『ゾーン オブ エンダーズ HD エディション』長い沈黙を破り最新情報が公開に

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 ニュース PS Vita
制作発表以来、長いあいだ沈黙を守ってきた『ゾーン オブ エンダーズ HD エディション』。ついに、その画像など詳細が発表された。

●オービタルフレーム ジェフティ再起動

 圧倒的スピードで展開されるバトルを美しい映像で再現したロボットアクションゲーム、『ZONE OF ENDERS』シリーズ。10年近く前の作品でありながら、いまだ根強いファンを持つそのシリーズ2作品が、“HD エディション”となって復活する。ひさびさの情報となる今回は、改めて本作の概要に迫っていく。


zoe/01.jpg zoe/02.jpg

■ゾーン オブ エンダーズ

 “ゲームとアニメの融合”をコンセプトに、小島秀夫プロデュースのもと2001年に制作されたシリーズ第1作。シンプルで爽快感溢れるアクションと、まさにアニメのようなビジュアルで話題を呼んだ。


zoe/03.jpg zoe/04.jpg

西暦2172年。木星コロニーに住む少年レオは、突如戦闘に巻き込まれる。混乱の中、レオは偶然、戦闘用機動兵器“オービタルフレーム”に乗り込む。

■アヌビス ゾーン オブ エンダーズ

 2003年発売のシリーズ第2作。前作よりさらに進化したシステムで、よりスピーディーな作品へと仕上げられた。主人公を新たにし、快感を突き詰めた操作性を実現。疾走感に満ちたテーマ曲も話題に。


zoe/05.jpg zoe/06.jpg

西暦2174年。木星衛星の採氷作業員ディンゴは、作業中にジェフティを発見する。やがてディンゴは、望まぬ戦いへと巻き込まれていく。

●生まれ変わった超高速ロボットアクション

 本作は単に映像をHD化しただけではなく、サウンドやインターフェース類も、最新機種に合わせて最適化されている。720pの解像度でワイド画面、60フレームに対応し、臨場感が大きく増している。また、完全新規となるオープニングムービーや、各機種に合わせてトロフィー、実績解除機能も実装。初めて遊ぶ人はもちろん、オリジナル版を遊んだ人でも、新たな楽しみかたができる内容になっている。


zoe/07.jpg

インターフェース類を最適化。画面上はキャラクターや背景だけではなく、2Dで表示される映像やゲージ類、さらには文字フォントもすべて新たに作り直されている。これにより、情報の見やすさが格段に増している。

zoe/08.jpg

新規オープニングを収録。オリジナル版でも高い評価を得たオープニングムービーを超えるべく、完全新作映像を収録。2作品をまたぐ壮大な戦いを、スピーディーに描いた映像となっている。

●誰よりも速いフレームランナー(操縦者)となれ

 ロボットアニメの疾走感と、アクションゲームの爽快感、そのふたつが融合した本作では、あらゆるシーンがまさにアニメのワンシーンのような迫力で展開する。ここからは、それらの美しいアクションシーンと、おもな機体を紹介。


zoe/09.jpg

■ジェフティ
木星衛星軌道上のコロニーで極秘裏に開発された、オービタルフレームの1機。圧倒的パワーを誇り、優秀な戦闘支援コンピュータ“エイダ”を搭載。

zoe/11.jpg

■アヌビス
ジェフティと同時期に開発された、兄弟機とも呼べるオービタルフレーム。完成後、バフラム軍に奪取され、その後は指揮官のノウマンの愛機となる。

zoe/10.jpg

■ビッグバイパー
軌道外作業機械“LEV”のひとつ。飛行形態への変形が可能で、それによりオービタルフレームと同等の機動力を実現した。シリーズ第2作でのレオ搭乗機。

zoe/12.jpg

近距離での戦闘時は、右腕のブレードを使って攻撃。コンボ攻撃も可能で、与えるダメージは多いが、反撃を受けるリスクが高いため、敵との間合いが重要。

zoe/13.jpg

遠距離での戦闘時は、ショットなどの飛び道具を使って攻撃する。ゲームが進むと強力なレーザー兵器や、ホーミングミサイルなどのサブウェポンが登場し、多彩な攻撃がくり出せる。

zoe/14.jpg

近距離の敵や一部の建造物は、つかんで投げることができる。シリーズ第2作ではバリエーションが増え、つかんだ敵を振り回しての攻撃や、はがした壁を盾にして防御することも可能に。



※詳しくは週刊ファミ通2012年6月14日号(2012年5月31日発売)をチェック!



ゾーン オブ エンダーズ HD エディション
メーカー KONAMI
対応機種 プレイステーション3 / Xbox360 / PSVita
発売日 2012年10月25日発売予定
価格 各3980円[税込]
ジャンル アクション / SF・ロボット
備考 プレミアムパッケージ版は各8980円[税込]、PS Store ダウンロード版は3480円[税込]、Xbox 360版のダウンロード版は配信日未定・マイクロソフト ポイント未定、プレイステーション Vita版は2012年発売予定

(C)Konami Digital Entertainment ※画面はプレイステーション3版の開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』期間限定でマルチプレイヤーの経験値が2倍に! 装備品もプレゼント【ファミ通EE】

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』のマルチプレイヤーモードでは、本日(2014年11月29日)から、経験値が2倍になる“ダブルXP”が実施されている。今回のダブルXP期間は12月2日(火)深夜2時まで! 

ミンゴスこと、今井麻美さんの5pb.公式Webサイトが大幅リニューアル--さらに使いやすく!

声優、歌手として活躍する今井麻美さんの5pb.公式Webサイトが大幅なリニューアルを敢行。より見やすく、より使いやすく、正確な情報がまとまるサイトへと変化した。

『パズドラ』12/1から始まる“聖闘士星矢コラボ”の新要素まとめ

劇場版『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』ブルーレイ&DVDの発売を記念して、『パズドラ』で2014年12月1日(月)より2014年12月7日(日)までコラボ企画第2弾が開催される。

【話題】犬軍団

本日(2014年11月28日)公開された記事の中で、特に話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

川越隆幸×浜村弘一 コアすぎる『プロレスラーをつくろう!』トークバトル(完全版)

サミーネットワークスの『プロレスラーをつくろう! THE GOLDEN HOUR』を、週刊ファミ通12月11日・18日合併号(2014年11月27日発売)で、4ページにわたって紹介。記事内で、『つくろう』シリーズの生みの親であるサミーネットワークスの川越隆幸氏と、週刊ファミ通の編集主幹の浜村弘一による対談も掲載。誌面に収まりきれなかった話題も含め、ファミ通Appにて同対談の完全版をお届け!

無料コミック更新! 嘘を重ねる日々…『狼少年は今日も嘘を重ねる』3話

男性恐怖症の外鯨葵。そんな外鯨に恋をしている五木啓太郎。啓太郎は女装姿で外鯨と友達になってしまう。何も知らない外鯨に、男バージョンの姿で何度アタックしてみても、冷たくされる啓太郎――。はたしてこの恋、進展するのか!?

【モンスト家】11月29日、30日の亀クエ&降臨クエ時間割

週末開催予定の時間限定クエストのスケジュールのおさらいと今日のモンストおじさん。

Wii U/3DS『ロデア・ザ・スカイソルジャー』 360度に広がる大空を遊び尽くすスカイ・アドベンチャーの最新情報が公開

角川ゲームスは、 2015年春発売予定のWii U、ニンテンドー3DS用ソフト『ロデア・ザ・スカイソルジャー』の最新情報を公開。あわせて、公式サイトの更新を行った。

『三国テンカトリガー』 高難易度戦場“丁夫人襲撃!”で強力装備アイテムを手に入れろ

『三国テンカトリガー』にて、強力な装備アイテムを入手できる高難易度戦場“丁夫人襲撃!”が登場。

【アサシン クリード ユニティ】ゲームでフランス観光 パリのランドマークを紹介!

ユービーアイソフトのプレイステーション4、Xbox One、PC向けソフト、『アサシン クリード ユニティ』の特設サイトが更新された。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク