【速報】『FFXI』田中弘道氏がスクウェア・エニックスを退社し、同作のプロデューサー職からも勇退【田中氏のコメント追加】

スクウェア・エニックスのMMORPG『FFXI』のサービス10周年を記念して、2012年6月23日と24日の2日間に渡って開催されている"A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012"。その最後に、田中弘道プロデューサーから重大発表が……。

●退社、そしてプロデューサー職も勇退

スクウェア・エニックスのMMORPG『FFXI』のサービス10周年を記念して、2012年6月23日と24日の2日間に渡って開催されている"A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012"。このイベントの最後に、田中弘道プロデューサーが、スクウェア・エニックスを退社し、同作のプロデューサー職からも勇退することを明かした。後任は『FFXIV』バトルプランナーの松井聡彦氏。兼任となる。

【田中氏にミニインタビュー】
ーープロデューサー勇退という突然の発表がありましたが、いまのご心境は?

田中弘道氏(以下、田中) やはり、寂しいですね。

ーーなぜ、勇退を決意されたのでしょうか?

田中 じつは難病を患っており、体調的な面もあって、今回の決断をさせていただきました。プレイヤーのみなさんやスタッフに迷惑をかけるわけにもいきませんし、どこかのタイミングでケリをつけなきゃとは思っていたんです。またひとりのクリエイターとして開発現場に戻りたいということもあり、退職をお願いしました。

ーーなるほど。後任に松井聡彦氏を抜擢した理由とは?

田中 彼しかいないと思ったからです。松井君はいま『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の開発に関わっているので、忙しいのは承知だったのですが、彼にはいつか『FFXI』に戻ってきてもらいたいという気持ちがありました。

ーーしばらくは兼任になるわけですね。

田中 そうですね。『FFXIV』は"新生"が待っているので、そこまではがんばってもらいたいです。そこから先の『FFXI』を、彼に盛り立ててもらいたいですね。

ーー『FFXI』のプロデューサーとしての10年間、お疲れさまでした。

田中 これからはプレイヤーとして、温かく見守っていこうと思います。


DSC_4062.jpg DSC_4060.jpg
DSC_4100.jpg DSC_4102.jpg

ひとまずお疲れ様でした。どうかお体をご自愛ください。
(ファミ通.com編集部より)