『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』主人公の運命を大きく左右する相棒

ゲーム ニュース PS Vita
稲船敬二氏がコンセプターを務めるアクションゲーム『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』。今回は、主人公の運命を大きく左右する登場人物(?)たちの存在と、戦闘の基本となる“供物魔法”の、新しい情報を紹介する。

●主人公がたどる運命の鍵を握る相棒

 衝撃の発表以来、さまざまな予測が各所で飛び交っている本作。そこで今回は、主人公の運命を大きく左右する登場人物(?)たちの存在と、戦闘の基本となる“供物魔法”の、新しい情報を紹介する。さらに、本作のステージの裏に隠された物語の一部も公開しよう。


●牢獄の相棒は生きた魔術書“リブロム”

 主人公が手にする魔術書、“リブロム”。プレイヤーは、ここに記された日記(クエスト)を選び、その内容を追体験する。魔術書には、複数の日記が断片的に記載されており、プレイヤーは順番に関わらず自由に選べる。プレイを始めてすぐに、最後の敵に挑戦することも可能なのだ。


sol/sol01.jpg sol/sol02.jpg

生贄を選ぶか、自由を求めるか主人公に選択を迫る魔術書
魔法使いの生贄として牢獄に囚われている主人公は、隣りの牢獄にいた男から、生きた魔術書を受け継ぐ。“リブロム”と名乗るそれは、書いてあることが追体験できる不思議な能力を持つという。リブロムの中には、“この世界の真実”や“運命から逃れる手がかり”が記載されているらしい。謎に満ちた"相棒"の言葉を信じるべきか? しかし、主人公には、このわずかな希望に懸ける以外に道はない。

●共闘の相棒は少女“ニミュエ”

 シングルモードでは、クエストに最大2名までのメンバーを同行させることができる。彼らはA(I 人工知能)によって自発的に行動し、戦闘やサポートを行ってくれる。プレイヤーの決断によっては、その行動も変化するようだ。共闘できるメンバーは複数存在するが、今回は物語の重要な鍵を握る、ひとりの少女を紹介しよう。


sol/sol04.jpg sol/sol03.jpg

主人公の相棒は美しき魔法使い
「足を引っ張るなら、オマエを殺すぞ」と言い放つニミュエとは、一人前の魔法使いになるための試験で出会う。しきたりに従い、彼女のパートナーとなった主人公は、戦いの中で彼女が抱える“ある思い”を知る。次第に打ち解けあうふたりだが、その先には避けようのない“宿命”が待っていた……。

●犠牲と代償を支払う魔法と人々の欲望が生み出した世界の姿

 身の回りにあるものを“供物”として捧げることで発動する、“供物魔法”。遠くから氷の矢を放つ遠距離系、ゴーレムや岩の壁を作る間接系、回復を行う回復系など、捧げる供物で、その効果は大きく変化する。ここでは、多岐にわたる供物魔法から新たに判明した魔法を紹介する。


●防御魔法

一見すると、ただのガラクタにしか思えない石垣の残骸でも、供物として捧げることで強力な防御系の魔法が発動する。残骸が固まって巨大な防御壁を形成し、敵の攻撃から身を守ることができるのだ。猛攻に耐えるためにも、身につけておくべき魔法のひとつである。


sol/sol05.jpg

●近接攻撃魔法

巨人の骨を供物として捧げると、強力な近接攻撃系の魔法が発動される。骨に眠っていた力が魔法使いの拳に集まり、その拳が硬化して、さらに巨大化するのである。その強烈な一撃は、すべてを打ち砕く。前に出て敵を蹴散らすには、最適の魔法と言えるだろう。


sol/sol06.jpg

●美に囚われた女が凍るアンドロメダ湖畔

本作に登場する魔物は、欲望のままに魔法を使い、闇に取り込まれて変化した人間である。それと同様に、この世界に存在するステージもまた、人間の飽くなき欲望が生んだものである。ここに紹介する氷の世界もまた、誰かの欲望が具現化したものであり、そこには“物語”が存在する。


sol/sol07.jpg

舞台も、敵となる魔物も、すべて人間の欲望が生み出したもの。異質な世界で、魔法使いたちの戦いがくり広げられる。

※詳しくは週刊ファミ通2012年7月19日号(2012年7月5日発売)をチェック



SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 PSVita
発売日 今冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 PS Store ダウンロード版は価格未定、企画・開発:稲船敬二(comcept)、開発:マーベラスAQL、制作・プロデュース:ソニー・コンピュータエンタテインメント JAPAN Studio、サウンド:光田康典、鋒山亘

(C)Sony Computer Entertainment inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第16回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第16回。超えられるか、ウカムルバス!

【ホリ伝説ドットコム第21回】4期TOPANGA Aリーグ応援感謝!激闘プレイバック【sako回】

ホリの製品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はチームホリのプロゲーマーsako選手が登場し、TOPANGA Aリーグを振り返ります。

『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

みんなのアニキ・竹内力も登場! 『龍が如く0 誓いの場所』大阪体験会リポートその(1)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』のスペシャル体験イベントが開催された。その場には、本作の出演者である竹内力氏も登場!

“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition/真島吾朗 Edition”がソニーストア限定で発売決定 アナタはどちらを選ぶ?

『龍が如く0 誓いの場所』のプレイステーション4版の発売を記念して、“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition”と、“PlayStation 4 龍が如く0 真島吾朗 Edition”が、ソニーストア限定で発売されることになった!

【先出し週刊ファミ通】あなたの1票が2014年のナンバーワンのゲームを決める! “ファミ通アワード2014”ただいま投票受付中!(2014年12月25日発売号)

2015年12月15日発売の週刊ファミ通で、2014年のナンバーワンのゲームを決める“ファミ通アワード2014”の投票を受付中!

【話題】新オフィスとその周辺

本日(2014年12月22日)公開された記事の中で、とくに話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

今回のプレゼントは……? 原由実さん5thシングル『Crossover』発売記念握手会&お渡し会リポート

2014年11月23日に5thシングル『Crossover』の発売を記念して行われた、原由実さんの握手会&お渡し会の模様をリポート。

【新作】ローグライクRPGとして新生した『ウィザードリィ』シリーズ最新作がAndroidで配信開始

タイトーは、事前登録を実施していた新作タイトル『ウィズローグ―ラビリンス オブ ウィザードリィ―』のAndroid版の配信を開始した。

【事前登録】『ブレイブリー』シリーズ初のスマホ向けタイトル配信決定! 事前登録は本日(12月22日)より

スクウェア・エニックスは、本日(2014年12月22日)完全新作のスマートフォン向けタイトル『BRAVELY ARCHIVE D’s report(ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート)』を発表、これに合わせて事前登録も開始した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク