオンにゃんこ”攻略とイベント内容まとめ

『ドラゴンポーカー』にて開催されているコラボスペシャルダンジョン“拡散性ミリオンにゃんこ”の報酬や攻略ポイントについて解説します。

『ガイストクラッシャーゴッド』×『ゾンビカフェ』コラボ企画が本日4月24日より開始 ガイストキャラがゾンビカフェにやってくる

カプコンより2014年秋に発売が決定したニンテンドー3DS用ソフト『ガイストクラッシャーゴッド』と、スマートフォンアプリ『ゾンビカフェ』のコラボレーションが本日2014年4月24日から開始された。

『俺の屍を越えてゆけ2』ゲームシステムを理解できる体験版が配信開始

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアより、2014年7月17日発売予定の『俺の屍を越えてゆけ2』の体験版(ゲームシステム編)が、本日(4月24日)より期間限定で配信開始された。

“GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2014”の開催が決定!

アークシステムワークスは、2011年1月22日に大好評のうちに幕を閉じた“GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2011”開催以降の多くのファンからの熱い声援を受け、2014年7月12日(土)、“GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2014”を開催することを決定した。

『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックBが本日4月24日配信開始 プロモーション映像第2弾&プレイ動画“更衣室紹介 -少女たちを片手操作-”も公開

マーベラスAQLは本日2014年4月24日に、プレイステーション Vita用ダウンロードソフト『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックB(月閃・蛇女)を配信開始する。また、プロモーション映像2弾&プレイ動画が公開、新コスチュームの配信も開始、Twitterキャンペーンも開催中。

【新作】多彩な攻撃を試して新たな技を会得! RPG『フォルトナの魔術師』がセール中

ケムコからファンタジーRPG『フォルトナの魔術師』が配信された。この配信を記念して、通常800円[税込]のところを、500円[税込]となる発売記念セールが行われている。

『勇者のくせにこなまいきだ。G』本編とDLCがセットになったお買い得な“遊び放題パック”が再配信決定

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは日本国内に向けて、プレイステーション Vitaオンライン配信タイトル『勇者のくせにこなまいきだ。G』のゲーム本編とDLCがセットになった“遊び放題パック”を「以前配信して大変ご好評でした」(リリースより)とのことで、期間限定で再配信することを決定した。

『英雄伝説 閃の軌跡』序盤までが楽しめる無料版の配信がスタート

日本ファルコムは、PS3、PS Vita用タイトルとして発売中のストーリーRPG『英雄伝説 閃の軌跡』の無料版(いわゆる体験版)を本日2014年4月24日(木)より、PlayStation Storeより配信する。

特集記事

週間 販売ランキング

  • 2位
  • PS4ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
  • 販売 34279

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク