『ブレイブリーデフォルト』シナリオ担当は『シュタインズ・ゲート』を手掛けた5pb.林直孝氏! 林氏のインタビューを掲載

ゲーム ニンテンドー3DS ニュース
スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用ソフト『ブレイブリーデフォルト』のシナリオを、『シュタインズ・ゲート』などのシナリオを担当していることで知られる、5pb.の林直孝氏が手掛けていることが明らかに。週刊ファミ通2012年4月12日号(2012年3月29日発売)には、林氏のインタビューが掲載されている。

●コラボのきっかけは『シュタインズ・ゲート』!

01.jpg

 世界を自由に旅する王道のプレイスタイルが楽しめる、スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用RPG『ブレイブリーデフォルト』(2012年発売予定)のシナリオを、『シュタインズ・ゲート』や『ロボティクス・ノーツ』のシナリオを担当していることで知られる、5pb.の林直孝氏が手掛けていることが明らかになった。

 週刊ファミ通2012年4月12日号(2012年3月29日発売)には、本作のプロデューサーを務めるスクウェア・エニックス 浅野智也氏と、林氏のインタビューが掲載されている。ここではその内容の一部を紹介しよう。


02.jpg

写真右
浅野智也氏
代表作:『光の4戦士 -FF外伝-』、『FFIII』(DS版)

写真左
林直孝氏
代表作:『シュタインズ・ゲート』、『ロボティクス・ノーツ』

―― 5pb.の林さんがシナリオを担当することになったきっかけから、教えていただけますか?
浅野 本作のアシスタントプロデューサーを務める高橋(真志氏)が、僕に『シュタインズ・ゲート』を薦めてくれたのがきっかけです。本作を作るにあたっては、シナリオでプレイヤーを驚かせたい、そして魅力的で愛されるキャラクターを生み出したいと思っていたのですが、『シュタインズ・ゲート』は、まさにキャラクターが魅力的で、シナリオがとてもおもしろかった。そこで、ぜひ本作のシナリオを書いてもらえないかと、ダメもとで5pb.さんにお願いしました。

――林さんの具体的な担当を教えてください。
 ストーリー全体のプロットと原案、キャラクター設定などです。細かい部分はスクウェア・エニックスさんや開発のシリコンスタジオさんと分担していますが、ほとんどのテキストを書いています。

――シナリオのコンセプトは?
浅野 コンセプトは、タイトルの『ブレイブリーデフォルト』という言葉に表されているんです。……ようやくこの説明ができますね(笑)。これは、“勇気を持って、果たすべき約束・責任を放棄する”という意味です。言われたことを漫然とこなすのではなく、自分で意思を持って行動するという、“自立”を表現したいと思っています。

――なるほど。漠然とですが、ストーリーの展開が予想できそうなテーマですね。
 たとえばヒロインのアニエスは、強い使命感を持っているがゆえに、最初は視野が狭いんです。それはみずからに課せられた使命、責任という意味では正しい信念なんですが、やがて広い世界を知るなかで、それは自分にとって正しいのか、世界にとって正しいのかという葛藤が生まれてくる。登場人物が多く、それぞれが信念と正義を持っていますから、ぶつかり合って当然ですよね。

――本作の舞台は、王道ファンタジーの世界ですが、それもコンセプトのひとつでしょうか?
浅野 そこは、設定としての大前提です。ただ、王道ファンタジーと言っても決して懐古主義ではなく、現代の日本のゲームファンである皆さんに向けていますので、キャラクターもシナリオも楽しんでいただけるように、林さんにお願いしました。

――シナリオを書くにあたって、スタッフから林さんに要望やオーダーはありましたか?
 浅野さんから「キャラクターを重視したい!」と、かなり熱く語られましたね(笑)。
浅野 そんなに熱かったですか?(笑)
 ええ(笑)。敵も味方も魅力的にしたい、と。それと、対象年齢を少し上に設定したいというお話もいただいていたので、キャラクターの考えかたや言葉遣いにも気をつけました。結果的に、重厚な世界観になったと思います。

この続きは週刊ファミ通2012年4月12日号(2012年3月29日発売)で!




(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN : Akihiko Yoshida.
※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『鉄拳7』の原田勝弘氏を直撃 “最終決着”は開発陣の決意の現れ【Comic-Con International 2014】

ファミ通.comではセッション直後の『鉄拳』シリーズディレクターの原田勝弘氏を直撃。『鉄拳7』の進捗について、がっつりと話をうかがった。

『Far Cry 4』の舞台となる架空の山岳地帯“キラット”は、いかにしてリアリティーを獲得したか?【Comic-Con International 2014】

開催初日にあたる24日には、ユービーアイソフトによるパネルディスカッション“The Inspiration that Brought FarCry 4’s Kyrat to Life and the Quest for Everest”が行われた。

“『ログ・ホライズン』ラジオ ~エルダー・テイル通信~”第8回が配信スタート

『ログ・ホライズン』の原作・アニメに関する最新情報はもちろん、さまざまな『ログホラ』の魅力をお届けするWebラジオ“『ログ・ホライズン』ラジオ ~エルダー・テイル通信~”の第8回が配信開始。

【レポートマンガ】ドット絵+パズルRPG+高い戦略性『Tales of the Adventure Company』

マスをタップで開けて冒険するパズルRPG『Tales of the Adventure Company』のレポートマンガをお届け。

女性テンプラーと共闘? 『アサシン クリード ユニティ』コミコン版トレイラーには思わせぶりなシーンが。鬼才ロブ・ゾンビ版アニメーショントレイラーも公開【Comic‐Con International 2014】

Comic‐Con International(コミコン)でユービーアイソフトが開催したパネルディスカッションで、『アサシン クリード ユニティ』の2本のトレイラーが公開された。

【週間PVランキング】発売迫るあのタイトル&始動が決まったこのタイトルが上位に【7/19~7/25】

今週も気になるニュースとともに、ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2014年7月19日(土)~7月25日(金))をお届け!

『ストリートファイター』のセッションで小野義徳氏がヒューゴー姿で暴れまくる【Comic-Con International 2014】

開催2日目にはカプコンによるプログラム“Street Fighter!”が実施。『ストリートファイター』シリーズの最新動向が紹介された。

本格ローグライクRPG『ドラゴンファング』のリリースが7月31日に決定!

それまでのヨコ持ちのプレイスタイルから、突如としてタテ持ちへの変貌を遂げた『ドラゴンファング』。日本に本格的なローグライクゲームを定着させようとする話題作のリリースが7月31日に決定した。

【第100回】原由実の○○ラジオ:皆さんのご愛顧で祝100回!

『原由実の○○ラジオ』、略して『はらまる』が、ついに100回! リスナーとともに収録された第100回は、いつもよりにぎやかな内容となっています! お楽しみにー♪

【第273回】今井麻美のSSG:ミンゴスとるるきゃんの女子トーク!?

『今井麻美のSSG』第273回は、ゲストに“るるきゃん”こと、佳村はるかさんをお迎えして『アイドルマスター ワンフォーオール』を大特集!

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク