矢口真里と夫の中村昌也が『ラグナロク オデッセイ』完成披露パーティーに揃って登場

ゲーム ニュース PS Vita
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2011年12月22日、都内でプレイステーション Vita用ソフト『ラグナロク オデッセイ』(2012年2月2日発売予定)の完成披露パーティーを開催した。

●矢口真里、映像美とアクションを絶賛

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2011年12月22日、都内でプレイステーション Vita用ソフト『ラグナロク オデッセイ』(2012年2月2日発売予定)の完成披露パーティーを開催した。


DSC_0094.jpg

▲開催の挨拶を行った森下氏。

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長CEO、ゲームアーツ代表取締役社長の森下一喜氏は開会の挨拶で、同作の開発経緯について言及。『ラグナロクオンライン2』の開発書を見たとき、「アクションゲームにしてしまえばいいのでは?」という思いつきから『ラグナロク オデッセイ』がスタートしたと明かし、対応機種にPS Vitaを選んだ理由については「いままでにないハイスピードで、新機軸なアクションを実践する」には同ハードしかなかったと説明した。一方で、最大の理由はほかにもある、と森下氏。同氏はガンホー・オンライン・エンターテイメントを立ち上げたときから、「いつかはコンシューマーでオンラインゲームの楽しさを広めたい」という夢を抱いていたそうで、PS Vitaのすぐれたネットワーク機能は、それを実現するのにもっともふさわしいと考えたそうだ。またソフト発売後についても、『ラグナロク オデッセイ』のウリであるマルチプレイをより楽しんでもらうためにダウンロードコンテンツの配信などを考えている、と語った。


003.jpg 004.jpg 005.jpg
006.jpg 007.jpg 008.jpg

 この日はゲストとして、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデントである河野弘氏も登壇。「こういった場は開発者の方々の思いがわかりますし、顔も見られるので個人的に大好きです」と挨拶をし、続いて先日12月17日に発売を迎えたPS Vitaの売れ行きなどについて話した。初週販売台数が32万1407台(エンターブレイン調べ)という売れ行きについては「想定通りの数字でした」と語る一方で、「タイトルと周辺機器がすごく売れていて、またタイトルのダウンロード版が想像以上に売れています」とコメント。「PS Vitaならではの売れかたが早くも現れている。この特徴をしっかりと育てていきたい」と感想を述べた。


DSC_0101.jpg DSC_0116.jpg DSC_0127.jpg

 『ラグナロク オデッセイ』についてはガンホー・オンライン・エンターテイメントとゲームアーツが贈る渾身の一作と考えているそうで、「なんとか応援したい。いっしょに育てていきたいです」と期待を示す。「PS Vitaがオンラインに向いていると言ってくれたことを重く受け止め、作品のよさを伝えられるようプレイステーションチームもがんばっていこうと思います」とSCEJも一丸となってフォローしていく考えを述べた。

 その後ステージではフルCGで描かれたゲームのオープニング映像(詳細はこちら)のお披露目、BGMメドレーの生演奏が行われ、続くトークショーではさらなるゲストとしてタレントの矢口真里と、その夫で俳優の中村昌也が登場。『ラグナロク オデッセイ』では巨人との戦いを中心に物語が描かれるのだが、身長192センチという中村は、身長144.5センチの矢口から見ればまさに巨人……といった経緯から、今回ゲストとして呼ばれたそうだ。


DSC_0148.jpg DSC_0296.jpg
DSC_0378.jpg

 トークショーで矢口は、「いろいろなゲームをやってきましたが、ここまでキレイなのは初めてかもしれません!」と『ラグナロク オデッセイ』の映像美を絶賛。またアクション部分の特徴であるハイスピードな空中戦についても「空中戦がかっこよくて、これは初めての感覚。あと、アクションをあまりやったことがない人でもプレイできると感じました」とすっかり魅了された様子で語っていた。

 ちなみに、ゲーマーを自負する矢口だが、じつは夫の中村はそれ以上のゲーマーだそうで、今回のイベント前も控え室でもずっとゲームをプレイしていたという。ゲームに登場する巨人について中村は「僕なんて比べものにならないくらいの巨人。中ボスくらいでやっと僕より少し大きいくらいなのかな?」とコメント。また、PS Vita本体ではさまざまな操作が可能なことにゲーマー心をくすぐられたようで「いろいろな遊びかたが追求できるハード」と語り、「ソフトが発売された真里の家族といっしょにやろうかな」と話していた。


DSC_0389.jpg DSC_0511.jpg


(C) Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年07月21日〜2014年07月27日

『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』が3週連続の首位を獲得。新作の『ヨッシー New アイランド』は2位にランクイン

『イナズマイレブン オンライン』特別企画“イナズマ科学研究所”第1回はゴッドハンド!

『イナズマイレブン オンライン』特設サイトにて、必殺技を科学的に研究する特別企画“イナズマ科学研究所”の第1回「ゴッドハンド」が公開!

『パズルボブル』の中国での協業について、タイトーがQihoo 360と基本合意したことを発表

タイトーは『パズルボブル』の中国での協業について、Qihoo 360と基本合意したことを明らかにした。同作は、2014年7月31日~8月3日に中国・上海で開催される“China Digital Entertainment Expo(ChinaJoy) 2014”にも出展される予定。

『メイプルストーリー』『アラド戦記』『マビノギ英雄伝』合同オフラインイベント“アクションフェスティバル2014”が8月24日に開催決定!

ネクソンは同社が運営するPC用オンラインアクションRPGタイトルの合同イベント“アクションフェスティバル2014”を、2014年8月24日に開催すると発表した。出展するのは『メイプルストーリー』、『アラド戦記』、『マビノギ英雄伝』の3タイトル。

『チェインクロニクル』ファンミーティング潜入リポート!

2014年7月21日に開催され、大いに盛り上がった“『チェインクロニクル』1周年祭直前ファンミーティング”。今回は、イベントのリハーサルから密着取材を行った、ファミ通編集者しんのすけのリポートをお届けしよう。

沼倉愛美の『ガンダムコンクエスト』プレイ日記 第3回

どもども、ぬーです! そろそろ朝起きて真っ先にガンコンを開くのが定番になってきました!

【新作】パネルめくりが命運を分けるローグライクRPG『パネローグ』配信開始

ジー・モードからスマホ向けローグライクRPG『パネローグ未世界ダンジョンと神の塔』のAndroid版が配信がされた。iPhone版は近日配信予定。

新エリア“ラ・カザナル宮内郭”が登場! 『ファイナルファンタジーXI』2014年8月中旬バージョンアップ続報!

『ファイナルファンタジーXI』の次回バージョンアップでは、『アドゥリンの魔境』の秘密に迫る新エリアが登場するとのこと。スクリーンショットとエリアの設定を紹介する。

『スーパーヒーロージェネレーション』レッドキング、プロヴィデンスガンダムなど新たな敵ユニットが判明!

バンダイナムコゲームスは、2014年10月23日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『スーパーヒーロージェネレーション』について、新たな敵ユニットや戦闘マップ中のシステムなどの最新情報を公開した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク