『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』大地の彼方にある世界樹を目指せ

自分だけの地図を作りながら、数多の危険と謎が待つダンジョンを探索する人気RPGの最新作が、ついに公開!

●大地の彼方にある世界樹を目指せ

sekai/001.jpg

 モンスターが徘徊する危険なダンジョンを探索し、発見した内容を下画面の地図に記していくRPG『世界樹の迷宮』シリーズ。その最新作が、大幅にスケールアップしてニンテンドー3DSで登場する! シリーズ第4弾となる『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』を手掛けているのは、これまでの作品で確かな実績を重ねてきたスタッフたちだ。職業や世界観、モンスターなどの情報を中心に、本作の魅力を紹介。


c_ソードマンのコピー.jpg

職業
ソードマン

●気球艇に乗って大地を探索しよう

冒険者(プレイヤー)の目的は、さまざまな景観が広がる大地を進み、人々を永遠の楽園に誘う何かがあるとされる"世界樹"の真実を解明すること。大地に点在する迷宮で貴重なアイテムを手に入れたり、ストーリーに関わるイベントに遭遇しながら、前人未到の地にそびえ立つ世界樹を目指すのだ。迷宮に挑むときはもちろん、気球艇で大地を移動するときも、下画面の地図が大活躍。自分だけの地図を作り、目的の達成に役立てよう。


sekai/002.jpg sekai/003.jpg

●迷宮に挑むならば覚悟を!

ゲームを始めてまず行うべきは、プレイヤーの分身となるキャラクターの名前、外見、職業を自由に決めて、最大5人のパーティーを作ること。迷宮では数々のギミックやモンスターが冒険者を待ち受けており、突破するために最適な編成を考える必要がある。


sekai/005.jpg sekai/006.jpg

●シリーズ初! 3D化されたモンスターたちが襲い来る!!

モンスターは、さまざまな動きを見せる3Dモデルで描かれ、前作までのドット絵とはまた違う躍動感溢れるバトルが楽しめる。また、冒険者の目に見える形で迷宮内をうろつく"F.O.E"と呼ばれる強敵も登場。その行動や習性を見極めて、先制攻撃を仕掛けたり、無用な戦いを避けることも重要になるぞ。


sekai/007.jpg sekai/008.jpg

●山本二三氏が描く美しくも幻想的な世界

美麗でありつつ、どこか謎めいた雰囲気も感じさせる大地、そして迷宮。これらの美術背景を手掛けている山本二三氏は、スタジオジブリ作品などで美術監督を務めてきた人物だ。山本氏が描いた背景ビジュアルと、それをもとに3Dで表現された光景が、冒険心をくすぐるぞ!


sekai/009.jpg

※詳しくは週刊ファミ通2012年3月8日号(2012年2月23日発売)をチェック

※開発スタッフの名前に間違いがありました。当初、古代祐となっておりましたが、正しくは古代祐三です。読者ならび関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。2012年2月23日13時15分修正済み。



世界樹の迷宮IV 伝承の巨神
メーカー アトラス
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2012年7月5日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ディレクター:金田大輔、キャラクターデザイン:日向悠二、モンスターデザイン:長澤 真、美術背景:山本二三、サウンドコンポーザー:古代祐三

(C)Index Corporation 2007,2012 Produced by ATLUS ※画面は開発中のものです。
※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。