『orgarhythm(オルガリズム)』ミュージック×ストラテジー――新たな邂逅

ゲーム ニュース PS Vita
『スペースチャンネル5』や『メテオス』などを開発した平井武史氏が立ち上げた開発スタジオ、ネイロが制作を進めているタイトルが公開された。タイトルは『orgarhythm(オルガリズム)』。

●いちばん難しくて、いちばんチャレンジャブルで、いちばんおもしろくなるのではないか(平井)

 『スペースチャンネル5』や『メテオス』などを開発した平井武史氏が立ち上げた開発スタジオ、ネイロが制作を進めているタイトルが公開された。タイトルは『orgarhythm(オルガリズム)』。いったい、どんなゲームなのか、平井氏へのインタビューから紐解いていく。


orga06.jpg

■平井武史氏
Tak HIRAI
『シェンムー』のメインプログラマー、『スペースチャンネル5パート2』のテクニカルディレクターなど、数々の作品に関わってきた技術者。2010年9月にネイロを設立する。

──アクワイアとともに開発することになったきっかけは何だったのでしょうか?
平井武史氏(以下、平井) もともと僕は、20年以上ゲームを作っていたのですが、『シェンムー』のメインプログラムをやっていたときは、オープンワールドという新しいジャンルの活路を見出せたのかな、と感じて、自分が作れるものの想像力は出し切ったと思っていたんです。でも、唯一、音楽要素が弱いことに気づきまして、『スペースチャンネル5』の開発に参加したんです。その後、“SEだけで音楽を奏でられないか”というコンセプトのもと『メテオス』を作ったのですが、そうしていくうちに昨今、携帯電話やスマートフォンなどを中心に、音を聴かずに遊ぶようなゲームが多くなってきたことに危惧を持ち始めました。僕は、ゲームの最終的なアウトプットになるのは音だと思っていて、その音まで彩るようなタイトルを作りたいと思ったのが社名の由来で、起業のきっかけだったんです。そのとき、アクワイアの遠藤さん(※)から「イノベイティブなものを作っていきたい。新しいエンターテインメントを創造していきたいんだ」と声がかかったんです。しかも、チャレンジとして“音”を使わせていただけると。これは乗るしかないと思いました。遠藤さんからは"音とバトル"という提案をいただいたのですが、そのふたつは相反するものだと感じたので、おもしろそうだなと(笑)。

※アクワイア代表取締役の遠藤琢磨氏。

──遠藤社長から“音とバトル”と聞いたとき、どのようなものを想像されましたか?
平井 遠藤さんが仰られている“バトル”というのは、あくまでも戦略的な、タクティカルなものだと思ったんです。その瞬間に自分の考えは、いちばん離れているものを取り入れてしまえ、という方向になりました。思考と直感を融合させるようなタイトルを作るというのが、いちばん難しくて、いちばんチャレンジャブルで、結果としてはいちばんおもしろくなるのではないか、と発想しました。

──その結果、リズムゲームとストラテジーゲームを融合するという発想にいたった?
平井 ストラテジーゲームというのは、ゲームそのものに対する、根幹的な楽しさがあると思うんです。“戦略”という部分はどのゲームにもあって、アクションゲームは“戦略”をアクションに寄せているだけで、根本的な要素はシミュレーションだと思います。そこで“ストラテジー”を戦略そのものと考えて、リズムゲームで、本当の意味での勝ち負けがあるタイトルを作りたいと思ったんです。

──手応えや周囲の反応はいかがですか?
平井 正直に言ってしまうと、かなりの賛否両論です(笑)。非常にわかりづらいのではないかと。これほどわかりづらいゲームも昨今では珍しいと思います。ただ、それは意図してやっている部分で、わかる人には、すごく共感してもらえるものを目指しました。


orga04.jpg orga03.jpg orga05.jpg
orga01.jpg orga02.jpg orga07.jpg

※詳しくは週刊ファミ通4月12日号(2012年3月29日発売)をチェック!!
※週刊ファミ通4月12日号(2012年3月29日発売)で平井氏のインタビューの続きが読める!!



orgarhythm(オルガリズム)
メーカー アクワイア
対応機種 PSVita
発売日 2012年夏発売予定
価格 3990円[税込]
ジャンル アクション・シミュレーション / 音楽
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、PS Store ダウンロード版は価格未定、ディレクター:平井武史、開発:ネイロ

(C)2012 ACQUIRE Corp. XSEED JKS, INC. Published by ACQUIRE Corp. ※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。

【週間PVランキング】人気声優さんの新商品やまさかの『II』、『ポケモン』『妖怪ウォッチ』など年末に向けて大わらわ【11/15~11/22】

ファミ通.comの週間PVランキング、今回は2014年11月15日~11月22日までの集計結果を紹介します。

特集記事

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク