『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』“禁術”エクスカリバー、サラマンダーを紹介

ゲーム ニュース PS Vita
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレイステーション Vita用ソフト『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』の新たな情報が公開された。今回は、“禁術”エクスカリバー、サラマンダーなどを紹介していこう。

●ご都合主義ではない、“真実の”魔法――何を選択し、何を犠牲にするのか。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの新作プレイステーション Vita用ソフト『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』の新たな情報が公開された。今回は、世界の“ルール”や“犠牲と生贄”、“禁術”エクスカリバー、サラマンダーなどを紹介していこう。


■世界のルール(Rules of the World)

2012_pubart_手_修正.jpg

この世界は魔法の力が席巻している。それも、杖を振るだけで奇跡を起こせるような、ご都合主義の魔法ではない。代償あるがゆえの魔法である。力を得るためには、必ず相応の代償を差し出さなければならない。闘いの中で、もっと強大な魔力が欲しくなるだろう。ときには、体の部位。そして生命までを代償に最強の魔力を手に入れることを迫られるだろう。しかし、もし、強大な敵を倒すために差し出すべきが仲間の生命だとしたら――? 魔法使いは、つねに真の覚悟を持たなければならない。そう、本当は、魔法とは残酷なものなのだ。


■“真実の”魔法使い

firearmer_promo_fix.jpg iron_wepon_fix.jpg

今まで普通に考えられていた“魔法使い”……呪文を唱えるだけの弱々しい人間は、本作にはいない。命を懸け、“犠牲と代償”を払う覚悟を決めた“真実の”魔法使いだけが存在している。魔法使いたちは、身の回りのものを“供物(くもつ)”として犠牲に捧げることで、その右手から魔法を発動させる。供物に制限はない。ときには仲間を生贄にしたり、自らの肉体すら捧げ、強力な魔法を発動させて、魔法使いたちはみずからの目的を果たす。


■“真実の”葛藤

魔法使い_男.jpg

生きていく中で、人は常に“選択”することを求められる。また、何かを成し遂げるには、相応の代償を払わなければならないのが理だ。いままでゲームで表現できなかったこのエモーショナルな部分に、本作はスポットを当てている。この世界には、欲に負け、魔法の使いかたを誤り、魔物に堕ちてしまった“元人間”たちが、数多くいる。魔法使いたちは、魔物を駆除する使命を受けているが、彼らを“救済”することもできる。しかし、誰かを助けることは、他の誰かを殺すことになるかもしれない……。誰を救い、何を信じて生きるのか。プレイヤーは“真実の”葛藤を迫られることになる。


■供物を用いた魔法 -岩を使った場合-

岩鎧_高解像度.jpg 魔法鎧岩石02.bmp 岩鎧_バックショット.jpg

魔法使いは、さまざまなものを供物として用いる。岩や溶岩から、鎧を生み出すことも、あるいはゴーレムを生み出すことも可能だ。貴重な供物ほど強力な魔法が放てる。ただ、魔法を用いた犠牲として、供物は消費される。使いどころは考えねばならない。プレイヤーはここでもまた、選択を強いられることになる。


■禁忌とされる魔法 -禁術-
禁術とは、仲間を生贄にしたり、自分自身を犠牲にして発動する強力無比な魔法である。

<エクスカリバー>
自身の脊髄と内臓を引き出して、敵を貫く最強の剣へと変える禁術エクスカリバー。内臓を失ったプレイヤーは、発動後死亡する。


エクスカリバー004.jpg エクスカリバー002_1.jpg エクスカリバー003.jpg
エクスカリバー00.jpg エクスカリバー01.jpg
エクスカリバー02.jpg エクスカリバー05.jpg

<サラマンダー>
体を燃焼させ、燃え盛る炎をまとう。業火を自在に操れるようになるが、術者には大やけどを負う覚悟が求められる。


サラマンダー01.jpg サラマンダー02.jpg
サラマンダー01.jpg サラマンダー02.jpg
サラマンダー03.jpg サラマンダー04.jpg
Cyclops.jpg

■モンスター紹介 -サイクロプス-
その鍛冶屋は優秀だった。ただいつも2番目だった。ライバルの作る武器に嫉妬し、その欲望の大きさゆえに魔法の力へ溺れていく。自らの片目を代償にして、最強の槍を生み出した。その結果、肝心の鍛冶屋本人は、欲望を叶えた代償として異形の魔物へと変化した。それが本作のサイクロプスである。通常のファンタジーではひとつの大きな目が特徴の巨人として描かれるサイクロプスも、本作のコンセプトを反映させると、嫉妬深さと自己顕示欲が肥大化して生まれた魔物となる。



SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 PSVita
発売日 今冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション
備考 オンライン:協力プレイ(アドホック、Wi-Fi)、その他未定

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第16回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第16回。超えられるか、ウカムルバス!

【ホリ伝説ドットコム第21回】4期TOPANGA Aリーグ応援感謝!激闘プレイバック【sako回】

ホリの製品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はチームホリのプロゲーマーsako選手が登場し、TOPANGA Aリーグを振り返ります。

『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

みんなのアニキ・竹内力も登場! 『龍が如く0 誓いの場所』大阪体験会リポートその(1)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』のスペシャル体験イベントが開催された。その場には、本作の出演者である竹内力氏も登場!

“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition/真島吾朗 Edition”がソニーストア限定で発売決定 アナタはどちらを選ぶ?

『龍が如く0 誓いの場所』のプレイステーション4版の発売を記念して、“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition”と、“PlayStation 4 龍が如く0 真島吾朗 Edition”が、ソニーストア限定で発売されることになった!

【先出し週刊ファミ通】あなたの1票が2014年のナンバーワンのゲームを決める! “ファミ通アワード2014”ただいま投票受付中!(2014年12月25日発売号)

2015年12月15日発売の週刊ファミ通で、2014年のナンバーワンのゲームを決める“ファミ通アワード2014”の投票を受付中!

【話題】新オフィスとその周辺

本日(2014年12月22日)公開された記事の中で、とくに話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

今回のプレゼントは……? 原由実さん5thシングル『Crossover』発売記念握手会&お渡し会リポート

2014年11月23日に5thシングル『Crossover』の発売を記念して行われた、原由実さんの握手会&お渡し会の模様をリポート。

【新作】ローグライクRPGとして新生した『ウィザードリィ』シリーズ最新作がAndroidで配信開始

タイトーは、事前登録を実施していた新作タイトル『ウィズローグ―ラビリンス オブ ウィザードリィ―』のAndroid版の配信を開始した。

【事前登録】『ブレイブリー』シリーズ初のスマホ向けタイトル配信決定! 事前登録は本日(12月22日)より

スクウェア・エニックスは、本日(2014年12月22日)完全新作のスマートフォン向けタイトル『BRAVELY ARCHIVE D’s report(ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート)』を発表、これに合わせて事前登録も開始した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク