『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド』角川ゲームスXグラスホッパー・マニファクチュア第2弾!

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 ニュース
殺し屋、死す!? グラスホッパー・マニファクチュアの須田氏が放つ、渾身のドラマティックアクション!!

●角川ゲームスXグラスホッパー・マニファクチュア第2弾始動

 『ロリポップチェーンソー』を鋭意開発中の角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアが、さらなる新作タイトルを発表! その名も『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』(以下、『KID』)!! 開発のキーマンである角川ゲームスの安田善巳氏と、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏への独占取材を敢行したので、お見逃しなく!


killer/001.jpg

●開発のキーマン安田氏が本作への意気込みを語る

killer/003.jpg

安田善巳氏
角川ゲームス 代表取締役社長
『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』エグゼクティブプロデューサー

KID』の企画は、『ロリポップチェーンソー』の開発が軌道に乗り始めた2009年の年末に始動しました。手始めに角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアによる研究開発チームを作り、その成果をゲームに落とし込んだのが、『KID』の試作版でした。本作は、須田さんのエッジの利いたセンスがいかんなく発揮されたゲームで、『ロリポップチェーンソー』とは正反対の魅力を持っています。これまで殺し屋がテーマの作品を手掛けてきた須田さんの、集大成的な位置付けのゲームになるでしょう。この作品を角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアの新たな柱にするべく鋭意開発中です。また、本作は『ロリポップチェーンソー』と同様にワールドワイドで展開していく予定です。制作は、これからまさに佳境を迎えるという段階ですが、幅広いゲームユーザーの皆さんに楽しんでいただける作品を目指して、スタッフ一同がんばります。


●須田剛一氏が綴る、“生と死”そして“愛”の物語

須田氏の代表作である『killer7』と『ノーモア★ヒーローズ』と言えば、殺し屋の主人公が活躍する作品。しかし、最新作『KID』の主人公は、殺し屋ではなく、処刑人だという。これまでの作品とは、やや趣向の異なる『KID』に懸ける須田氏の熱い想いの一部を紹介。


killer/002.jpg
killer/004.jpg

須田剛一氏
グラスホッパー・マニファクチュアCEO
『KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』エグゼクティブディレクター

Q、題名に込められた意味は?

KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)』というタイトルから、『killer7』の続編をイメージされた方もいるとは思いますが、今回は完全オリジナルの新作です。とは言え、僕がこれまでに手掛けてきた『killer7』や『ノーモア★ヒーローズ』といった“殺し屋系ゲーム”のエッセンスが凝縮された作品になることは間違いありません。ただし、今回は殺し屋が主人公ではなく、敵として登場するのがポイントです。主人公は“処刑人”と呼ばれる職業で、世界中のS級極悪犯罪者たちをつぎつぎと始末していくことになります。つまり題名は「殺し屋を殺せ」という意味になります。そして肝心のゲーム内容はと言うと、『ノーモア★ヒーローズ』のような剣術アクションをイメージしてもらえれば、わかりやすいと思います。しかし、今回はただ敵と斬り合うだけではなく、『KID』ならではの新システムも用意しています。いまはまだシステムやゲーム画面をお見せすることはできませんが、きっと皆さんがビックリするようなものになっているので、ぜひご期待ください。現在のゲーム業界では、完全オリジナルのタイトルを立ち上げて、それをヒットさせるのが簡単ではない時代だと思います。どうすれば新規タイトルがより多くの皆さんの目に触れるのか、そこに紐づくゲームの中身も含めて、角川ゲームスさんとグラスホッパー・マニファクチュアのスタッフ間でガリガリと詰めているところです。『ロリポップチェーンソー』では“ポップでキュート”なイメージをゲームに落とし込むことで、いい流れを作ることができました。それに対して『KID』ではまったく別の方向性を提示したいと考えています。今回のキーワードは、ずばり“ブリリアント(輝かしい/華麗な)なゲーム”。幅広いプレイヤーの皆さんに、濃厚かつブリリアントなゲーム体験を提供し、ゲームの新しい未来を感じるような作品にしたいと思っています。もちろん、ストーリーや演出面では、これまで僕が『killer7』や『ノーモア★ヒーローズ』などで表現してきたスタイルが全開となっています。“どうせやるなら中途半端ではなく、とことんやる”という姿勢です。『KID』は、目を背けたくなるのに離せない、そんな刺激的な内容のゲームにしたいと思っています。


※週刊ファミ通2012年4月19日号(2012年4月5日発売)にはインタビュー全文を掲載!



KILLER is DEAD(キラー イズ デッド)
メーカー 角川ゲームス
対応機種 プレイステーション3 / Xbox360
発売日 2013年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 処刑
備考 開発:グラスホッパー・マニファクチュア、エグゼクティブディレクター:須田剛一、エグゼクティブプロデューサー:安田善巳

(C)2012 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ワイルドアームズ』音楽担当・なるけみちこ氏が生演奏でアノ曲を披露、新作にも言及!?【闘会議2015】

2015年1月31日~2月1日、千葉・幕張メッセにて開催中の“闘会議2015”。ゲーム実況ストリートのソニーコンピュータエンタテインメントブースでは、“SCE JAPAN スタジオチャンネル”出張版として、『ワイルドアームズ』の音楽に迫る生放送が行われた。

『The Order: 1886(オーダー: 1886)』新ステージ初公開&『Bloodborne(ブラッドボーン)』マルチプレイ実況ステージリポート【闘会議2015】

2015年1月31日~2月1日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2015”。ゲーム実況ステージにて、『The Order: 1886(オーダー: 1886)』新ステージ初公開&『Bloodborne(ブラッドボーン)』マルチプレイ実況が行われので、その様子をリポートする。

人気実況者が協力ならぬ爆弾対決!? “ドグマ風見と3人の仲間達~ララ・クロ冒険隊~”リポート【闘会議2015】

2015年1月31日~2月1日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2015”。ここでは、1日目にスクウェア・エニックスブースで開催されたステージイベント“ドグマ風見と3人の仲間達~ララ・クロ冒険隊~”の模様をお届けする。

【闘会議2015】『パズドラ スーパーマリオブラザーズ エディション』激闘の決勝ルポ

2015年4月29日にガンホーから発売予定の任天堂3DS用ソフト、『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』。会場で大人気だった闘会議カップの決勝大会をリポートする。

【闘会議2015】キャラデザ:岸田メルの歌が響くRPG『スクールファンファーレ』の最新PV

サイバーエージェントの新作ゲーム『スクールファンファーレ』の最新プロモーションビデオが公開。

“大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 2on2 闘会議1DAYトーナメント”が開催 決勝は最後まで気の抜けない激闘に【闘会議2015】

本日2015年1月31日と明日2月1日に、千葉・幕張メッセでゲーム実況とゲーム大会のイベント“闘会議2015”が開催されている。ここでは、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の、名1チーム(amiiboとの出場も可)によるトーナメント大会の模様を準決勝よりお届けしよう。

【闘会議2015】でんぱ組.incが『LINE ステージ』でノリノリ♪ イベント後半ではファン感動の……

闘会議2015初日のLINEブースにて、でんぱ組.incメンバーが『LINE ステージ』に挑戦!

『ストリートファイターV』のプレイデモがアジア初披露! 小野義徳氏が早くも中国語ローカライズを明言【台北ゲームショウ2015】

開催4日目の1月31日(土)に、ソニー・コンピュータエンタテインメント台湾(SCET)ブースにて、カプコンによる、『ストリートファイターV』と『モンスターハンター フロンティアG』のスペシャルステージが行われた。

『ファイナルファンタジーエクスプローラーズ』追加ジョブで追加ボスのギルガメッシュとオメガに挑戦!【闘会議2015】

2015年1月31日、千葉・幕張メッセにてゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2015”がついに開幕。同イベントのスクウェア・エニックスブースのステージでは、ニンテンドー3DSで発売中の『ファイナルファンタジーエクスプローラーズ』を使った召喚獣討伐タイムトライアルが実施された。

強敵すぎる“任天道場主”を撃破できるか!? 任天道場ブースリポート【闘会議2015】

2015年1月31日~2月1日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2015”。イベントの目玉のひとつ、デジタルからアナログまで多彩なゲームの腕前を競える“任天道場”ブースの模様をリポート!

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク