『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド』角川ゲームスXグラスホッパー・マニファクチュア第2弾!

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 ニュース
殺し屋、死す!? グラスホッパー・マニファクチュアの須田氏が放つ、渾身のドラマティックアクション!!

●角川ゲームスXグラスホッパー・マニファクチュア第2弾始動

 『ロリポップチェーンソー』を鋭意開発中の角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアが、さらなる新作タイトルを発表! その名も『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』(以下、『KID』)!! 開発のキーマンである角川ゲームスの安田善巳氏と、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏への独占取材を敢行したので、お見逃しなく!


killer/001.jpg

●開発のキーマン安田氏が本作への意気込みを語る

killer/003.jpg

安田善巳氏
角川ゲームス 代表取締役社長
『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』エグゼクティブプロデューサー

KID』の企画は、『ロリポップチェーンソー』の開発が軌道に乗り始めた2009年の年末に始動しました。手始めに角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアによる研究開発チームを作り、その成果をゲームに落とし込んだのが、『KID』の試作版でした。本作は、須田さんのエッジの利いたセンスがいかんなく発揮されたゲームで、『ロリポップチェーンソー』とは正反対の魅力を持っています。これまで殺し屋がテーマの作品を手掛けてきた須田さんの、集大成的な位置付けのゲームになるでしょう。この作品を角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアの新たな柱にするべく鋭意開発中です。また、本作は『ロリポップチェーンソー』と同様にワールドワイドで展開していく予定です。制作は、これからまさに佳境を迎えるという段階ですが、幅広いゲームユーザーの皆さんに楽しんでいただける作品を目指して、スタッフ一同がんばります。


●須田剛一氏が綴る、“生と死”そして“愛”の物語

須田氏の代表作である『killer7』と『ノーモア★ヒーローズ』と言えば、殺し屋の主人公が活躍する作品。しかし、最新作『KID』の主人公は、殺し屋ではなく、処刑人だという。これまでの作品とは、やや趣向の異なる『KID』に懸ける須田氏の熱い想いの一部を紹介。


killer/002.jpg
killer/004.jpg

須田剛一氏
グラスホッパー・マニファクチュアCEO
『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』エグゼクティブディレクター

Q、題名に込められた意味は?

KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』というタイトルから、『killer7』の続編をイメージされた方もいるとは思いますが、今回は完全オリジナルの新作です。とは言え、僕がこれまでに手掛けてきた『killer7』や『ノーモア★ヒーローズ』といった“殺し屋系ゲーム”のエッセンスが凝縮された作品になることは間違いありません。ただし、今回は殺し屋が主人公ではなく、敵として登場するのがポイントです。主人公は“処刑人”と呼ばれる職業で、世界中のS級極悪犯罪者たちをつぎつぎと始末していくことになります。つまり題名は「殺し屋を殺せ」という意味になります。そして肝心のゲーム内容はと言うと、『ノーモア★ヒーローズ』のような剣術アクションをイメージしてもらえれば、わかりやすいと思います。しかし、今回はただ敵と斬り合うだけではなく、『KID』ならではの新システムも用意しています。いまはまだシステムやゲーム画面をお見せすることはできませんが、きっと皆さんがビックリするようなものになっているので、ぜひご期待ください。現在のゲーム業界では、完全オリジナルのタイトルを立ち上げて、それをヒットさせるのが簡単ではない時代だと思います。どうすれば新規タイトルがより多くの皆さんの目に触れるのか、そこに紐づくゲームの中身も含めて、角川ゲームスさんとグラスホッパー・マニファクチュアのスタッフ間でガリガリと詰めているところです。『ロリポップチェーンソー』では“ポップでキュート”なイメージをゲームに落とし込むことで、いい流れを作ることができました。それに対して『KID』ではまったく別の方向性を提示したいと考えています。今回のキーワードは、ずばり“ブリリアント(輝かしい/華麗な)なゲーム”。幅広いプレイヤーの皆さんに、濃厚かつブリリアントなゲーム体験を提供し、ゲームの新しい未来を感じるような作品にしたいと思っています。もちろん、ストーリーや演出面では、これまで僕が『killer7』や『ノーモア★ヒーローズ』などで表現してきたスタイルが全開となっています。“どうせやるなら中途半端ではなく、とことんやる”という姿勢です。『KID』は、目を背けたくなるのに離せない、そんな刺激的な内容のゲームにしたいと思っています。


※週刊ファミ通2012年4月19日号(2012年4月5日発売)にはインタビュー全文を掲載!



KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)
メーカー 角川ゲームス
対応機種 プレイステーション3 / Xbox360
発売日 2013年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 処刑
備考 開発:グラスホッパー・マニファクチュア、エグゼクティブディレクター:須田剛一、エグゼクティブプロデューサー:安田善巳

(C)2012 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

小林裕幸氏や小嶋慎太郎氏も登場! “CAPCOM 5都市店頭イベント≪東京会場≫”レポート

2015年5月24日(日)、東京都・池袋にあるヤマダ電機LABI1池袋モバイルドリーム館で、小林裕幸プロデューサーと小嶋慎太郎プロデューサーによるトークショウ&サイン会、そして『デビル メイ クライ 4 スペシャル エディション』と『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』、『戦国BASARA4 皇』の試遊会が開催された。

【モンスト家】5月25日の亀クエ&降臨クエ時間割

本日開催予定の時間限定クエストのスケジュールのおさらいと今日のモンストおじさん。

今井麻美さんNewシングル『朝焼けのスターマイン』アニメ盤のミニドラマに出演する内匠靖明さん&雨宮天さんのコメントが到着

声優、歌手として活躍する今井麻美さんのNewシングル『朝焼けのスターマイン』(2015年6月3日発売予定)。テレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』のエンディング曲として起用されている同曲の“アニメ盤”シングルには、水柿ツカサ役の内匠靖明さん(文中は内匠)と、アイラ役の雨宮天さん(文中は雨宮)出演のミニドラマが収録される。

『しんけん!!』童子切らいこ役の福原綾香さん&主題歌担当・猫体質さんに真剣インタビュー!!――サイン色紙プレゼントもアリ!

サービスが開始されて1ヵ月が経過した、DMM.comのブラウザゲーム『しんけん!!』。同作で童子切らいこを演じる福原綾香さんと、主題歌&一文字なずみ役の猫体質さんへのインタビューを掲載。ふたりのサイン色紙のプレゼントも。

引率の先生や生徒会長も大盛り上がり! 『テイルズウィーバー』オフイベント“ネニャフル学院祭 2015”開催!

2015年5月23日、ネクソンが運営するMMORPG『テイルズウィーバー』のオフラインイベントが東京都内にて開催された。多くのファンで盛り上がったイベントの模様をリポートする。

全国の頂点が決定! 『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト』プレミアムドッグファイト2015 全国決勝大会レポート

2015年5月23日(土)、ディファ有明にて全国のゲームセンター、アミューズメント施設で好評稼動中のアーケードゲーム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト』を使用した全国大会“プレミアムドッグファイト2015 全国決勝大会”が開催された。ここでは決勝トーナメントの模様をお届けしていく。

【週間PVランキング】みんな待ってた『スパロボ』シリーズ最新作に大きな注目が!【5/16~5/22】

ファミ通.comの記事から2015年5月16日~5月22日の週間PVランキングをお届け。

【新作動画紹介】『Halo』を産んだ開発者が手掛けるガンSTG『Midnight Star』

毎日15時更新! ファミ通App編集長がお腹いっぱいになるまでアプリを紹介する動画コーナー。

秋葉原で力士シール体験! あなたの顔が力士シールに!? 『カオスチャイルド』体験会を実施

2015年5月24日(日)、東京・秋葉原にあるAKIHABARAゲーマーズ本店の店頭にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3で2015年6月25日に発売される『カオスチャイルド』の体験会が行われた。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

スポンサードリンク