バットマンやスーパーマンがモーコンスタイルで戦う新作格ゲー『Injustice』【E3 2012】

ワーナーが出展していた新作格闘ゲーム『Injustice』をご紹介する。

●アメコミアクションを大まじめに実現!

DSCF2242.JPG

 米時間の2012年6月7日に閉幕したE3 2012。会期中にご紹介しきれなかった各社タイトルの最新情報を引き続きお伝えする。

 ワーナーブースでは、新作格闘ゲーム『Injustice: Gods Among Us』をシアター形式でプレゼンテーションしていた。本作はワーナーから出ている『Mortal Kombat』シリーズの近作を手掛けているNetherRealm Studiosの新作格闘ゲーム。戦うのはバットマンやスーパーマンなど、DCコミックスのスーパーヒーローたち!

 ……と書くと洋ゲー通ならば『Mortal Kombat vs. DC Universe』(以下、MKDC)のことを思い出すかもしれない。しかし、モーコンと言えば究極神拳で人体破壊の限りを尽くすものだが、DCヒーローたちを八つ裂きにしたり内臓ビロンビロンな状態にするのは大人の事情で難しく、MKDCが結果的にモーコン×DCヒーローというお題目のワクワク具合と比べると「うーん」な感じだったのは事実。
 しかし今回は対象をDCヒーローに絞ったおかげで、おバカな演出を考えることにかけては現在世界チャンピオンであるかもしれないNetherRealmの全力投球でDCヒーローたちの超絶バトルを実現できるってわけですよ!


 ナナメをあんまり使わないコマンド表(↓←Pみたいな感じ)や、浮かせた敵を拾ってコンボにしていくスタイルなど、基本的にゲームシステムは『Mortal Kombat』を踏襲。究極神拳こそないが、ヒーローやヴィラン(悪役)ごとに超必殺技があり、この演出が超絶バカ! スーパーマンであれば、相手をボッコボコにした挙句に上空に吹っ飛ばして大気圏を突破! 超速男フラッシュなら世界一周(ちゃんと地球を律儀に走って一周する演出が入る)して必殺アタック! そんな具合に「ありえねー」って感じの大げさなカットシーンが大真面目に入ってくるのだ。

 各ステージのギミックも大変凝っており、たとえばバットマンの根城バットケイブにはステージ右端に謎のボタンがあって、「押すなよ、押すなよ」と言われつつもこれを押すと背景に置いてあるバットモービルからミサイルが飛んでくるという按配(もちろんダメージあり)。そのほかにも、ステージ中央に宙吊りになっているモーターに感電させることができたり、背景オブジェクトのクルマを掴んで投げることができたりする。ドラム缶を投げられる場所では、スーパーマンなら上投げでぶん投げ、フラッシュなら転がして当てるといった具合に、専用アクションまで用意されている。

 さらに、画面端で相手を殴り飛ばしてステージ外に叩き出すというアクションも。もちろんふっ飛ばした先にある別の構造のマップでファイト続行する。技やモーションなどもそれぞれのキャラクターらしくなるよう注力されており、とにかくDCヒーローたちのバトルを今度こそ格ゲーにちゃんと落とし込もうと頑張っている感じがビンビンと伝わってきた。
 まぁあと、モーコンは絶対に日本で出せないけど、コレならネタがアメコミという以外は問題なさそうってのもいい点かな……アメコミブームも来ていることだし、なんとかなりませんか? 本作は海外では2013年にXbox 360とプレイステーション3、Wii Uで発売予定。


dcf_screens_5_21_2012_001_Hires.jpg dcf_screens_5_21_2012_018_HIRES.jpg dcf_screens_5_21_2012_107_Hires.jpg
dcf_screens_5_21_2012_202_Hires.jpg dcf_screens_5_21_2012_253_Hires.jpg DCF_screens_5_23_2012_31_hires.jpg
DCF_screens_5_23_2012_04HIRES.jpg DCF_screens_5_23_2012_39_HIRES.jpg