映像配信サービスHuluが月額料金を980円に値下げ! 国内でのWii対応も2012年内に実施

フールージャパンが記者発表会を開催し、同社の提供する定額制映像配信サービス“Hulu”について、4月12日より利用料金を従来の月額1480円[税込]から980円[税込]にすることと、2012年内にWiiでの配信をスタートすることを発表した。
平成28年熊本地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

●725本以上の映画と5000話以上のテレビ番組を定額で視聴可能

DSCF0643.JPG

 フールージャパンは2012年4月11日、東京都港区の自社オフィスで記者発表会を開催し、同社の提供する定額制映像配信サービス“Hulu”について、4月12日より利用料金を従来の月額1480円[税込]から980円[税込]にすることと、2012年内にWiiでの配信をスタートすることを発表した。

 Huluは、月額料金を支払うことで、対応テレビや、PC、スマートフォン、タブレット、各種ゲーム機などで映画やドラマなどを試聴できるサービス。プラットフォームごとに契約する必要がなく、スマートフォンで観ていたものの続きをPCで観るといったクロスプラットフォーム再生にも対応しているのが特徴だ。
 ゲーム機については、国内ではこれまでプレイステーション3とXbox 360での提供がすでに行われており、今回Wiiに対応することで、現行の据え置きゲーム機3ハードをカバーすることになる。

 また、今回の値下げにあたって、既存の契約者には500円分のクレジットが4月12日以降の次回請求の際に提供されることも発表。一方で、新規登録者の無料トライアルは、現行の1ヶ月から2週間へと変更されている。合わせて4月23日よりテレビCMや屋外広告などを通じて国内初のブランド広告キャンペーンを実施し、さらなる利用者拡大を目指していく方針も明かされた。


DSCF0632.JPG DSCF0628.JPG

 発表を行ったのは、同社国際部 上級副社長のヨハネス・ラーチャー氏。ラーチャー氏は昨年9月のサービス当初と比較し、コンテンツ提供元が6社から20社に増え、コンテンツ数が213%増加して、725本以上の映画と5000話以上のテレビ番組の視聴が可能になったと発表。
 Huluにとって日本は初の海外マーケットとなるが、直近でもテレビ東京のアニメやドラマなどが配信開始されているように、日本での提供20社のうち半数が日本と韓国のアジア圏で新規に獲得したパートナーとなっている。
 「イナズマイレブンGO」や「ダンボール戦機W」などは、テレビ東京での放送の翌日から最新話が見られるようになっており、かなり力が入っている印象だ。フールージャパンでは、今後も新たなコンテンツパートナーの獲得を含め、ラインアップを強化していくとのこと。

 ちなみに、昨年10月にニンテンドウ・オブ・アメリカはHuluのWii対応と同時にニンテンドー3DSへの対応も発表している。こちらについて日本国内での対応がどうなるかラーチャー氏に聞いてみたところ、将来的には検討しているが、まずはWiiに対応したいとの回答だった。ニンテンドー3DS対応は本国アメリカでもまだ完了しておらず、順次といったところか。
 また、日本で行われている月額定額モデルは、実はアメリカではHulu+というサービスで、本来のHuluとは広告収入による無料配信サービスであったりもするのだが、広告モデルによる提供は現状検討していないとのことだった。