新情報も多数! 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』トークイベント【ジャンプフェスタ2012】

ゲーム Wii ニュース Wii U
千葉県にある幕張メッセで本日2011年12月17日、開幕したジャンプフェスタ2012。スクウェア・エニックスブースのステージでは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』に関するトークイベント“「開発者にガンガン聞こうぜ!」出張版”が2回開催された。ここではそのトークの内容をまとめて紹介しよう。

●見せ過ぎ!? 未公開映像も惜しげもなく!

DQ/SON_2542.JPG

 千葉県にある幕張メッセで本日2011年12月17日、開幕したジャンプフェスタ2012。スクウェア・エニックスブースのステージでは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』に関するトークイベント“「開発者にガンガン聞こうぜ!」出張版”が2回開催された。ここではそのトークの内容をまとめて紹介しよう。

 本トークイベントに登場したのはプロデューサーの齊藤陽介氏とディレクターの藤澤仁氏。『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』は、オンラインということで難しそうなイメージを持っている人もいるかもしれないが、齊藤プロデューサーは、“いままで通り楽しめる『ドラゴンクエスト』の最新作”と説明。バトルはザコ戦ではテンポよく、ボス戦では奥深い戦略も楽しめるなど、従来のシリーズ作品と変わらぬおもしろさであることを保証。バトルの説明では、初出しの映像を披露しながら「カメラアングルも自由に動かすことができ、ふだん見られないモンスターの姿を見ることができます」(藤澤)と、従来のバトルとは異なる魅了も紹介した。
 また、オンラインゲームということで、『DQ』シリーズの魅力のひとつであるシナリオがどうなるか気になるところだが、シナリオも従来どおり、いや、それ以上の内容になるとのこと。ラスボスも存在し、物語も十分楽しめる作品になるということだ。


DQ/SON_2471.JPG DQ/SON_2537.JPG

齊藤陽介プロデューサー

藤澤仁ディレクター

DQ/SON_2478.JPG
DQ/SON_2496.JPG

 ここからは、トークで触れられたQ&Aをまとめて振り返る。まず、“インターネット環境が必要か”という質問には、オフラインでも「ちょっとだけ楽しめる」(齊藤)としながらも、ぜひオンライン環境を整えてほしいと述べ、オンライン環境があるとオフラインの「100倍、1000倍楽しくなります」(齊藤)ということだ。

 Wii版とWii U版の違いについては、「Wiiはめっちゃ楽しい! Wii U版はめっちゃ楽しい! そのうえ超キレイ」(齊藤)とコメント。さらに、「2台あればふたりでいっしょに遊べる」と説明した。

 また、人間のキャラクターは使えないのか、という質問も。『DQX』では5つの種族が明かされているが、これまで公開されている映像などでは人間らしきキャラクターも登場している。これについて藤澤氏は「プレイヤーは全員、人間です」と断言。人間でありながら、ほかの種族が使えるという説明だったが、それがどういうことかはプレイして確かめる必要がありそうだ。ちなみに、種族の違いにより、強い弱いがあるのか、という質問も出たが、種族によって多少の個性はあるとしつつも「強さは気にせず、見た目で選んでもらってけっこうです。種族によって就けない職業はありません」(齊藤)とのこと。

 サポート仲間(いっしょに遊ぶ人がいないときなど、酒場で仲間にできるAIキャラクター)に関する質問では、自分がプレイしていない時間には、自分のキャラクターをサポート仲間にでき、ほかのプレイヤーが自分キャラをサポート仲間として使うと経験値が入る仕組みもあるという。つまり、自分が遊んでいない時間にもレベル上げができてしまうのだ。これはうれしい!

 最後に、2回目のトークイベントでは、観覧者からの質問として、未発表の職業はあるのか、という質問が。このキワドイ質問に対し、藤澤ディレクターは「現在、6つの職業を公開していますが、サービスを続けていくうえで追加していきます」と述べ、「その中には過去のシリーズにはない職業も企画しています」と注目発言も飛び出した。

 誰もが気になる発売日に関する質問もあったが、まずはβテストでどんな改善が必要かを見極めてから判断するとのことだ。そのβテストの開始時期は「チョコレートの時期」(齊藤)ということで、さほど遠くない時期に開始されそうだ。ひとまずは、βテストを楽しみに待とう。まだ応募していない人は公式サイトから応募(→こちら)すべし!


DQ/SON_2498.JPG DQ/SON_2521.JPG

▲初公開シーンも盛りだくさんのお披露目も!

DQ/SON_2525.JPG DQ/SON_2530.JPG DQ/SON_2522.JPG

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】アプリ、アニメ、ニンテンドー3DSで進化する『モンスターストライク』! 11ページ特集に加え、表紙は岩元辰郎氏の描き下ろしイラストを掲載(2015年8月6日発売号)

週刊ファミ通の2015年8月20・27日号(2015年8月6日発売)では、前号(2015年7月30日発売)に引き続き、“2号連続『モンスターストライク』特集”の第2弾をお届け! アプリ版の注目情報はもちろん、ニンテンドー3DS版の最新画面やアニメ版のインタビュー記事などを掲載しています。

『ガンダムコンクエストV』本日8月4日よりシーズン1がサービス開始! シーズン1開始記念ガシャも登場

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション Vita用オンラインゲーム『ガンダムコンクエストV』に関して、本日よりシーズン1のサービスを正式に開始した。

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』“闘神激突”大会の対戦カードを発表! 大将戦はウメハラ vs 小川の夢の対決

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』の大会イベント“闘神激突”の決勝大会に出場する全代表選手と対戦カードを公開した。

【先出し週刊ファミ通】『Fallout 4(フォールアウト4)』が注目される理由を探る!(2015年8月6日発売号)

2015年8月6日発売号の週刊ファミ通では、全世界が待望するオープンワールドRPG『Fallout 4(フォールアウト4)』の続報をお届け!

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『ファイナルファンタジー レコードキーパー』、『モンスターストライク』などの特別なコンテンツをゲットしよう!(2015年8月6日発売号)

週刊ファミ通2015年8月20・27日合併号(8月6日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

【先出し週刊ファミ通】『ルミナスアーク インフィニティ』発売記念特集(2015年8月6日発売号)

 12人の“詩姫”を率いて戦うシミュレーションRPG『ルミナスアーク インフィニティ』がついに発売。週刊ファミ通2015年8月6日発売号では、ゲーム進行に役立つ基礎知識を伝授!

『V.D.-バニッシュメント・デイ-』新特隊生が続々登場するストーリーイベント“白と黒の部隊 第2話 ~愚者と賢者~”が開催

DMMオンラインゲームにてサービス中のPC向けブラウザゲーム、タクティカルバトルRPG『V.D.-バニッシュメント・デイ-』において、ストーリーイベント“白と黒の部隊 第2話 ~愚者と賢者~”が、本日2015年8月4日のメンテナンス終了後より開催される。

【先出し週刊ファミ通】『デジモンワールド -next 0rder-』前作から約2年の時を経て、最新作が発表!(2015年8月6日発売号)

2015年8月6日発売の週刊ファミ通では、『デジモンワールド -next 0rder-』の最新情報を掲載。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクールMV』シリーズ最新作が大幅に進化を遂げて登場(2015年8月6日発売号)

週刊ファミ通2015年8月6日発売号では、シリーズ最新作となる『RPGツクールMV』の情報をお届け!

【先出し週刊ファミ通】構想から7年……『Devil's Third(デビルズ サード)』ついに発売!(2015年8月6日発売号)

週刊ファミ通2015年8月20・27日合併号(2015年8月6日発売)では、いよいよ本日、2015年8月4日に発売となった任天堂のWii U用ソフト『Devil's Third(デビルズ サード)』の発売記念特集を掲載。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

スポンサードリンク