名シーンに“オリラジ”藤森が涙――ハンコックに扮した“SDN48”芹那も登場した『ワンピース 海賊無双』発表会

ゲーム プレイステーション3 ニュース
バンダイナムコゲームスから2012年3月1日発売予定のプレイステーション3用ソフト『ワンピース 海賊無双』。同作の完成を記念したプレス発表会が、2012年2月13日にバンダイナムコゲームス本社にて開催された。

●藤森、芹那のオススメシーンをデモでプレイ

 バンダイナムコゲームスから2012年3月1日発売予定のプレイステーション3用ソフト『ワンピース 海賊無双』。同作の完成を記念したプレス発表会が、2012年2月13日にバンダイナムコゲームス本社にて開催された。

 開催に先立っては、バンダイナムコゲームス代表取締役副社長の鵜之澤伸氏、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデントである河野弘氏、週刊少年ジャンプ編集長を務める集英社の瓶子吉久氏が登壇し挨拶を行った。

 鵜之澤氏は、先日バンダイナムコゲームスが発売したプレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ エクシリア』、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』がともにハーフミリオンを超えるヒットを記録したことに触れ「本命ハードが決まったな、と感じました」とコメント。今回発売する『ワンピース 海賊無双』も受注段階で早くも50万本を超えていることを明かし、「20代、30代の『ワンピース』ファンの方にも受け入れてもらえる、コアでリッチなタイトルができたと思います」と胸を張った。

 昨年12月のジャンプフェスタでプレイアブル出展した際の盛り上がりを見て、「これはかなり強いソフトになると確信を持ちました」と語るのは河野氏。ユーザーだけでなく業界関係者からの評判もよいそうで、「歴代『ワンピース』ゲームの中でも、最高峰のデキと言ってもらっています」と期待を寄せた。河野氏は2012年2月27日から全国放送となるテレビCMにも言及し、今回は3バージョン用意していることを紹介。同氏の話によれば、当初は2バージョンしか作らない予定だったが、数ある『ONE PIECE(ワンピース)』の名場面の中から「どのシーンを選べばいいのか決めかねた」という理由から、当初の予定を変えて3バージョンを制作するにいたったという。特別なのはテレビCMだけではない。ソフトと同時に発売されるオリジナルデザインの本体同梱版でも、プレイステーション3史上初の試みが行われている。本体の天板部分にある海図のデザインが、ペイントではなく刻印で描かれているのだ。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの全面バックアップを強調するとともに、「大ヒットを確信しています!」と力強い言葉で挨拶を終えた。

 週刊少年ジャンプ編集長の瓶子氏は、『ONE PIECE(ワンピース)』の作者である尾田栄一郎氏からのメッセージを紹介。尾田氏はメッセージの中で「まるで、実写でルフィが動いているみたい」とグラフィックの仕上がりを絶賛するとともに、パッケージイラストの作成依頼を受けたものの、CGのキャラクターたちの完成度の高さを見て「誠意と確信でお断りした」というエピソードを披露した。


WA3_1479.jpg WA3_1517.jpg WA3_1521.jpg

▲バンダイナムコゲームス代表取締役副社長の鵜之澤伸氏。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン、プレジデントの河野弘氏。

▲週刊少年ジャンプ編集長の瓶子吉久氏。

WA4_9592.jpg

▲尾田栄一郎氏からのメッセージ。

WA3_1781.jpg WA3_1764.jpg
WA3_1591.jpg

▲タイトルプレゼンを行った中島氏(左)と鯉沼氏(右)。

 ゲーム紹介ではバンダイナムコゲームスプロデューサーの中島光司氏と、開発を担当するコーエーテクモゲームスの“ωーForce”プロデューサーの鯉沼久史氏が登場。中島氏は『ワンピース 海賊無双』について「再現度には感動しました」し、鯉沼氏は「日本でナンバーワンのマンガを扱わせてもらうことにプレッシャーもありました」とそれぞれ開発を終えての感想を語った。ゲームの見どころについて中島氏は「『ONE PIECE(ワンピース)』のゲームでは初となる、ストーリーを追体験できるところ」と紹介。鯉沼氏は同作のコンセプトが“一騎当千の大冒険”であると説明したうえで、「やってもらえば『無双』の爽快感を感じてもらえるはず」と、『無双』シリーズとしての楽しさもしっかりと詰まっていることを強調。また、ビジュアルについても「マンガでもアニメもでもない、ゲームならではの表現」になっているとみずから太鼓判を押した。

 ここでステージには、『ONE PIECE(ワンピース)』ファン代表としてお笑いコンビ“オリエンタルラジオ”の藤森慎吾と、アイドルグループ“SDN48”の芹那が登場。好きなキャラクターやシーンなど、両者が事前に答えたアンケート結果を元に、それがゲームではどのように表現されているのかが、実機デモで紹介された。最初の質問は、好きなキャラクターについてで、藤森は“サンジ”、芹那は“トニートニー・チョッパー”と回答。デモプレイではサンジのアクションが公開され、遊んだ藤森は「爽快だねこりゃ!」、「操作性がよくて、技も忠実!」とゲーム性の高さと、キャラクターの再現度を大絶賛。一方の芹那は、大好きなチョッパーが活躍する“冬島”のエピソードをプレイ。モニターに映るチョッパーの姿に「つまみ出したくなりました!」と魅了され、ゲームプレイでも「必殺技がポンポンと出せて、気持ちよかったです。もっともっと遊びたい」とすっかり引き込まれている様子だった。


