『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』天城雪子と巽完二のストーリーモードを紹介

人気RPG『ペルソナ4』の正統なる後日談が、2D格闘ゲーム内の書き下ろしシナリオとして楽しめる本作。今回は、家庭用ゲーム機版で新たに搭載されるストーリーモードの新情報を紹介する。
平成28年熊本地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

●戦いを重ねて心も体も強くなれ

 人気RPG『ペルソナ4』の正統なる後日談が、2D格闘ゲーム内の書き下ろしシナリオとして楽しめる本作。今回は、家庭用ゲーム機版で新たに搭載されるストーリーモードの新情報を紹介する。『ペルソナ4』で主人公とともに戦った天城雪子と巽完二についても、後日談が初めて描かれるのだ。


■天城雪子

 高校3年生に進級した雪子。料理の腕が成長した証を見せようと意気込んでいたところ、“マヨナカテレビ”の噂を聞きつけ、作りたてのお弁当を持ったままテレビの中の世界へ入ることに。お弁当をきっかけに、彼女はひとりの少女と出会い、やがてふたりの絆が生まれる。


p4u/p4u01.jpg p4u/p4u02.jpg
p4u/p4u03.jpg p4u/p4u04.jpg

▲“八十神高校の生徒会長”を自称するラビリスと、雪子の触れ合い。行動をともにするうちに、友情が育まれていく。

■巽 完二

 ゴールデンウイークに稲羽市へ帰ってくる主人公(鳴上悠)のために、編みぐるみを手作りすることにした完二。自宅で眠気と戦いながら作業を行っていたが、ふと気づくと、八十神高校の校門前に立っていた。「そうか、これは夢だ!」と理解した彼は、意気揚々と格闘大会に挑む。


p4u/p4u05.jpg p4u/p4u06.jpg
p4u/p4u07.jpg p4u/p4u08.jpg

▲完二がかつて対峙し、乗り越えたはずの“もうひとりの自分”が再び登場する。どうやらこれは、夢ではないらしい……?

※詳しくは週刊ファミ通5月31日号(2012年5月17日売り)をチェック!!



ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
メーカー アトラス
対応機種 アーケード / プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2012年8月2日発売予定
価格 各7329円[税込]
ジャンル アクション / 格闘
備考 プレイステーション3版はPlayStation Network対応、Xbox 360版はXbox LIVE対応、アーケード版は稼動中、1プレイ料金100円、プロデューサー:橋野桂、森利道、ディレクター:和田和久、井口屋タクミ、キャラクターデザイナー:副島成記、サウンドコンポーザー:目黒将司

(C)Index Corporation 1996,2011 Produced by ATLUS ※画面はプレイステーション3版の開発中のものです。