ビックカメラは300人、LABIは約100人の行列で販売スタート【PS Vita発売日リポート】

2011年12月17日、ソニー・コンピュータエンタテインメントの新ハードPlayStation Vitaがついに発売となった。本記事では、ビックカメラとヤマダ電機LABIという大手家電量販店が隣接した、池袋の模様をお届けする。
平成28年熊本地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

●最前列の人は前日の午後6時から並んでいた!

 2011年12月17日、ソニー・コンピュータエンタテインメントの新ハードPlayStation Vitaがついに発売となった。本記事では、ビックカメラとヤマダ電機LABIという大手家電量販店が隣接した、池袋の模様をお届けする。


DSC_1133.jpg

 先に販売がスタートしたのはビックカメラ池袋本店で、事前に告知していた通り午前8時より開始。先頭に並んでいた学生を中心とした集団はなんと前日の午後6時から並んでいたそうで、絶対にPS Vitaを手に入れたいという理由に加えて、行列を一種のお祭り感覚で楽しんでいる様子だった。お目当てのソフトを聞いてみたところ『真・三國無双 NEXT』、『魔界戦記ディスガイア3 Return(リターン)』、『モンスターレーダー』といった答えが。ゲームソフト以外で注目しているものとしては、ダウンロードタイトルの『ニコニコ』を挙げ、「ニコニコ動画を観たり、あとはTwitterでつぶやいたり……とりあえず本体だけでも楽しめそう!」と、PS Vitaをマルチメディアマシーンとして活用する考えであることを語ってくれた。

 販売開始時点での行列の規模は、店舗スタッフに聞いたところ約300人。かなりの人数となったため、店舗1階に設置された特設レジ以外に、建物すべてのレジをフル動員しての販売となった。ちなみに、予約状況を見る限り『みんなの GOLF6』、『アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-』、『真かまいたちの夜』が売れ筋ソフトだった模様。またソフトは1本だけでなく、4、5本まとめて購入する人も複数見られた。注目の在庫状況だが、朝の段階では3G/Wi-Fiモデル、Wi-Fiモデルともに当日販売分は余裕あり。しかし、販売開始後も購入者は途切れることなく訪れており、店舗のスタッフもいつまで在庫があるかは予測できないと語っていた。


DSC_1000.jpg DSC_1035.jpg DSC_1038.jpg

▲行列が店舗前に収まりきらなくなったため、後方は分断して近くの歩道に誘導された。

DSC_1081.jpg DSC_1156.jpg

▲スタッフのカウントダウンで、午前8時に販売開始!

 
 ビックカメラに隣接するヤマダ電機 LABI1池袋 モバイルドリーム館は、ふだんと変わらぬ午前10時より販売開始。行列規模は最大で約100名となり、混雑を避けるため販売開始前に購入者を店内に引き入れることとなった。なお、販売が行われたLABI1池袋 モバイルドリーム館の7階は、プレイステーションのコンセプトショップ(詳細はこちら)となっている。PS Vita発売に併せて専用の棚が大々的に設けられるなど、力の入れようがうかがえる作りになっていた。


DSC_1214.jpg DSC_1280.jpg DSC_1291.jpg
DSC_1229.jpg DSC_1260.jpg