『マブラヴ』シリーズ初のTVアニメ『トータル・イクリプス』のスタッフ&キャスト&ビジュアルが公開!

アージュの『マブラヴ』シリーズ初のTVアニメ『トータル・イクリプス』が今夏放送決定。キービジュアルや作品概要が公開された。

●戦術機の新型開発をめぐる熱いドラマ

te_logo_white_R.jpg

 アージュが2003年に発売して以来、昨年Xbox 360に移植されるなど、長く愛される『マブラヴ』シリーズ。小説、コミックなど、さまざまな展開を見せた本シリーズから、初となるTVアニメ『トータル・イクリプス』が今夏放送決定。

 本作は、『マブラヴ オルタネイティヴ』と世界観を共有する、吉宗鋼紀著『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』(小社刊)をTVアニメ化したもの。異星起源種の侵略により滅亡の危機に瀕した地球を舞台に、人型兵器“戦術機”の新型開発をめぐる熱いドラマが展開される。

 アニメーションは、ixtl(イクストル)とサテライトが合同で制作、製作総指揮は原作者の吉宗鋼紀が務める。そのほか、監督は稲垣隆行氏、キャラクターデザインは原由美子氏、総作画監督は水上ろんど氏と篠原健二氏、音響監督は明田川仁氏が担当。

 さらに、小野大輔、中原麻衣、生天目仁美、能登麻美子、野川さくら、杉田智和ら、主要キャストの配役も公開されている。


TEキービジュアル_R.jpg

【STORY】
追い詰められた人類がアラスカの地で試みた抵抗――その中で流転する若き衛士たちの運命

1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。
圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人類は対BETA戦人型兵器「戦術機」を実用化して戦線に投入、世界規模の抵抗を試みた。
しかし、押し寄せるBETAに劣勢を強いられた人類は、ユーラシア大陸の大半を失うことになる。
以降、30年近くも攻防は続くが、BETAとの戦いに光明は見えず、人類は未だ泥沼の中でもがいていた。

2001年、極東の最前線を支える日本帝国では、次期主力戦術機の開発が問題となっていた。
そこで、国連軍の「プロミネンス計画」における日米共同の戦術機改修計画が提案される。
帝国斯衛軍に籍を置く篁唯依は、計画責任者の任を与えられてアラスカへと向かう。
それと同じ頃、米国軍の若き衛士ユウヤ・ブリッジスもまた、アラスカの地を目指していた。

その出会いが運命を大きく変えることを、このときのふたりはまだ知らずに――。

滅亡の危機に瀕した地球を舞台に、対“BETA”戦の要である人型兵器“戦術機”の新型開発をめぐる、
熱き人間たちのドラマを描いたロボット・アクション作品!

【STAFF】
・原作:吉宗鋼紀(ixtl/age)
・製作総指揮:吉宗鋼紀
・監督:稲垣隆行
・キャラクターデザイン:原由美子
・総作画監督:水上ろんど・篠原健二
・音響監督:明田川仁
・アニメーション制作:ixtl×サテライト

【CAST】
◆ユウヤ・ブリッジス/CV:小野大輔

アメリカ合衆国陸軍戦技研部隊出身の優秀な衛士で、「XFJ計画」の首席開発衛士としてアラスカのユーコン基地に派遣される。日本人の父と米国人の母の間に生まれたハーフで、幼少期の体験から自身の生まれにコンプレックスを抱いている。

◆篁唯依(たかむらゆい)/CV:中原麻衣

日本帝国の将軍家を守護する帝国斯衛軍の衛士。斯衛軍の戦術機開発にも携わった伝説的な軍人を父に持つためか、己を厳しく律することを旨とする堅苦しい性格の持ち主でもある。「XFJ計画」の発動に伴い、日本帝国側の計画責任者としてユーコン基地に派遣される。

◆クリスカ・ビャーチェノワ/CV:生天目仁美

ソビエト連邦陸軍の実験部隊「イーダル試験小隊」に所属する衛士。他を圧倒する戦闘能力を有し、同じ小隊のイーニァとともに「紅の姉妹」の異名で呼ばれる。周囲に対しては冷淡な態度を取るが、イーニァについては愛情とも執着ともつかない感情を垣間見せている。

◆イーニァ・シェスチナ/CV:能登麻美子

クリスカと共に「紅の姉妹」と畏れられる、ソビエト連邦陸軍「イーダル試験小隊」の衛士。クリスカと複座型の戦術機を駆って各国の開発衛士を圧倒するほどの技量を示すが、その外見と振る舞いには幼さが残っている。クリスカを姉のように慕い、離れることに対して恐れを見せる。ユーコン基地で出会ったユウヤに興味を抱き、無邪気に懐くが……。

タリサ・マナンダル/CV : 野川さくら
ヴィンセント・ローウェル/CV : 杉田智和

ほか随時発表


●TVアニメ化を記念したスペシャルライブも4月7日開催決定

 そして、TVアニメ化を記念したスペシャルライブイベント“TE MEMORIAL NIGHT powered by MUV-LUV”も2012年4月7日に開催決定。会場は横浜BLITZで、開場午後6時、開演は午後7時を予定している。

 出演者は、シリーズで主題歌などを歌ってきた栗林みな実のほか、中原麻衣、生天目仁美、野川さくら、能登麻美子ら声優陣と、吉宗鋼紀氏、RAMM feat.ayamiほか。公式サイトで先行発売が行われており、1Fスタンディング席が5500円[税込]。整理番号ありで、別途入場時にドリンク代500円が必要となる。2F指定席は一般発売より販売予定とのこと。


(C)吉宗鋼紀・ixtl / オルタネイティヴ第一計画