『シュタインズ・ゲート』に登場した伝説のボードゲーム『雷ネットアクセスバトラーズ』の一般発売が決定

『シュタインズ・ゲート』のゲーム中で大人気のボードゲーム、『雷ネットアクセスバトラーズ』の一般発売が決定! 2011年12月28日にGigasDrop.より発売されることになった。

●アルファ回線にサイバーダイブし、雷ネットカードを駆使して最強を目指せ!

雷ネット_PKG_WEB.jpg

 5pb.から発売中の『シュタインズ・ゲート』のゲーム中で大人気のボードゲーム、『雷ネットアクセスバトラーズ』の一般発売が決定! 2011年12月28日にGigasDrop.より発売されることになった。価格は3990円[税込]。こちらは、2011年8月にコミックマーケット80にて5pb.ブースでお目見えしたものが、好評につき一般発売されることになったものだ。

 『雷ネットアクセスバトラーズ』とは、インターネットをテーマにした大人気マンガであり(ロコロココミックで好評連載中)、テレビアニメシリーズ『雷ネット翔』から派生した商品という設定。『雷ネット翔』は、そのあまりの人気ぶりに夢中になる子供たちが“雷ネットチルドレン”とまで呼ばれ、社会現象となっている。一方で、子ども向けを狙って作られた作品ながら、その考えさせられる内容から大人にも大好評である。『雷ネットアクセスバトラーズ』のルールは以下の通り。


【ルール】
・回線マットと呼ばれる、縦横8マスの対戦マットでゲームをおこないます。
・双方はオンラインカード8枚(リンクカード4枚、ウィルスカード4枚)を自分の駒として、ランダムで裏返しに配置します。


勝利条件1:相手に自分のウィルスカードを4枚取らせる。
勝利条件2:相手のリンクカードを4枚取る。(勝利条件3と合わせて4枚でも可)
勝利条件3:相手のサーバー中心部に自陣のリンクカードを4枚侵入させる。(勝利条件2と合わせて4枚でも可)


・オンラインカードを1ターンに一回ずつ動かして、ゲームを進めていきます。
・オンラインカードは上下左右に1マス移動させることが出来ます。
・移動した先のマスに相手のオンラインカードがある場合、相手のオンラインカードをマスから取り除きカードを確認し、自軍一番手前に配置します。また、敵の“サーバーへの入り口”から“サーバー”へ到達した場合は裏返すか、そのままそこに自軍エリアに配置します。
・行動の結果“リンクカードを4枚揃えたorウィルスカードを4枚揃えてしまった”場合はゲーム終了。そうでない場合は相手のターンへ移行する。


・自分のターンに使うことのできる特殊能力を持ったカードが“ターミナルカード”です。戦略性を高めるために4種類あり、各種さまざまな要素が盛り込まれています。
・ターミナルカードの使用には1ターン消費します。ターミナルカードを使った場合はオンラインカードを動かせません。
・ターミナルカードの種類によって1ゲーム一度だけ使用できるものと何回でも使用できるカードがあります。

 そして、『雷ネットアクセスバトラーズ』の仕様は以下の通り。

雷ネットアクセスバトラーズ 2人用対戦キット
■ジャンル:ボードゲーム
■発売日:2011年12月28日(水)発売
■価格:3990円[税込]
■開発:5pb.
■発売:GigasDrop.
■企画原案:志倉千代丸
■対象年齢:12才以上対象
■同梱内容:回線マット×1枚、オンラインカード、リンクカード×8枚、ウィルスカード×8枚、ターミナルカード、ラインブースト×2枚、ウィルスチェッカー×2枚、ファイアーウォール×2枚、404 NOT FOUND×2枚、収納箱×1個、取扱説明書×1冊
■その他:2011年8月にコミックマーケット80にて5pb.ブースで発売した内容と同じです。

 というわけで、『シュタインズ・ゲート』必見のアイテムです!


セット内容.jpg


(C)2011 5pb.