『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド』角川ゲームスXグラスホッパー・マニファクチュア第2弾!

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 ニュース
殺し屋、死す!? グラスホッパー・マニファクチュアの須田氏が放つ、渾身のドラマティックアクション!!

●角川ゲームスXグラスホッパー・マニファクチュア第2弾始動

 『ロリポップチェーンソー』を鋭意開発中の角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアが、さらなる新作タイトルを発表! その名も『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』(以下、『KID』)!! 開発のキーマンである角川ゲームスの安田善巳氏と、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏への独占取材を敢行したので、お見逃しなく!


killer/001.jpg

●開発のキーマン安田氏が本作への意気込みを語る

killer/003.jpg

安田善巳氏
角川ゲームス 代表取締役社長
『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』エグゼクティブプロデューサー

KID』の企画は、『ロリポップチェーンソー』の開発が軌道に乗り始めた2009年の年末に始動しました。手始めに角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアによる研究開発チームを作り、その成果をゲームに落とし込んだのが、『KID』の試作版でした。本作は、須田さんのエッジの利いたセンスがいかんなく発揮されたゲームで、『ロリポップチェーンソー』とは正反対の魅力を持っています。これまで殺し屋がテーマの作品を手掛けてきた須田さんの、集大成的な位置付けのゲームになるでしょう。この作品を角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアの新たな柱にするべく鋭意開発中です。また、本作は『ロリポップチェーンソー』と同様にワールドワイドで展開していく予定です。制作は、これからまさに佳境を迎えるという段階ですが、幅広いゲームユーザーの皆さんに楽しんでいただける作品を目指して、スタッフ一同がんばります。


●須田剛一氏が綴る、“生と死”そして“愛”の物語

須田氏の代表作である『killer7』と『ノーモア★ヒーローズ』と言えば、殺し屋の主人公が活躍する作品。しかし、最新作『KID』の主人公は、殺し屋ではなく、処刑人だという。これまでの作品とは、やや趣向の異なる『KID』に懸ける須田氏の熱い想いの一部を紹介。


killer/002.jpg
killer/004.jpg

須田剛一氏
グラスホッパー・マニファクチュアCEO
『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』エグゼクティブディレクター

Q、題名に込められた意味は?

KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』というタイトルから、『killer7』の続編をイメージされた方もいるとは思いますが、今回は完全オリジナルの新作です。とは言え、僕がこれまでに手掛けてきた『killer7』や『ノーモア★ヒーローズ』といった“殺し屋系ゲーム”のエッセンスが凝縮された作品になることは間違いありません。ただし、今回は殺し屋が主人公ではなく、敵として登場するのがポイントです。主人公は“処刑人”と呼ばれる職業で、世界中のS級極悪犯罪者たちをつぎつぎと始末していくことになります。つまり題名は「殺し屋を殺せ」という意味になります。そして肝心のゲーム内容はと言うと、『ノーモア★ヒーローズ』のような剣術アクションをイメージしてもらえれば、わかりやすいと思います。しかし、今回はただ敵と斬り合うだけではなく、『KID』ならではの新システムも用意しています。いまはまだシステムやゲーム画面をお見せすることはできませんが、きっと皆さんがビックリするようなものになっているので、ぜひご期待ください。現在のゲーム業界では、完全オリジナルのタイトルを立ち上げて、それをヒットさせるのが簡単ではない時代だと思います。どうすれば新規タイトルがより多くの皆さんの目に触れるのか、そこに紐づくゲームの中身も含めて、角川ゲームスさんとグラスホッパー・マニファクチュアのスタッフ間でガリガリと詰めているところです。『ロリポップチェーンソー』では“ポップでキュート”なイメージをゲームに落とし込むことで、いい流れを作ることができました。それに対して『KID』ではまったく別の方向性を提示したいと考えています。今回のキーワードは、ずばり“ブリリアント(輝かしい/華麗な)なゲーム”。幅広いプレイヤーの皆さんに、濃厚かつブリリアントなゲーム体験を提供し、ゲームの新しい未来を感じるような作品にしたいと思っています。もちろん、ストーリーや演出面では、これまで僕が『killer7』や『ノーモア★ヒーローズ』などで表現してきたスタイルが全開となっています。“どうせやるなら中途半端ではなく、とことんやる”という姿勢です。『KID』は、目を背けたくなるのに離せない、そんな刺激的な内容のゲームにしたいと思っています。


※週刊ファミ通2012年4月19日号(2012年4月5日発売)にはインタビュー全文を掲載!



KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)
メーカー 角川ゲームス
対応機種 プレイステーション3 / Xbox360
発売日 2013年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 処刑
備考 開発:グラスホッパー・マニファクチュア、エグゼクティブディレクター:須田剛一、エグゼクティブプロデューサー:安田善巳

(C)2012 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『メイプルストーリー』ד初音ミク”のタイアップ企画が開始! 11周年イベントも同時開催

ネクソンは、PC用オンラインゲーム『メイプルストーリー』において、本日2014年8月27日(水)より、バーチャル・シンガー“初音ミク”とのタイアップ企画を実装したアップデートを実施した。

『セイクリッド3』の公式サイトが更新 強力な固有技“コンバットアーツ”や“ウェポンスピリット”の情報も公開

スパイク・チュンソフトより、2014年8月28日発売予定のプレイステーション3用ソフト『セイクリッド3』の公式サイトが更新された。

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』プレゼントキャンペーンが発売日の8月28日より実施

アトラスは、2014年8月28日発売予定のプレイステーション3用ソフト『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』について、発売日よりプレゼントキャンペーンを実施する。

『マリオカート8』に『ゼルダの伝説』の“リンク”や『どうぶつの森』の“むらびと”“しずえ”などが参戦決定!

任天堂は、2014年8月27日、Wii U用ソフト『マリオカート8』について、更新データの配信を開始。あわせて、今後配信予定の追加コンテンツ情報も公開した。

3DS『ニコニコ』がニンテンドーeショップでの支払いに対応開始 “世界!100万人のスレ祭り”がスタート

ドワンゴならびにキテラスは、配信中のニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『ニコニコ』を本日2014年8月27日よりver1.70にアップデートし、ニンテンドーeショップでニコニコプレミアムチケットの支払いが可能となった。また、キャンペーン“世界!100万人のスレ祭り”もスタートした。

『パズドラ』ムラコフォロワー110万人! Twitter連動アンケート開始

『パズドラ』公式Twitterのフォロワー110万人突破を記念して、Twitter連動アンケートが実施される。

サイバーコネクトツー夏の新グッズがAmazon.co.jpで販売開始、“.hack//SUMMER 2014セット”など多彩なラインアップ

サイバーコネクトツーは、2014年8月15日(金)~8月17日(日)にコトブキヤ秋葉原館で開催した“CC2サマーキャンペーン2014”にて先行販売した“.hack//SUMMER 2014セット”や“ソラトロ本3セット”、“フルボッコヒーローズセット”などの新グッズについて、2014年8月27日より、Amazon.co.jpでも販売を開始した。

『モンスト』世界累計利用者数1200万人突破!

ミクシィは『モンスターストライク』が8月27日に世界累計利用者数1200万人を突破したことを発表した。

バンダイナムコゲームス“スマホ祭アイテム10ゲット!”キャンペーン開催

『バンダイナムコゲームススマホ祭アイテム10ゲット!!』キャンペーンを2014年8月26日(火)~9月9(火)まで開催している。

『F1 2014』生まれ変わったレッドブル・リンクを疾走するリプレイムービー第2弾が公開【動画あり】

コードマスターズは、2014年10月2日発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『F1 2014』のリプレイムービー第2弾を公開した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク