『二ノ国 白き聖灰の女王』欧米で発売決定 レベルファイブ日野晃博氏インタビュー【GGD 2012】

ゲーム プレイステーション3 ニュース
“NAMCO BANDAI Global Gamers Day 2012”において、『二ノ国 白き聖灰の女王』が欧米で発売となることが発表された。レベルファイブの日野晃博氏に、海外展開にあたっての意気込みを伺った。

●日本風に作った作品が、海外でより大きな結果に

 アメリカ・ラスベガスにて、2012年4月11日~12日(現地時間)に開催された、バンダイナムコゲームスのプライベートショウ“NAMCO BANDAI Global Gamers Day 2012”において、『二ノ国 白き聖灰の女王』が欧米で発売となることが発表された。レベルファイブの日野晃博氏に、海外展開にあたっての意気込みを伺った。


Web_ninokuni/NinoKuni_logo_final.jpg Web_ninokuni/01 Animation.jpg
Web_ninokuni/Fighting Scene.jpg Web_ninokuni/Motorville.jpg
Web_ninokuni/日野様.JPG

――発売は2013年第一四半期と、少し先ですね。
日野晃博氏(以下、日野) 今回は、とくに翻訳をしっかりやりたいと考えているのですが、本作は100万ワード以上の膨大な言葉で構成されているので、どうしても時間がかかってしまうんです。

――カンファレンスでは英語音声の映像も流れていましたが、とてもフィットしていましたね。
日野 キャラクターのなまりなどにもこだわっていて、たとえば大阪弁で話すシズクなら、ウェールズ地方のなまりでしゃべる、という感じになっています。そういった細かい部分も含めて、日本でやってきたことをうまく再現しています。

――日本語のニュアンスをそれだけ正確に表現するのは、かなり困難な作業なのでしょうね。
日野 今回、弊社で翻訳ディレクターを立てて制作を進めているのですが、彼はその道の経験が長くて、実績十分な人物なんです。

――その方は、『レイトン教授』シリーズなどのローカライズも担当されていたのですか?
日野 いえ、そのころはまだいませんでした。今回からですね。

――ということは、強力な新戦力を得て、今後さらに世界展開がスムーズに進みそうですね。
日野 僕もいろいろな細かいキーワードに対して、それがクールなのかどうかまではわかりませんからね。言語の面はいつも苦労するところなので、今後はよりしっかりとやっていきたいと思っています。

――ニンテンドーDSの『二ノ国 漆黒の魔導士』は欧米でのリリースがありませんでしたが、今回PS3の『二ノ国 白き聖灰の女王』で海外展開を決意されたのは、なぜなのでしょうか。
日野 DS版は、同梱の本“マジックマスター”を使って進めていく内容になっていましたよね。この本と同梱した形での販売が、海外では非常に難しいんです。また、本の翻訳がとてもたいへんだというのもあって、断念したという経緯があります。

――『白き聖灰の女王』については、当初から世界展開を視野に入れて制作されていたのでしょうか?
日野 はい。ですから戦闘システムでも、ふつうにコマンドを選んで戦うだけのものではなく、世界で受け入れられるバトルとはどんなものかを考えながら作りました。

――欧米でお披露目して、反響はいかがですか。
日野 極めていいですね。スタジオジブリのアニメーション、久石譲さんの音楽は、欧米でも大きな売りになると思っています。

――欧米でのリリースにあたって、変更や追加などされる要素はあるのでしょうか?
日野 細かい部分の変更は少しあります。いずれ発表していきますが、ボリュームを追加したり、オンラインコンテンツを若干充実させたり、というのは考えています。

――海外展開のつぎには、シリーズの新展開も期待してしまいますが……?
日野 続編についても、ここでいい結果が出れば、続けてやっていきたいですね。日本テイストのキャラクターを海外に向けて打ち出していくという意味でも、ぜひ成功させて、つぎの作品につなげていきたいと考えています。過去に僕が手掛けた『ダーククラウド』は、日本での販売本数は12万くらいでしたが、北米でかなりの売り上げを伸ばし、最終的には世界で100万本以上を突破したんです。そんなふうに、日本風に作った作品が、日本よりも海外のほうで売れるということもあって、『ダーククラウド』、『ダーククロニクル』はまさにそういう作品でした。『レイトン教授』シリーズも、日本でもヒットしましたが、海外のほうがより大きな結果が出ていますよね。スタジオジブリさんの力もありますし、僕自身もとても期待しています。


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【ブレフロ攻略】マナの聖域

『ブレフロ』のコラボダンジョン“マナの聖域”の攻略情報をお届け。

無料コミック更新! 外鯨さんの意外な悩みが発覚!『狼少年は今日も嘘を重ねる』2話

姉から女装姿にされてしまった五木啓太郎は、以前から好きだった外鯨葵と鉢合わせてしまう。しかし、正体がバレなかったため、自らを女性の“イツキ”として接することになった。啓太郎をすっかり女性と信じてしまった外鯨から、ある相談を持ちかけられる。

無料コミック更新! 記憶を繋ぐ新たな情報を求めて……『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』7話

迷宮の奥へ進むと、フレドリカの記憶に関するある手がかりが発見される。しかし、さらに奥へ進むには新たな樹海磁軸が必要だった。ファーンたちは一度街へ戻り、執政院へ情報を求めに行くことに。

【ファミ通の攻略本】『禁忌のマグナ』完全攻略本発売! 攻略情報とイラスト、どっちも見たいあなたに贈ります♪

ゲームの基本から精霊たちとの絆を深めるイベントバトル、周回プレイのお役立ち情報まで徹底フォロー。近衛乙嗣氏のキャラクターイラストも大きめサイズで掲載しています。

『月刊ファミ通feat.』と『エミル・クロニクル・オンライン』のコラボサントラCDが10月31日に“エビテン[ebten]”で発売

総合ゲーム情報バラエティー番組『月刊ファミ通feat.』と『エミル・クロニクル・オンライン』のコラボサントラCDがECサイト“エビテン[ebten]”で2014年10月31日に発売される。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

舞台『弱虫ペダル 箱根学園篇 ~野獣覚醒~』の主人公は荒北! “泥臭い”青春物語が展開するゲネプロ公演をリポート

渡辺航氏のマンガ『弱虫ペダル』を原作にした舞台作品『弱虫ペダル 箱根学園篇 ~野獣覚醒~』が、本日2014年10月30日(木)より東京・六本木ブルーシアターで上演されている。初日公演前に行われたゲネプロ(公開稽古)の模様をリポート!

『花咲くまにまに』 連動購入キャンペーンの特典“アクリルキーホルダー”の描き下ろしイラストが公開!

MAGES.は、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『花咲くまにまに』について、“『花咲くまにまに』連動購入キャンペーン”特典の、アクリルキーホルダーの描き下ろしイラストを公開した。

『乖離性ミリオンアーサー』URが出るまで事前登録ガチャをまわしてみた

『乖離性ミリオンアーサー』URが出るまで事前登録ガチャをまわしてみた!

共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』 100万DL突破で記念キャンペーン

面白法人カヤックの共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』が、100万ダウンロードを突破。ミリオン記念限定キャンペーンがスタートした。

特集記事

週間 販売ランキング

  • 3位
  • PS3サイコブレイク
  • 販売 66033
  • 4位
  • PS4サイコブレイク
  • 販売 54341

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク