バットマンやスーパーマンがモーコンスタイルで戦う新作格ゲー『Injustice』【E3 2012】

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 ニュース Wii U E32012
ワーナーが出展していた新作格闘ゲーム『Injustice』をご紹介する。

●アメコミアクションを大まじめに実現!

DSCF2242.JPG

 米時間の2012年6月7日に閉幕したE3 2012。会期中にご紹介しきれなかった各社タイトルの最新情報を引き続きお伝えする。

 ワーナーブースでは、新作格闘ゲーム『Injustice: Gods Among Us』をシアター形式でプレゼンテーションしていた。本作はワーナーから出ている『Mortal Kombat』シリーズの近作を手掛けているNetherRealm Studiosの新作格闘ゲーム。戦うのはバットマンやスーパーマンなど、DCコミックスのスーパーヒーローたち!

 ……と書くと洋ゲー通ならば『Mortal Kombat vs. DC Universe』(以下、MKDC)のことを思い出すかもしれない。しかし、モーコンと言えば究極神拳で人体破壊の限りを尽くすものだが、DCヒーローたちを八つ裂きにしたり内臓ビロンビロンな状態にするのは大人の事情で難しく、MKDCが結果的にモーコン×DCヒーローというお題目のワクワク具合と比べると「うーん」な感じだったのは事実。
 しかし今回は対象をDCヒーローに絞ったおかげで、おバカな演出を考えることにかけては現在世界チャンピオンであるかもしれないNetherRealmの全力投球でDCヒーローたちの超絶バトルを実現できるってわけですよ!


 ナナメをあんまり使わないコマンド表(↓←Pみたいな感じ)や、浮かせた敵を拾ってコンボにしていくスタイルなど、基本的にゲームシステムは『Mortal Kombat』を踏襲。究極神拳こそないが、ヒーローやヴィラン(悪役)ごとに超必殺技があり、この演出が超絶バカ! スーパーマンであれば、相手をボッコボコにした挙句に上空に吹っ飛ばして大気圏を突破! 超速男フラッシュなら世界一周(ちゃんと地球を律儀に走って一周する演出が入る)して必殺アタック! そんな具合に「ありえねー」って感じの大げさなカットシーンが大真面目に入ってくるのだ。

 各ステージのギミックも大変凝っており、たとえばバットマンの根城バットケイブにはステージ右端に謎のボタンがあって、「押すなよ、押すなよ」と言われつつもこれを押すと背景に置いてあるバットモービルからミサイルが飛んでくるという按配(もちろんダメージあり)。そのほかにも、ステージ中央に宙吊りになっているモーターに感電させることができたり、背景オブジェクトのクルマを掴んで投げることができたりする。ドラム缶を投げられる場所では、スーパーマンなら上投げでぶん投げ、フラッシュなら転がして当てるといった具合に、専用アクションまで用意されている。

 さらに、画面端で相手を殴り飛ばしてステージ外に叩き出すというアクションも。もちろんふっ飛ばした先にある別の構造のマップでファイト続行する。技やモーションなどもそれぞれのキャラクターらしくなるよう注力されており、とにかくDCヒーローたちのバトルを今度こそ格ゲーにちゃんと落とし込もうと頑張っている感じがビンビンと伝わってきた。
 まぁあと、モーコンは絶対に日本で出せないけど、コレならネタがアメコミという以外は問題なさそうってのもいい点かな……アメコミブームも来ていることだし、なんとかなりませんか? 本作は海外では2013年にXbox 360とプレイステーション3、Wii Uで発売予定。


dcf_screens_5_21_2012_001_Hires.jpg dcf_screens_5_21_2012_018_HIRES.jpg dcf_screens_5_21_2012_107_Hires.jpg
dcf_screens_5_21_2012_202_Hires.jpg dcf_screens_5_21_2012_253_Hires.jpg DCF_screens_5_23_2012_31_hires.jpg
DCF_screens_5_23_2012_04HIRES.jpg DCF_screens_5_23_2012_39_HIRES.jpg

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。

【週間PVランキング】人気声優さんの新商品やまさかの『II』、『ポケモン』『妖怪ウォッチ』など年末に向けて大わらわ【11/15~11/22】

ファミ通.comの週間PVランキング、今回は2014年11月15日~11月22日までの集計結果を紹介します。

特集記事

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク