『ファンタシースターオンライン2』はPC、PS Vita、スマホで無料ダウンロード方式で展開! キャラクリ体験版は4月5日配信

ゲーム PC iPhone ニュース Android PS Vita
セガは、2012年3月26日に行った『ファンタシースターオンライン2』の発表会“メディアブリーフィング2nd”にて、『PSO2』をPC、PS Vita、スマートフォンで展開すること、サービス形態は基本プレイ無料(一部有料アイテムあり)であること、キャラクタークリエイト体験版を2012年4月5日(木)に配信することを発表した。

●境界を超えるRPGの全貌が明らかに!

 セガは、2012年3月26日に行った『ファンタシースターオンライン2』(以下、『PSO2』)の発表会“メディアブリーフィング2nd”にて、『PSO2』をPC、プレイステーション Vita、スマートフォンで展開すること、サービス形態は基本プレイ無料(一部有料アイテムあり)であること、キャラクタークリエイト体験版を2012年4月5日(木)に配信することを発表した。以下、リリースより抜粋。



●『PSO2』は、WindowsPC、PS Vita、スマートフォンで展開!

 いつでも、どこでも、すべてのユーザーがつながって『PSO2』を楽しむことができる。
 『PSO』時代のキャッチコピーである“ゲームが夢見てたゲーム”を継承し、具体化させた新たな挑戦、それが第4の革命である“境界を超えるRPG”です。

 2000年12月にドリームキャストで発売された『PSO』のコンセプトは、PC中心だったオンラインRPGの遊び方を家庭用ゲームにも持ち込み、より多くの人にその楽しさを伝えることでした。しかし、それから10年以上を経た現在、オンラインゲームが気軽に広く遊ばれている状況にはまだまだ至ってはいません。このような状況だからこそ『PSO2』は、もう一度本来のオンラインゲームの楽しさをより多くの人に広めるべく、“ゲームが夢見てたゲーム”を実現する“境界を超えるRPG”をコンセプトに掲げました。そして、PCゲームユーザーと家庭用ゲームユーザー、そしてケータイでソーシャルゲームを楽しんでいる方など、そのすべてをつなげていくために、異なる3つのプラットフォームでリリースすることを決定いたしました。

■WindowsPC版
PSO2』プロジェクトのフラグシップとなるのが、メインデバイスとなるWindowsPC版です。
サービスを長く続けるためには、メインのプラットフォームが変化に流されないものであることが重要、という考えから選択されたPC版ですが、今まであまりPCゲームを遊んだことがない人でもプレイできるように、ハイエンドグラフィックボードを積んだPCでなくても、一般的なスペックでも充分に楽しむことができます。そして、PCならではのアップデートのしやすさやコミュニケーションのとりやすさも『PSO2』をプレイするうえでは大きなポイント。そのため、PCは『PSO2』にもっとも相応しいデバイスであり、もっとも力を注いでいるプラットフォームとなります。


コミュニケーション01.jpg コミュニケーション03.jpg
コミュニケーション04.jpg コミュニケーション05.jpg
シティ.jpg シティ02.jpg シティ03.jpg
ストーリー関連01.jpg ストーリー関連04.jpg
ストーリー関連05.jpg 新フィールド04.jpg
新アイテム系01.jpg 新アイテム系02.jpg

■PS Vita版
PSO2』もうひとつのメインデバイスとなるのが、携帯ゲーム機であるPS Vitaです。
PS Vita版はPC版と同じプレイデータを使用できることが大きなポイントで、これにより、同じデータを使って家ではPCで、外出先ではPS Vitaでプレイする、という従来にはなかった遊び方が可能になります。また、PC版とは同期プレイも行うことができます。
なお、PS2版『ファンタシースターユニバース』ではできなかった大規模なシステム改変やアップデートの対応はPS Vitaであれば可能です。また、PS Vita版もプレイデータをサーバーに保存するオンライン専用のゲームとなりますので、不正行為にも対策が可能です。


01_01.jpg 02_01.jpg
03_02.jpg 04_03.jpg 05_01.jpg

■スマートフォン版
プレイデータや世界観を共通にしつつ、別のゲームとして独立して楽しむことができ、PC版やVita版のサブプラットフォームとして使えるのがスマートフォン版(iOS /Androidに対応予定)です。
同じプレイデータを使用しつつ、より簡単な操作で『PSO2』の世界観やバトルを一人で楽しむことができ、PC版やPS Vita版のユーザーは外出先からゲーム内の確認などにも使用できます。表現は違ってもPC版やPS Vita版に登場するエネミーや武器がスマートフォン版にも登場しますので、同じ世界観を感じることができます。また、スマートフォンという常に身に付けているガジェットの特性を活かし、ほんの少しの空き時間に、より簡単な操作でキャラクターを育てたり、フレンドとのメールを行う、フレンドのキャラクターを仲間にして冒険するなど、いつでもフレンドとつながりつつ『PSO2』に触れていられるという楽しみ方が可能となります。


モバイル02.jpg
モバイル01.jpg モバイル03.jpg

■新たなオンラインゲームの形を提供
これまで紹介した3つのプラットフォームのそれぞれが『PSO2』であり、独立したゲームです。
どれかひとつでも十分に楽しめますし、すべてをプレイしなければおもしろさの本質を得られないわけでもありません。もちろん、複数のデバイスで遊んでいただければ、より遊びは深いものとなります。
どのプラットフォームで始めても、どれかひとつだけでも、複数を組み合わせても、自分のライフスタイルに合わせて、好きなプラットフォームを選んでプレイしていただければと思います。

同じタイトルを、同じプレイデータで、異なるプラットフォームで、自由に行き交いながら遊ぶという画期的な試み。そして、PCオンラインゲームと家庭用ゲーム、そしてケータイゲームのすべてをつなぐ、新たなオンラインゲームの形。これが3つの革命の上に位置する、第4の革命「境界を超えるRPG」です。

とはいえ、今回の試みは、まだ誰もなし得ていない、まったく初めての挑戦となります。
フラグシップたるPC版のサービスがおろそかになったり、トラブルが起きることのないように、まずはPC版の正式サービスインをしっかりと行うために万全の体制を敷きます。
また、サービスイン後のアップデートも定期的に行っていきます。そして、PC版をサービスインした後に、スマートフォン版、PS Vita版と開発を進めてまいります。もちろん、それぞれしっかりとユーザーテストを行い、フィードバックを行ったうえで新たなサービスを提供していきますので、『PSO2』全体のプロジェクトにどうぞご期待ください。


●サービス形態について

 第4の革命である“境界を超えるRPG”を長期間にわたって実現するためには、多くの方に楽しんでいただくこと、そしてプレイに対する敷居が低いことが重要です。

 そこで、『PSO2』のサービス形態については、PC版/PS Vita版/スマートフォン版、すべてのゲームソフトを無料ダウンロード方式で提供します。そして、いずれのプラットフォームでも基本プレイ料金は無料とし、一部有料アイテムを購入していただくサービス形態とします。

課金方法について、『PSO2』のポリシーは以下となります。
・無料でプレイする場合でも、クラスレベルの制限等を設けない
・性能の高い武器などのアイテムを高額で販売するようなことは行わない

 上記のように、ゲームのおもしろさの根底にかかわる部分に料金は発生しません。そして、

・時間のない方が、少しだけ効率的にゲームを楽しめるように
・よりさまざまな機能を使って、ゲームを楽しみたい方のために
・キャラクターの容姿やコスチュームのバリエーションをさらに楽しみたい

 といった方々のために、有料アイテムを購入していただく形になります。料金発生の有無では、本質的なゲームのおもしろさは変わらない。これが『PSO2』がめざすオンラインゲームであり、サービス形態です。

 有料アイテムの支払いは“アークスキャッシュ”と呼ばれる仮想通貨を使用します。こちらは、PC版、PS Vita版、スマートフォン版において、一部の例外を除いて、共通で使うことが可能となる予定です。この点も“境界を超えるRPG”という要素のひとつとなります。

 PC用ゲーム、家庭用ゲーム、ケータイゲームのユーザーすべてが、ひとつのゲームでつながること。さらに、すべてのゲームは無料ダウンロード、基本プレイ無料(一部有料アイテムあり)で、誰でも手軽に始められること。これこそが、よりたくさんの方にオンラインゲームを楽しんでいただくための、我々が提案するオンラインゲームの新しい形です。


●キャラクタークリエイト体験版を4月5日(木)より配信! 作成したキャラはクローズドβテストで使用可能

 『PSO2』が起こすオンラインRPG革命のひとつである“究極のキャラクタークリエイト”。このキャラクタークリエイトを実際にプレイできる体験版を、クローズドβテストに先行して、2012年4月5日(木)より公式Webサイトで配信予定です。この体験版はネットワークにつながなくても動作し、作成したキャラクターはクローズドβテストで使用することができます。キャラクタークリエイトにこだわりたいという方は、この体験版で自分だけのキャラクターをトコトン作りこんでください。

 また、この体験版にはお使いのPCで『PSO2』がどの程度動作するかを測定するベンチマーク機能がついています。クローズドβテスト前にお使いのPCの環境を確認することができますので、ぜひベンチマークとしてもご活用ください。なお、この体験版を使ったキャラクターコンテストも現在企画中です。詳細は改めてお知らせしますので、続報にご期待ください。


キャラクリ体験版01.jpg キャラクリ体験版02.jpg
キャラクリ体験版03.jpg キャラクリ体験版04.jpg


(C)SEGA
※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ドラゴンクエストX オンライン』伝説の三悪魔が降臨

Ver.2.3が開始し、さらなる進化を遂げた『ドラゴンクエストX』。『DQ III』より、“伝説の三悪魔”が登場することが判明した。

『信長の野望 Online ~覚醒の章~』夢幻から覚醒へ……すべては天下統一のために

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2014年10月16・23日合併号(2014年10月2日発売)にて、2014年12月17日に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、PC用ソフト『信長の野望 Online ~覚醒の章~』の最新情報を公開した。

『モンスターハンター4G』狂竜ウイルスに対抗する新たな力が発覚! セーブデータの引き継ぎも解説!

週刊ファミ通2014年10月9日増刊号(2014年9月25日発売)では、2014年10月11日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター4G』の最新情報を掲載。ドンドルマに建つ狂竜ウイルス研究所の詳細や、セーブデータの引き継ぎ方法にスポットを当てた。

【今週の週刊ファミ通】『パズドラ』2号連続大特集! 『パズドラW』のアバたま付き!(2014年10月2日発売号)

週刊ファミ通2014年10月16・23日合併号(2014年10月2日)は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの国民的ゲーム『パズル&ドラゴンズ』(以下、『パズドラ』)を大特集! ファミ通オリジナルDLC福袋では、『パズドラW』のファミ通限定“アバたま”がもらえちゃう!!

『仮面ライダー サモンライド!』キミのフィギュアをゲームへ召喚せよ

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年10月16・23日合併号(2014年10月2日発売)にて、Wii U・プレイステーション3用ソフト『仮面ライダー サモンライド!』の最新情報を発表した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年09月22日〜2014年09月28日

ニンテンドー3DS『大乱闘スマッシュブラザーズ』が3週連続の首位、新作では『英雄伝説 閃の軌跡II』などが好調

Xbox One + Kinectが2014年度グッドデザイン賞を受賞

2014年10月1日、2014年度グッドデザイン賞受賞結果が発表され、日本マイクロソフトのXbox OneとKinectがグッドデザイン賞を受賞した。

『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』の発売を記念したAndroid用アプリの無料配信がスタート

アクアプラスは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』について、Android用アプリ“ダンジョントラベラーズ2 ブックレット”を本日2014年10月1日より配信開始した。

『すみっコぐらし ここがおちつくんです』 早期購入者を対象とした期間限定キャンペーンが実施決定

日本コロムビアは、2014年11月20日(木)発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『すみっコぐらし ここがおちつくんです』について、早期購入者を対象とした期間限定のキャンペーンの実施をゲーム公式HPで公開した。

『モンスト』“白雪姫リボン”登場!“夢と魔法のファンタジア”10月前半イベント情報公開

『モンスト』公式サイトで、白雪姫やアラジンなどが登場する新イベント“夢と魔法のファンタジア”の情報が公開された。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク