『バイオハザード ダムネーション』、10月27日より全国ロードショー決定!

ゲーム ニュース
『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメーション第2弾『バイオハザード ダムネーション』は、2012年10月27日より、新宿ピカデリーほかでの全国ロードショーが決定した。

●”レオン最悪の一日”を描く、『バイオハザード』ファン待望の新作

bio_dam_logo_J.jpg

 『バイオハザード ダムネーション』は、フルCG長編アニメーションとして話題を呼んだ『バイオハザード ディジェネレーション』に続く第2弾。新宿ピカデリーほか全国2館、2週間限定公開で動員33000人、興行収入4300万、DVD&BDも全世界累計160万本以上というヒットとなった前作から、5年ぶりの続編となる。
 以下、リリースより抜粋。


BH2_TZ_FIX_JP.0829_s.jpg

バイオハザード』の真髄でもある“ハラハラ、ドキドキ”をよりリアルに体験頂こうと、今回は”3D版”も登場。最新のデジタル技術:モーション・キャプチャを駆使し、ハイクオリティな質感とド迫力の3D効果が加わり、前作を上回る圧倒的な映像体験で観客をシートに釘付けにします。主人公は前作に引き続き、シリーズの人気キャラクターであるレオン・S・ケネディ。内戦の続く東欧の小国で孤立無援の過酷な戦いがレオンを襲う!
全世界販売累計4700万本の出荷を記録し、昨年、誕生から15周年を迎えた日本が世界に誇る最も代表的なゲーム『バイオハザード』。今年は9/14(金)公開の『バイオハザードV リトリビューション』を皮切りに10/4(木)にはシリーズ最新作ゲーム「バイオハザード6」がリリースされ、そして10/27(土)からは本作『バイオハザード ダムネーション』公開と、この秋は、実写版、新作ゲーム、そしてCG映画と、『バイオハザード』ファン感涙の怒涛の連続リリースを控え、劇場もまさにバイオ一色に染まります。

【ストーリー】
米国大統領直属のエージェント、レオ・Sケネディは内戦が続く東欧小スラブ共和において生物兵器「B.O.W.」が実戦投入されているとう情報を受け、現地に 単独潜入。その直後、米国は同から撤退を決めレオンにも退去命令が下る。しかし、レオンは真実に迫りB.O.W.がもたらす悲劇の連鎖を食い止めるべく、命令無視し、戦場へと独り身を投じる。レオンのもっと過酷で最悪一日が始まる。


 【制作陣コメント】

監督:神谷 誠 「内戦の続く東欧の小国で誰ひとり味方のいない中、前作より過酷な戦いが繰り広げられます。乞うご期待!」
脚本:菅 正太郎 「前作を遥かに凌ぐ作品になりました。激変する時代の中で、バイオハザードの新しい幕開けです。」
プロデューサー:小林 裕幸 「まさに今年は「バイオハザード」の年。楽しめる作品となりますのでご期待ください。」

監督:神谷 誠
脚本:菅 正太郎
プロデューサー:小林 裕幸
制作: デジタル・フロンティア
製作・著:バイオハザード CG2 製作委員会
配給:ソニー・ピクチャズ エンタテイメト


(c)2012 カプコン /バイオハザード CG2 製作委員会



この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『干物妹! うまるちゃん』がシミュレーションゲームになって登場(2015年7月9日発売号)

7月より放送開始されるテレビアニメ『干物妹! うまるちゃん』が、シミュレーションゲームになって登場。プレイヤーは、土間タイヘイとなって、家でグータラ過ごす“干物妹(ひもうと)”のうまるの生活態度を改めるべく、管理&育成することになる。

【先出し週刊ファミ通】E3 2015をゲームクリエイターや本誌取材班が振り返り! 現地調達のプレゼントも(2015年7月9日発売号)

週刊ファミ通2015年7月9日発売号では、アメリカ・ロサンゼルスで2015年6月16日〜18日(現地時間)に開催された世界最大級のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)を振り返り。25名のゲームクリエイターにアンケートを実施したほか、本誌取材班のそれぞれが注目したトピックを解説。

【パズドラトレンド】天使と死神の実力はいかに?

『パズドラ』のさまざまなモンスターをピックアップして紹介していくコーナー。

【夕刊】星に願いを

最近公開された記事の中で、編集者が気になったものをコメントとともにまとめてご紹介します。

『NARUTO-ナルト-』“大阪忍の里デジタルスタンプラリー”が開催決定 なんば駅など6ヵ所にキャラクターが大集合

2015年7月18日より“連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展”が大阪会場で開幕することを記念して、大阪市交通局と連動した大型キャンペーン企画“大阪忍の里デジタルスタンプラリー”が、展覧会会期中に実施となる。

“機動戦士ガンダム展”まもなく開幕!  原寸大のガンダム・ヘッドなど東京展の追加情報が解禁

2015年7月18日(土)から9月27日(日)まで、東京・六本木の森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催される“機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM”。その東京展の展示内容が新たに公開された。

『ファイブスター物語』第13巻が8月10日に発売決定! 永野護氏公式サイトのページデザインも13巻仕様に

永野護氏が手がける『ファイブスター物語』13巻が2015年8月10日に発売されることが、永野護公式サイト、Twitter永野護作品公式アカウント、WebNewtypeで発表された。発表にともない、永野護公式サイトのページデザインは『ファイブスター物語』13巻バージョンに変更されている。

“女性が本気で楽しめるゲーム”を生み出すためにサイバーエージェントが専門スタジオを設立

サイバーエージェントはスマホ版女性向けゲーム制作に特化した専門スタジオ“GG Studio”の設立を発表。

【先出し週刊ファミ通】桝田省治氏の名作ケータイアプリ『勇者死す。』がプレイステーション Vitaでフルリメイク決定!(2015年7月9日発売号)

鬼才・桝田省治氏が手掛けたケータイアプリで、魔王が死んだ後の世界、そして、主人公の勇者の葬儀という、衝撃なテーマが話題となった『勇者死す。』。名作の呼び声高い、『勇者死す。』がプレイステーション Vitaで発売決定!

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

スポンサードリンク