『NEW ラブプラス』がいよいよ2012年2月14日発売!――その魅力をまとめて紹介

いよいよ明日、2012年2月14日、KONAMIから『ラブプラス』シリーズの最新作『NEWラブプラス』(ニンテンドー3DS用ソフト)が発売される。本稿では、同作の魅力をおさらいを兼ねて紹介する。

●バレンタインは“カノジョ”といっしょ!

『NEWラブプラス』画像/ゲーム画面.jpg

 いよいよ明日、2012年2月14日、KONAMIから『ラブプラス』シリーズの最新作『NEWラブプラス』(ニンテンドー3DS用ソフト)が発売される。本稿では、同作の魅力をおさらいを兼ねて紹介する。

 『NEWラブプラス』では、グラフィックの強化や3D立体視によるキャラクターの存在感の向上、本体を動かすことでプレーヤーの視点(見る角度)を変えることができる操作など臨場感がアップ。さらに、カメラ機能を使って撮影した現実の風景に“カノジョ”が登場し、プレーヤーの好きな場所で、自分だけのオリジナルのデートを楽しんだり、実際の本を“カノジョ”と“一緒に読む”という実体験を共有できるなど、現実とバーチャルの融合がさらに進化。より深いコミュニケーションを楽しむことができる。


『NEWラブプラス』画像/パケージ.jpg

■『NEW ラブプラス』の特長

グラフィックの強化で“カノジョ”がより魅力的に
グラフィックやモーションの大幅な強化により、“カノジョ”の表情がより豊かに、かわいらしく! また、3D立体視に対応し、まるでそこにいるような臨場感を感じることができる。

ジャイロセンサーを活用した新しいコミュニケーション
ゲーム機本体の傾きなどを検知するジャイロセンサーを使って、プレーヤーの“視点”を自由に操作することができる。“視点”を動かすことで、その空間にいる“カノジョ”も常にプレーヤーを意識してリアクションをしてくれる。


『NEWラブプラス』画像/じゃいろ画面.JPG

▲自由な角度・位置から“カノジョ”を見つめることが可能。いつもと違った“カノジョ”の魅力を発見できる。

自分だけのデートを作成
ゲーム機本体のカメラ機能を活用し、撮影した現実の風景に“カノジョ”が登場してデートを楽しむことができる“どこでもデート”機能が搭載。世界中どこでも、プレイヤーの好きな場所を舞台に、オリジナルのデートを作成することが可能だ。作成したデートは、通信機能を使用して交換やアップロード(投稿)ができ、さらに、KONAMIから配信する、オススメ投稿作品やオフィシャルデートのダウンロードなど、幅広く楽しめる。


『NEWラブプラス』画像/どこでもデート画面1.JPG 『NEWラブプラス』画像/どこでもデート画面2.JPG

▲近づく、座る、物陰から出てくるなど、様々なデートの演出が可能。

“カノジョ”と一緒に読書
プレーヤーが実物の本を実際に読み、読んでいる途中や読み終えたあとに“カノジョ”と意見や感想を語り合うことができるイベントを搭載。本を、“カノジョ”と一緒に読む、という実体験を共有することで、より現実感を持った、リアルなコミュニケーションを感じることが可能だ。“カノジョ”と一緒に読む本は、『赤毛のアン』(モンゴメリ著)、『ぼくのメジャースプーン』(辻村深月著)、『魍魎の匣』(京極夏彦著)の3冊。
※対象書籍は、「ラブプラス」オリジナルカバーの特装版も発売中。

顔認識機能でユーザーを記憶
顔認識機能の活用により、“カノジョ”がユーザーの顔を覚える。この機能により、プレイヤー以外の人が続きを遊べないようにロックをかけることができる。さらに、プレイヤー以外の顔も覚えることができるので、現実さながらに“カノジョ”を「紹介」して、会話を楽しむことも可能。

セーブデータの引き継ぎが可能
ラブプラス』、『ラブプラス+』からセーブデータの引き継ぎが可能。これまでのシリーズを楽しんだプレイヤーは、“カノジョ”との“思い出”をそのまま引き継いで遊ぶことが可能。
※ニンテンドーeショップでダウンロード販売される、専用の引き継ぎツール(200円[税込]:その他機能も同梱)が必要。