WA3_1603.jpg WA3_1614.jpg

▲芹那はセクシーなハンコックの衣装で登場。

WA3_1640.jpg WA3_1665.jpg

▲藤森からはもちろん「君かわうぃーねぇー!」のメッセージ。

WA4_9619.jpg WA4_9623.jpg WA4_9631.jpg

▲サンジの魅力について藤森は「嫌味のないチャラさが、“いまの”私のキャラに合ってるかな」と語った。

WA4_9648.jpg WA4_9652.jpg WA4_9666.jpg

▲チョッパーの「全部が愛おしい」と語った芹那。“冬島”のエピソードは何回読んでも泣いてしまうそうだ。

 『ONE PIECE(ワンピース)』には涙なしには語れない数々の名場面が存在しているが、ストーリーの追体験がウリの『ワンピース 海賊無双』では、それらの再現にもかなり力が入っている。デモプレイで披露されたのは、藤森がいちばんの名シーンとして挙げた“エニエス・ロビー”編での“ロビン”の叫び。本作のイベントシーンはCGキャラクターたちの会話で進むカットシーンのほかに、コマ割りされた一枚絵が、まるでマンガを読むように切り替わっていくというものもあり、もちろんどちらもボイスを収録。また、カットシーンのほうでは途中にボタン入力を求められるタイミングがあり、ただ見ているだけではなく、『ONE PIECE(ワンピース)』の物語を文字通り体験できる作りなのだ。それらの魅力的な演出も手伝って、前述の名シーンは想像以上の臨場感を持ってプレイヤーへ迫ってくることになる。事実、デモが終わったあと藤森の目には涙が浮かんでいた……。「こんなに発売日が待ち遠しいことはない。やりたい願望が高まりました」(藤森)、「好きなシーンが忠実に再現されているので、マンガやDVDで楽しむ機会よりも、ゲームを遊ぶ機会が増えそう」(芹那)。両者の大満足なコメントで、発表会は終了となった。


WA4_9689.jpg WA4_9710.jpg
WA4_9717.jpg

▲再現度の高さに、藤森も思わず涙。

WA4_9724.jpg WA3_1755.jpg

<『ワンピース 海賊無双』スクリーンショット>

01.jpg 02.jpg
03.jpg 04.jpg 05.jpg
06.jpg 09.jpg 10.jpg 11.jpg
SS差替?風船.jpg SS差替?_お前は俺の仲間だ.jpg


(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (c)2012 NBGI

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

アニメ制作のポイントは“管理”や“効率化”にあり! 3DCGアニメの今後が語られたセッションをリポート【CEDEC 2015】

2015年8月26日~28日の3日間、パシフィコ横浜にて開催される、日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2015”。ここでは、27日に実施されたプロダクションセッション“3DCGが変えたアニメとは”の内容をリポートしよう。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

ばらせばゲーム開発はうまくいく! スクウェア・エニックス塩川洋介氏ショートセッションリポート【CEDEC 2015】

クリエイティブディレクターとして北米に出向したスクウェア・エニックスの塩川洋介氏が、世界各国のクリエイターとの約5年間におよぶ開発経験から得たノウハウを、体験談として共有するショートセッションをリポート。

『聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル』登場キャラクター紹介38【水瓶座(アクエリアス) 氷河】&【天秤座(ライブラ) 紫龍】

本作は、人気アニメ『聖闘士星矢』を題材にしたアクションゲームの最新作。主人公の星矢を始め、人気の聖闘士(セイント)が集結し、熱い戦いをくり広げるファン垂涎の作品だ。ファミ通.comでは、2015年9月25日に予定されているゲームの発売まで、ゲーム中に登場する主要な聖闘士たちを紹介していくぞ。

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』3Dで2Dアニメ表現を可能にし、ストーリーモードを短期間・少人数で作り上げた技術と手法に迫る【CEDEC 2015】

2015年8月26日~28日の3日間、パシフィコ横浜にて開催される、日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2015”。ここでは、同イベント2日目となる27日に実施された、アークシステムワークスアートディレクター 兼 チーフアニメーター坂村英彦氏による“GUILTY GEAR Xrd におけるリアルタイム・リミテッドアニメーション”の内容をリポートする。

【スクール オブ ラグナロク征服戦応援団】オープニングセレモニーの模様をリポート!

スクウェア・エニックスが手掛けるアーケードゲーム、『スクール オブ ラグナロク』を応援する征服戦応援団が更新!! 本作の稼動を記念したオープニングセレモニーの模様をリポートします。

スタッフが綴る毎週更新のコラム! 今井麻美のSSG:“ミンゴスとアニサマ”【スタッフコラム】

ファミ通.comのWebラジオ『今井麻美のSSG』。番組スタッフが綴るスタッフコラムをお届けします!

『ドラゴンズドグマ オンライン』攻略Wikiがスタート! DLC付き『ルーキーズ・ガイド』は正式サービス開始日に発売

2015年8月27日よりアーリーアクセスが始まった『ドラゴンズドグマ オンライン』。覚者たちの冒険に役立つ情報を網羅する、攻略Wikiがオープンした。また、お役立ち武器がもらえる『ルーキーズ・ガイド』は、2015年8月31日発売!

ガストショップ納涼祭グッズを紹介する“紹介動画”が公開!

ガストショップ内の特設サイトにて、2015年8月7日より開催中の“ガストショップ 納涼祭”の商品を紹介する動画が公開。ガストショップ店長が、販売商品をわかりやすく丁寧に紹介している。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

スポンサードリンク