『墨鬼 SUMIONI』ブロガー体験会で、無料アップデート情報が明らかに

ゲーム ニュース PS Vita
アクワイア2012年1月15日、ゲームに関連したブログを運営するブロガーを対象に、プレイステーション Vita用ソフト『墨鬼 SUMIONI』(2012年2月9日発売予定)の先行体験会を開催した。

●ランキングモード、新ステージが追加予定

 アクワイア2012年1月15日、ゲームに関連したブログを運営するブロガーを対象に、プレイステーション Vita用ソフト『墨鬼 SUMIONI』(2012年2月9日発売予定)の先行体験会を開催した。


DSCF7774.jpg DSCF7776.jpg

 『墨鬼 SUMIONI』は、PS Vitaならではのタッチや背面タッチ操作を取り入れた横スクロールアクションゲーム。今回の先行体験会では、ゲームのオープニングから体験することができ、約1時間同作ならではのアクションを堪能できた。記者もブロガーの皆様に混じってプレイをさせてもらったのだが、何よりも目を惹かれたのは水墨画を彷彿とさせる、どこか暖かみのある独特なグラフィック。それがスムーズに動くというところに、まず同作の魅力を強く感じることができた。ゲームシステムに関しても見た目に勝るとも劣らない個性的な仕上がりとなっている。最大の特徴は、墨汁を使ったアクションの数々。『墨鬼』というタイトルが示している通り、本作の主人公は“墨”を使ってさまざまな場面を切り拓いていく。たとえば、“道筆”という能力ではスクリーンをタッチ&スライドした形で、画面に筆で書いたような線が出現。道筆は足場として利用することができるほか、障害物を回避したり、敵を誘導することもできるのだ。そのほか、道筆には一定時間乗ることで、主人公の攻撃力が上昇するという効果がある。ボス戦ではいかにこのシステムをうまく使えるかが鍵となるだろう。ただし、攻撃力が上昇した状態は地面に足をつけるか、攻撃を食らうことで解除されるので注意が必要だ。また、墨汁の使用は未制限ではない。画面左上部には残量を示す“墨力ゲージ”があり、それがゼロの状態では線を引くことができなくなってしまうのだ。墨汁は時間経過で自動的に補充されていくが、そのスピードはかなりゆっくり。急いで補充したければ、背面タッチパッドをコスって墨をすればOKだ。


photo1.jpg photo2a.jpg
photo3.jpg stage.jpg

 “水筆”という能力では、敵が放った飛び道具をタッチして消滅せることができ、さらに道筆を消すことも可能。そのほか、墨汁で召喚獣を呼び出したり、または術を唱えたりといったことも。ちなみに、各ステージの作りは伝統的なジャンプアクションゲームを彷彿とさせる仕上がりとなっているので、墨汁アクションは(一部を除いて)必須というわけではないのだが、後述する理由からプレイヤーは墨汁アクションを駆使することになる。


honoo1.jpg honoo2.jpg photo1a.jpg
syoukan_hitohude.jpg syoukan_tehon.jpg
yomihi.jpg sumigami_shidou.jpg yomihi3.jpg photo1b.jpg

 『墨鬼 SUMIONI』はマルチシナリオ&エンディングを採用しており、ステージのクリアータイムおよびダメージ量によって分岐していく。記者は初プレイでは、最悪のルートと言うか何というか……最終的に事態が解決しないルートとなってしまった。クリアータイムとダメージ量が多すぎたのだ。問題は何か? 墨汁アクションをうまく使いこなせていなかったからだ。そこで2回目では、道筆を使って無駄な戦闘は避け、ボス戦では水筆でこまめに攻撃を無効化することに注力。また、術も意識して使用するようにしたところ、一度目と別のコースへ分岐することができたのだ。上でも書いたが、『墨鬼 SUMIONI』は特徴的な見た目とは裏腹に、ステージの作り自体はそれほど複雑ではない。だからと言って、ふつうのアクションゲームを遊ぶような感覚で進めていると、いつまで経っても真の結末に辿り着くことはできないだろう。ただクリアーするのではなく、墨汁アクションを駆使して最適な攻略ルートを見つけ出す。これも『墨鬼 SUMIONI』の大きな魅力であるように感じられた。


result.jpg event01.jpg event02.jpg
mitsuhime_photo.jpg photo2.jpg

 約1時間の体験終了後には、本作のプロデューサーである田村純一郎氏への質疑応答も実施。この中で、無料アップデートの情報も明らかにされた。実施時期は未定だが、無料アップデートでは全国のユーザーのあいだでクリアタイムや被ダメージ量の少なさを競う“ランキングモード”の追加を予定しているという。また、ほかに、追加のエクストラステージも検討しているということで、田村氏いわく、開発チームはソフト完成後もしばらくは稼働予定とのこと。発売されたあとも新たな展開が期待できそうだ。


DSCF7798.jpg

▲プロデューサーの田村氏。



(C)2012 ACQUIRE Corp. XSEED JKS, INC. Published by ACQUIRE Corp.
All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【朝刊】人間失格

昨日(2015年4月27日)のニュースをまとめておさらい。新作アプリ情報やアップデート情報に加え、チェックしておきたいさまざまなニュースを、まとめてご紹介します。

【モンスト】チケクエ攻略“爆裂!マルチバースト!”バースト戦(究極)解説

『モンスト』のチケットクエスト“爆裂!マルチバースト!”バースト戦の出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【モンスト家】4月28日の亀クエ&降臨クエ時間割

本日開催予定の時間限定クエストのスケジュールのおさらいと今日のモンストおじさん。

『チェンクロ』 今井麻美・内田彩考案のコラボ武器がライブ会場で配布される

セガゲームス セガネットワークス カンパニーは、声優の今井麻美、内田彩が考案した『チェインクロニクル ~絆の新大陸~』のオリジナル武器を、それぞれのライブ会場で配布することを発表。

遠回りしたから実現できた! 『3D ベア・ナックルII』リリース直前の“セガ 3D復刻プロジェクト”のキーマンに聞くこれからの展開

“セガ3D復刻プロジェクト”のダウンロード販売ラインアップに、新たにメガドライブの名作3タイトル『3D ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(レクイエム)』などが加わることになった。ここでは、同プロジェクトのプロデューサーを務めるセガゲームスの奥成洋輔氏と、開発を担当するエムツーの代表・堀井直樹氏の口から、たっぷりと語っていただいた。

『シャイニング・レゾナンス』ついにレベルキャップMAX開放! 無料で遊べるランダム生成ダンジョン“グリモアール”を動画で紹介

セガゲームスのRPG『シャイニング・レゾナンス』のダウンロードコンテンツ情報をお届け。ランダム生成ダンジョン“魔導書グリモアールの迷宮”のほか、気になるエクストライベントも動画で紹介!

【夕刊】ニコニコ超会議2015後

最近公開された記事の中で、編集者が気になったものをコメントとともにまとめてご紹介します。

【新作】エンディングは全55種! 本格サスペンス『灰色都市 32人の容疑者』

ネクシジョンは、スマホ向け新作アドベンチャー『灰色都市 32人の容疑者』の配信を開始した。

『BFB 2015』 明日実施の超大型アップデートで実装される新要素はコレ!

サイバードが配信する『BFB 2015』にて、2015年4月28日に超大型アップデートが実施される。

新襲撃戦場やGWイベントなどなど 『三国テンカトリガー』は連休中も目が離せない

『三国テンカトリガー』にて、ゴールデンウィーク期間中にお得な企画が多数実施される。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

スポンサードリンク